Microsoft 365 Personal とは?内容/価格についてまとめ

Microsoft 365 Personal とは?内容/価格についてまとめ
Microsoft 365 Personal とは?内容/価格についてまとめ

Microsoft 365 Personal は、個人向けプランのMicrosoft 365です。全てのOfficeアプリやOneDriveストレージを利用できます。今回は、Microsoft 365 Personalの内容や価格、無料で使う方法などを紹介しています。

Microsoft 365 Personal とは?内容/価格と無料ダウンロード

Microsoft 365 Personal とは?

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)とは、個人向けプランのMicrosoft 365です。月額課金をすることで常に最新のOfficeアプリケーションとクラウドサービスをご利用できます。

1ユーザーが個人で使うWindows ・Mac・Androidに無制限インストールし、5台のデバイスを同時に利用可能です。

入手方法は、1か月の無料体験版と月額契約、年間契約のいずれかを選びます。

Microsoft 365 Personalの無料体験版と月額契約は、Microsoft公式サイトで行います。

年間契約の場合、公式サイト、オンライン ストア(Amazonなど)、量販店、コンビニから購入できます。

Microsoft 365 Personalは、日本限定に提供している製品であり、海外では、代わりにMicrosoft 365 Familyを提供しています。

参考:【Microsoft 365 PersonalとMicrosoft 365 Familyの違いは?

OneDrive、Officeを使用したい方にMicrosoft 365 Familyがおすすめです。

Microsoft 365 Family (最新1 年)サブスクリプション版 (Win/Mac/iPad )日本語対応6ユーザーまで利用(同時使用可能台数5台)

マイクロソフト
PC / Mac 最大6人でご利用頂けるサブスクリプションライセンス。 最新の Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access)、Skype、OneDriveを搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。

Microsoft 365personal の内容(中身)

以下で、 Microsoft 365Personal を契約した場合の利用できる機能とサービスを紹介します。

利用できるOffice アプリケーション

常に最新バージョンの

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Outlook
  • Access( Windows PC のみ)
  • Publisher( Windows PC のみ)

を利用できます。

Microsoft 365personal のインストール台数

Microsoft 365 Personalは、パソコン、タブレット、スマートフォンのすべてのデバイスに、台数の制限がなくインストールできますが、複数のデバイスから同時に利用できる台数は5台までに限られております。

もし、6台目のデバイスにサインインするには、起動済みのデバイスからどれかを1台をサインアウトする必要があります。

対応するOS

Windows パソコンの場合、

  • Windows 10,
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016

に対応します。

Mac ならmacOS の最新の 3 つのバージョンのいずれかが必要です。macOS の新しいメジャー バージョンがリリースされると、その macOS とその前の 2 つのバージョンに対応しています。

Microsoft 365 Personalの価格(料金)

