コマンドラインでOffice 2019のプロダクトキーを確認する方法

コマンドラインでOffice 2019のプロダクトキーを確認する方法
コマンド ラインでOffice 2019のプロダクトキーを確認する方法

Microsoft Office 2019 のプロダクトキーを コマンド ラインで確認する方法を紹介します。

1 つのMicrosoft アカウントで複数のOfficeプロダクトキーを管理している場合、どのPCにどれをインストールしたかを分からず、困っている方は参考にしてください。

コマンドを使ってプロダクトキーをすべて表示できませんが、プロダクトキーの末尾5桁を確認できます。

そして、Microsoft アカウントのプロダクトキーと比較してPCにインストールしているOfficeプロダクトキーを確定できます。

コマンド プロンプトを起動する

スタート画面の検索欄に「cmd」と入力してコマンドプロンプトを起動します。

コマンド を実行する

Windows OS のバージョンとOffice バージョンによって、入力するコマンドが若干異なります。

以下の記事ではWindows OSのバージョンを確認する方法を紹介しています。

Windows OSが32bitの場合

Microsoft Office 2019をインストールしている場合、

cscript “%programfiles%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

すると、プロダクトキーの末尾5桁が表示されます。

Windows OSが32bitの場合 コマンド

Microsoft Office 2010をインストールしている場合、

cscript “%programfiles%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

Microsoft Office 2013をインストールしている場合、

cscript “%programfiles%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

Microsoft Office 2016をインストールしている場合、 プロダクトキー を確認するには、

cscript “%programfiles%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

Windows OSが64bitの場合

Microsoft Office 2019をインストールしている場合、

cscript “%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

Microsoft Office 2010をインストールしている場合、 プロダクトキー を確認するには

cscript “%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

Microsoft Office 2013をインストールしている場合、

cscript “%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

Microsoft Office 2016をインストールしている場合、

cscript “%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus

を実行します。

最後に、

この記事では、Microsoft Office 2019の プロダクトキー をコマンドプロンプトで確認してみました。

Microsoft のOffice 2010、2013、2016をインストールしていないので実際にテストしてみませんでした。

確認されたプロダクトキーの末尾5桁をMicrosoftアカウントのプロダクトキーと比較してから使用したOffice のプロダクトキーを確定できます。

Microsoft アカウントからプロダクトキーを確認する方法については、以下の記事を参考してください。

Microsoft Office の プロダクトキー をセットアップする方法

Office 2019カテゴリの最新記事