マイクロソフトオフィス が 無料 !? Office Online の使い方

マイクロソフトオフィス が 無料 !? Office Online の使い方
マイクロソフトオフィス が 無料 !? Office Online の使い方

PCに無くてはならないともいえる程人気のExcel、Wordなどをまとめた マイクロソフトオフィス 。買うと数万しますが 無料 で使える方法もあります。今回はMicrosoftが無償で提供している、Microsoft Office Online の使い方を紹介します。

Microsoft Office Online を無料で使う

マイクロソフトオフィス を無料で使える

Microsoft Office を無料で使うならWebブラウザー 版のOffice Online がオススメ。

Microsoft アカウントとネット環境があれば、

様々なデバイスからオンライン上Word、Excel、 PowerPoint、OneNote のファイルをいつでも表示、編集、共有できます。

しかし、Office Online はデスクトップ版のOfficeと比べて機能制限があります。

たとえば、Wordでは、マクロは実行できない、Excelでは、グラフの範囲が制限されるなどなど。

VBAマクロを作成、実行、編集する必要がある方は、デスクトップ版のOfficeを利用しましょう。

以下のOffice 2019永続ライセンス製品は、Word、Excel、 PowerPoint、OneNoteなど、複数のアプリケーションを含まれていて、値段もお得なので参考してください。

Microsoft Office Online にアクセスする方法

今回Office Online をブラウザーからアクセスして使ってみましょう。

手順①

以下のリンクからOffice Online に飛び、 Microsoft アカウントでサインインします。

⇒「Office Online へアクセスする

⇒「Microsoft アカウントを新規で登録する

マイクロソフトオフィスを無料で使えるオンラインオフィス

※Microsoft アカウントをお持ちでない方は「Microsoft アカウントを新規で登録する」から新規登録してください。

手順②

Office Onlineを使う準備ができました。利用したいアプリを選んでアイコンをクリックして利用します。ここでは ワード を開いてみます。

マイクロソフトオフィスを Office Online で使う

手順③

オフィスファイルを編集するワードアプリを開きました。Microsoft アカウントにサインインします。

マイクロソフトオフィス ファイルを編集するワードアプリを開きました。

手順④

作成したドキュメントが自動でオンラインストレージの「OneDrive」に保存されます。ここまでは、Office Onlineにアクセスして、マイクロソフトオフィスをオンラインで使う方法です。

マイクロソフトオフィスをオンラインで使う方法

今回はマイクロソフトOffice Onlineのアクセスから利用方法までご紹介しました。

Office Onlineは、オフィスファイルをオンラインストレージの「OneDrive」で管理することで、外出先でUSBメモリーなどを使ってやり取りした書類を編集するには、まずOneDriveにアップロードすることになる。

また、現在の最新バージョンであるマイクロソフトオフィス2016と比べて、Office Online で使えるアプリがいくつかの機能が限定されています。たとえば右クリックでの操作がかなり限定される。 Word Online とWord 2016 を比べた場合、リボンに配置されている「ページ レイアウト」「数式」などが省かれていることが分かります。この場合、凝ったレイアウトや複雑な数式を使うケースでは違いが出てしまいますが、簡単な作業であれば問題なく利用することができます。

Microsoft Office 2016のすべての機能を使いたい方はOffice 365、Office 2016永続ライセンスがオススメです。Office 365は、常に最新版のオフィスソフトを月額で使える、が、マイクロソフトオフィスを長い期間使うには、費用が高いと思う方もいる。そんな方は、永続ライセンスのMicrosoft Office 2016を選択するとぴったりと思います。パソコンでオフィスの必要があまりない、たまに文章作成などの簡単な作業であれば、Office Onlineを使用することをお勧めします。

無料の マイクロソフトオフィス でできること

軽くではありますが各アプリの説明を加えます。

Word Online、Excel Online、PowerPoint Online、OneNote Online

各種 Microsoft Office のオンライン版のこと。一部機能は制限されているものの、通常版とは閲覧に関して完全に互換性があります。

One Drive

クラウドストレージサービスのこと。オンライン上にファイルや画像を保存することができ、それを共有することが出来ます。現在の容量は15 GBです。

Sway

簡単に作成できるプレゼン機能のこと。同じような機能としてPowerPointがあリますが、Swayのほうが簡単にかっこいいプレゼン資料を作成できます。

連絡先

連絡帳のこと。ここに連絡する人を追加しておけば、オンラインで電話したりメールできます。

予定表

スケジュール管理機能のこと。ここに書き込めば会社全体・特定のグループなどに情報共有できます。その他にもオンライン会議も予定に入れることが出来ます。

メール

Microsoft が提供する無料の個人用メール サービスです。Microsoft は、広告表示を目的としてお客様のメールをスキャンすることはありません。メールを自動的に整理したり、簡単に写真を共有したりすることができます。

Microsoft Office Onlineを利用できるブラウザー要件

Office Onlineに最適な操作性は次のブラウザーの最新バージョンを使用します。

デスクトップおよびノート PC

Windows 10:

Microsoft EdgeInternet Explorer 11、Mozilla Firefox、Google Chrome

Windows 8、8.1、または 7 (SP1):

Internet Explorer 11、Chrome、Firefox

Windows Vista (SP2):

Firefox、Chrome が一部の機能を利用できないことがあります。少なくともを更新することをお勧めします。 Windows 7 (SP1)。

Mac OS X (10.8 以降):

Apple Safari または Chrome

Linux:

Firefox または Linux では、Chrome の両方でOffice Online機能がいくつかの機能を使用できない場合があります。

iOS デバイス

iPad:

少なくともを使用している場合は、iOS 10.0 Office for iPadアプリの代わりに使用をお勧めします。Apple app store で見つかるされます。

IOS の以前のバージョンを使っている場合、[Safari Office Online ipad など、上の最適なブラウザーが一部の機能を利用できないことがあります。

iPhone:

少なくともを使用している場合は、iOS 10.0 for iPhone アプリをブラウザーではなく、 Microsoft Office を使用することをお勧めします。Apple app store で見つかるされます。

IOS の以前のバージョンを使っている場合、[Safari Office Online Iphone 上の最適なブラウザーが一部の機能を利用できないことがあります。

まとめ

今回はマイクロソフトオフィスの 無料 版 Microsoft Office Onlineの利用方法をご紹介しました。

マイクロソフトも伝えているように無料版Office Onlineは機能制限あるためにできれば、有料の最新のバーションを使用することをお勧めします。

以下の「Microsoft Office 2019 を格安で ダウンロードする方法」では、Office 2019を安く入手してダウンロード、インストールする方法について紹介していますので参考まで。

Office 2019カテゴリの最新記事