Microsoft 365Personal は、Microsoft 公式サイトなら、月額契約の他に、年間契約で購入することが可能です。

公式サイトの価格は、

  • 1ヶ月、1,284円
  • 1年間、12,984円

(いずれも税込み)。

Microsoft 365 Personalを1ヶ月間で契約すると1,284円かかり、12ヶ月(1年間)使い続けると15,408円かかります。

しかし、1年間契約をすると12,984円かかり、1ヶ月契約で12ヶ月利用するより、2,424円安くします。

どうせ、Microsoft 365 Personalを1年間使うなら年間契約の価格が安くて、オススメです。

Microsoft 365 Personalを無料で試す方法

Microsoft 365 Personalを利用したことがないユーザーは、1ヶ月間無料体験することをオススメします。

無料体験版では、最新のOfficeアプリ、1 TB のクラウド ストレージなど、すべての機能とサービスを制限なく使用できますよ。

Microsoft 365 Personal無料体験版の使い方については、以下の記事で詳しく説明しています。

Microsoft 365personal の定期請求を解除/解約する方法

Microsoft 365 Personalの試用版または月額契約の場合、いつでも解約できます。

年契約の場合は違約金など発生するかもしれませんのでご了承ください。

Microsoft 365 Personalの解約手順は以下の通りです。

Microsoft アカウントにサインインし、「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

そして、Microsoft 365 Personalの「管理」をクリックし、「プランと定期請求の変更」をクリックします。

Microsoft 365 Personal の「管理」をクリックし、「プランと定期請求の変更」をクリックします。

「定期請求を無効にする」をクリックします。

「定期請求を無効にする」をクリックします。

Microsoft 365 Personalの定期請求をオフにしています。

Microsoft 365 Personal の定期請求をオフにしています。

Microsoft 365 Personalサブスクリプションの定期請求をオフにしました。

Microsoft 365 Personal サブスクリプションの定期請求をオフにしました。

これでMicrosoft 365 Personalサブスクリプションの自動更新がオフとなり、有効期間が過ぎると、解約されて使えなくなります。

Microsoft 365 Personal 解約されて使えなくなります。

Microsoft 365personal を安く購入し、更新する方法

上記でも、紹介したように、 Microsoft 365Personal をMicrosoft の公式サイトだけでなく、オンライン ストア(Amazonなど)、量販店、コンビニでも購入できます。

が、一番安く販売しているのは、Amazonです。

なぜならば、Amazonでは、6,000円OFFのキャンペーンもありますから。

Microsoft 365Personal を少しいでも安く購入したいならAmazonの価格を参考してください。

以下でMicrosoft 365Personalのプロダクトキーを購入して更新する手順を紹介します。

マイアカウントにサインインし、「サービスとサブスクリプション」をクリックします。そして、 Microsoft 365Personal の「管理」をクリックし、「カードまたはコードを使う」をクリックします。

Microsoft 365 Personal更新する方法

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

プロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックします。

プロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックします。

「定期請求」を「無効」に切り替えて、「確認」ボタンをクリックすると更新が完了します。

「定期請求」を「無効」に切り替えて、「確認」ボタンをクリックすると更新が完了します。

マイアカウントページの「年間 サブスクリプション」の有効期限を見ると更新されたかを確認できます。

マイアカウントページの「年間 サブスクリプション」の有効期限を見ると更新されたかを確認できます。

個人向けMicrosoft Office Personal 2019との違い

個人向けMicrosoft Office Personal 2019永続ライセンスとと個人向けMicrosoft 365 Personalサブスクリプションの機能価格比較表です。

Microsoft 365 PersonalMicrosoft Office Personal 2019
価格(料金)¥1,284/月 (税込)×
価格(料金)¥12,984/年 (税込)¥32,784 (税込)
ライセンス期間限定ライセンス永続ライセンス
Word
Excel
PowerPoint×
OneNote×
Outlook
Access( Windows PC のみ)×
Publisher( Windows PC のみ)×
OneDrive1 TB5 GB
Skype1っか月60分無料×
インストール台数無制限、同時利用5 台2 台
WindowsWindows 10
Mac×
iOS、Android×

上記の表から分かるように、Microsoft 365 Personalの利用できる機能がOffice Personal 2019より多いですね。

利用できるOffice アプリケーションの違い

個人向け Microsoft 365Personal は、Officeアプロケーションの全機能を利用できますが、Office Personal 2019が、Word、Excel、Outlookしか使えません。

OneDriveの容量

Microsoft 365Personalは、1 TBのOneDriveを利用できます。それに対して、Office Personal 2019が、Microsoft から無料で提供している5GBのOneDrive容量しか利用できません。

Skype無慮う通話あり・なし

個人向けMicrosoft 365Personalでは、Skypeを毎月60分間無料で発信できますが、Office Personal 2019に付いていません。

インストール台数の違い

Microsoft 365Personal のインストール台数は無制限、同時に最大5台のデバイスでサインイン可能となっています。

それに対して、Office Personal 2019のインストール台数は、最大2台の Windows 10 PCのみです。

Windows PC 、Mac 、タブレット、スマートフォンなど、複数のデバイスでOfficeを利用するならMicrosoft 365 Personalがオススメです。

価格(料金)の違い

サブスクリプション版のMicrosoft 365Personalは、¥1,284/月 (税込)、¥12,984/年 (税込)と非常に安く提供しています。

それに対して、Microsoft Office Personal 2019が、¥32,784 (税込)と買い切り型で販売しています。

でも、Microsoft Office Personal 2019ですが、1度購入すれば追加料金発生しません。

まとめ

いかがでしょうか。

この記事では、 Microsoft 365 Personalの中身と価格を紹介しました。

個人向けと設定されていますが、Office アプリケーションの全機能と1 TBのOneDriveなど、クラウドサービスも使えるのは素晴らしい。

さらに、月額、年額の契約ができるので、必要な時に契約して、必要なしならいつでも解約できるので勿体ないお金を払う必要ありません。

Word、Excelなどが必要なら、Microsoft 365 Personalの試用版から試してみましょう。

Office 365カテゴリの最新記事