個人でOffice 365を使う時のもう一つの選択肢―Office 365 Home Premium

SNSフォローボタン

フォローする

個人でOffice 365を使う時のもう一つの選択肢―Office 365 Home Premium

個人でOffice 365を使いたい方に、Office 365 SoloとOffice 365 Businessの他に、Office 365 Home Premiumという選択肢もあります。Office 365 Home Premiumは輸入版であるから、聞いたことがない方が多くいるかもしれないが、以下からその機能と価格について見ていきましょう。


Office 365 Home Premiumの機能

Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Onenote、Publisher、AccessなどすべてのOfficeアプリケーションが利用できます。
常に最新バージョンのOfficeが利用できます。
最大15台までインストールできます。Windowsでも、Macでも使えます。
日本語を含む世界21以上の言語で利用可能。
1 TB のオンライン ストレージ サービス (OneDrive)も提供されます。
毎月 60 分間の Skype 通話プランがあります。

Office 365 Home Premiumはサブスクリプション型のOfficeであるから、以上の機能が契約期間内にしか利用できません。

Office 365 Solo(最大二台)と比べると、主な違いは最大15台のPCにインストールできることです。

Office 365 Businessと比べると、Accessが利用できることで違っています。
こう見ると、Office 365 Home PremiumはOffice 365 SoloとOffice 365 Businessの長所を集合したでしょう。

Office 365 Home Premiumの価格

Office 365 Home Premiumが日本で提供されていないから、ネットから輸入版を買うしかありません。
Microsoftストアでは、一年契約のOffice 365 Home Premiumが$99.99で発売され、約111,348円になります。
Office 365 Solo (12744円)とOffice 365 Business(11664円)より安いですね。

もっと安く購入できますよ。
ネットショップでは、一年版のOffice 365 Home Premium正規品が9800円で発売されています。中国語版ですが、日本語をはじめ世界中の言語に対応しています。
インストール方法について、Office 365 Home Premium のダウンロードとインストール方法を参照ください。
これから見ると、輸入版のOffice 365 Home Premiumが、機能からも価格から見てもOffice 365 SoloとOffice 365 Businessよりお得ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする