Word で目次の作成方法は?自動と手動の2つの方法がある!

Word で目次の作成方法は?自動と手動の2つの方法がある!
Word で目次の作成方法は?自動と手動の2つの方法がある!

Word で長文を作成した場合、目次を作ると内容を簡潔に伝えたり、情報を見つかりやすくなったりします。目次の作成方法は、自動化と手動で作成の2種類があります。今回は、手動から自動までの目次の作り方!追加、更新、編集方法などを紹介しました。

Word で目次を作成する方法

皆さんは、Wordで作成した長文に目次を付けていますか?

目次には、文章を訪れたユーザーにどんな内容であるか伝える役割や知りたい情報にいち早く到達してもらえるという役割があります。利便性向上のために、ぜひ導入することをおすすめします。

今回は、Word 文章の目次を作成する方法を2つか紹介します。自分に合った方法で文章に目次をつけ、ユーザービリティの高い文章を目指しましょう。

Word での目次の作成方法は自動と手動で作成の2種類

Wordで目次を作成する2つの設定画面

Wordにおいて、目次の作成方法は2種類あります。

  • 自動作成目次
  • 手動作成目次

どちらもメリットデメリットはあります。手動の場合、目次のみを簡単に作成できますが後から文章を修正すると目次のページ番号などを修正する必要があります。自動で作成する場合、文章を修正したとしても目次のページ番号などを修正する必要が発生しないものの、あらかじめ本文において、自動で目次が作成できるように設定しておく必要があります。

メリット・デメリットを理解して自分の文章に適した方法で作成しましょう。 この記事では、「自動作成目次」「手動作成目次」という2つのWordで目次の設定方法を紹介します。

Word で目次を自動作成する方法

自動作成目次の特徴は、本文で見出しを作成すれば、操作一つで自動的に目次のページを作れます。

特徴としては以下が挙げられます。

  • 本文の目次を自動生成できる。
  • 見出しスタイルの編集が可能。
  • 目次の更新も簡単。
  • 目次を左ナビゲーションで表示できる。
  • 目次のリンクを利用できる。
  • フォントの変更も可能。

特徴を抑えたところで、実際に使い方を見ていきましょう。

文章で見出しを作成する

1.Ctrlキーを押しながら見出しを選択します。

2.「参考資料」「テキストの追加」「レベル」の順にクリックします。

見出しを作成手順

3.すると見出しが作成されます。

Wordで目次を作成するために、見出しを作成する。

目次 を自動生成する

見出しを設定すれば目次を自動作成します。手順は以下の通りです。

1.「参考資料」「目次」「自動作成の目次 2」の順にクリックします。

ワードで目次を作成する手順

2.すると目次が作成されます。

Word で目次が作成されました。

以上でワードで目次を簡単に作成できました。簡単でしょう。

見出しを好きなように編集する

ワードで目次を作成するために見出しを作成しましたがそんなにデザインがありません。

それを、好きなようにカスタマイズできます。

1.Ctrlキーを押しながら見出しを選択します。

Word目次の見出しを編集する

2.「ホーム」「スタイル」から好きなデザインを選択してクリックします。

Wordの目次

目次 を更新する方法

ワードで文章の見出しを修正した場合、目次を更新できます。

更新する方法は以下の通りです。

1.Ctrlキーを押しながら変更した見出しを選択します。そして、「テキストの追加」「レベル」の順にクリックします。

2.「目次の更新」をクリックし、「目次をすべて更新する」を選択して、OKをクリックすると更新されます。

これで目次を更新しました。ページ数が変更した場合も同じです。

目次 を左ナビゲーションで表示する手順

これは簡単です。「表示」タブを選択し、リボンの「ナビゲーション ウィンドウにチェックマーク」を入れます。すると、目次の左ナビゲーションが表示されます。

Ctrlキーを押しながら目次のリンク先を表示する

この方法を覚えましょう。長文を書いたとき超便利です。

Ctrlキーを押しながら 目次 の中にある見出しを左クリックすれば、文章の見出しのある場所まで移動できます。

すると2ページに移動しました。

Word

フォントの変更方法

これは簡単でしょう。

目次から見出しを選択して右クリックします。すると「フォント」が表示されます。好きにフォントを選ぶだけでOKです。

Word

目次を手動作成する方法

Wordで目次だけを作成するときにお勧めです。作成方法も簡単ですので手順を紹介します。

1.「参考資料」「目次」「手動作成目次」の順にクリックします。

手動作成目次

2.すると目次が表されます。

Word

そして、画像のように見出しを手動で書き直します。ページ番号も書き直します。

Word

いらない部分を削除します。

まとめ

Wordにて目次を作成する方法をご紹介しました。自動作成目次はとても便利です。一方で、作成する前に見出しを設定する必要があります。また、手動作成目次は、とても難しいわけではありません。が、更新機能やリンクを作成機能を使えません。

自分に合った作成方法で目次を設置し、より読みやすい文章を目指しましょう。

今回は、Microsoft Office のWord 2019製品を利用してテストをしました。

文章作成などでよく使われるWordアプリですがいくつの入手方法あります。

例えば、Word 2019を単体でも購入できます。または、Wordアプリをセットにした、Office Personal 2019、 Office Professional 2019 、 Office Home & Business 2019 などのWindows PC向けの製品があります。

さらに、MacでWordを使う場合、 Office Home & Student 2019 for Mac 、 Office Home & Business 2019 があります。

Windows またはMacで両方使う場合、 Office Home & Business 2019 かOffice 365のどれかを選びましょう。

Office 2019カテゴリの最新記事