SWITCH 関数の使い方。Microsoft 365、Office 2019対応

SWITCH 関数の使い方。Microsoft 365、Office 2019対応
SWITCH 関数の使い方。Microsoft 365、Office 2019対応

Microsoft の Excel 2019 に追加された新しい SWITCH 関数 。 Microsoft 365 では 、すでに追加されていました 。

SWITCH関数は 、指定した値によって取得する結果を分岐します 。特徴は、判定できるのは1つのもの 。等しいものしか判定できません 。

SWITCH 関数の使い方。Microsoft 365、Office 2019対応

SWITCH 関数の使い方

SWITCH 関数を使用してみましょう 。

例:果物を入れている箱をABCと分類してみましょう 。

セルにSWITCH 関数 を入力する

関数を入れたいセルをクリックして、関数挿入ボタンをクリックします。SWITCH 関数は、論理の分類にありますので論理をクリックします。その中からSWITCH 関数を選択してクリックします。

SWITCH 関数

引数(式)を指定する

今回は、果物を分類したいので A 2 のセルを選択します。

SWITCH 関数

値 1 を入力する

今回は、梨を入力しました。

SWITCH 関数

結果 1 を指定する

梨をA箱に入れたいので A と入力しました。

値 2 結果 2、 値 3 結果 3を指定する

続いて 、 関数 の引数で値 2 結果 2、値 3 結果 3を指定しましょう 。ここで、バナナを B 、りんごを C と指定しました 。

結果

OKをクリックして、SWITCH関数を入力したセルの右下にマウスポインターを置き、十字アイコンになったら反映させたいセルまで【ドラッグ】します 。

関数 SWITCHを使えるOfficeバージョンは?

MAXIFS関数を使える Office バージョンは 、以下の通りです 。

Office 2016 以前の永続ライセンスでは 、利用できません 。

Excel 2019 で追加された 、その他の新しい 関数 の紹介です 。

Microsoft 365 、 Office 2019 を利用している方は 、 参考してください。

IFS 関数の使い方。Microsoft 365、Office 2019対応

CONCAT 関数でできることは?文字列を簡単に連結できる

Office 2019カテゴリの最新記事