1番安いのはどれ? Microsoft Office を安く購入するコツ

1番安いのはどれ? Microsoft Office を安く購入するコツ
1番安いのはどれ? Microsoft Office を安く購入するコツ

Microsoft Office を安く購入して使う方法をまとめました。無料の「Office Online」のメリット・デメリットや、有料のOffice 2019やOffice 365を賢く買うポイントもご紹介したのでMicrosoft Office の購入に迷ったらご参考ください。

無料のウェブ用 Microsoft Office

「Office Online」は、マイクロソフトが提供している無料のオンラインサービスです。Web ブラウザーを使ってデバイス上で Word、Excel、 PowerPoint、OneNote のファイルを表示、編集、共有できます。

メリット

  • 無料
  • ダウンロード、インストールする必要ありません
  • どのデバイスでも使える

デメリット

  • 機能制限がある

オンライン版の Word、Excel、PowerPoint、OneNoteで文書ファイルを表示、編集することができ、Outlook(Outlook.comなど)やSway、Skypeなども利用できます。その使い方について以下の記事で紹介しています。参考にしてください。

有料 Microsoft Office

マイクロソフトが提供しているMicrosoft Officeは大きく分けて3種類。常に最新バージョンのOfficeを使えるサブスクリプション版のOffice 365、買い切り型の永続ライセンスのOffice 2019、PCとセットにしたプレインストール版Office 2019があります。

あなたにオススメのMicrosoft Officeを見つけてみませんか?まずはそれぞれの特徴を見ましょう。

Microsoft Office 365とは? 機能と価格の説明

Office 365とは、使用料を支払っている間だけマイクロソフトOfficeを使えるサブスクリプション版です。利用する料金は、月額または年額で払います。

Office 365の特徴は1つのライセンスで Microsoft Office のデスクトップアプリをWindows PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどで最大5台までインストール可能です。さらに、OneDriveの容量を1TBに増量、 60分/月のSkype無料通話といったサービスもあります。

メリット

  • 常に最新バージョンのOfficeを使える
  • マルチデバイスで使える
  • インストール台数が無制限
  • OneDriveの容量を1TBに増量
  • 60分/月のSkype無料通話

デメリット

  • 使い続けると追加料金が発生する

Office 365 には、個人向けOffice 365 SoloとOffice 365 Business の2種類があり、価格と 購入 方法も異なります。

Office 365 Solo

価格は、月額で1,274円、年額で12,744円です。Office 365 Soloの試用版とあり、30日無料で体験できます。購入前に試してみてください。

個人向け Office 365 Solo のインストール台数や価格については、以下の記事を参考してください。

Office 365 Business

価格は、年間契約が11,664円です。月額で契約できません。使用するには、専用のマイクロソフトアカウントが必要です。

Office 365 Businessについては、以下の記事を参考してください。

その他、Office 365では学生向けといった無料のサービスもありますが、次回の記事でまとめます。

Microsoft Office 2019とは?機能と価格の説明

Office 2019とは、永続ライセンスの最新バージョンです。買い切り型なので購入後、追加料金発生しません。

Office 2019は、Windows 10対応製品とMac対応製品と分けています。Windows 10に対応した、Office Personal 2019、Office Home and Business 2019、Office Professional 2019があります。それぞれ2台のWindows 10でインストールできます。

Mac向けには、Office Home & Student 2019 for MacとOffice Home and Business 2019があります。

また、学生教育員向けのWindows 10 対応のOffice Professional Academic 2019、 Mac向けのOffice Academic 2019 for Mac が存在します。

なお、Office Home and Business 2019はWindows 10とMac両方対応します。

以下でそれぞれの特徴を見てみましょう。

Windows 10 向けOffice 2019 製品

Office Personal 2019

Windows 10 PCに対応した個人向けの永続ライセンスです。

Word 、Excel、Outlookといった基本ソフトを使えます。

値段は、32.184円です。

メリット

  • 値段が安い

デメリット

  • PowerPointが使えない

Office Home and Business 2019

Word 、Excel、Outlookに加えてPowerPointも使える、個人、法人向けの永続ライセンスです。

値段は、 37.584円 です。

メリット

  • PowerPointが使える
  • Windows 10とMac両方対応

デメリット

  • 値段がやや高い

Office Home & Business 2019の価格や購入方法については以下の記事を参考してください。

Office Professional 2019

Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote、Access 、Publisherといったすべてのアプリを使える法人向けの永続ライセンスです。

 値段は、 64.584円 です。

メリット

  • Access 、Publisher を使える

デメリット

  • 値段が高い

Mac向け Microsoft Office 2019製品

Office Home & Student 2019 for Mac

Mac 2台でWord 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019を利用できる家庭向けの永続ライセンスです。

価格は、25,704円 (税込)です。

メリット

  • 値段が安い

デメリット

  • Outlookを使えません

Office Home and Business 2019

Word 、Excel、Outlookに加えてPowerPointも使える、個人、法人向けの永続ライセンスです。

値段は、 37.584円 です。

メリット

  • Outlookを使える
  • Windows 10とMac両方対応

デメリット

  • 値段がやや高い

プレインストール版Office 2019とは?

プレインストール版Office 2019は、あらかじめPCにインストールされている製品です。インストールされた1台のPCのみで使える永続ライセンスです。 マイクロソフト オフィス

新規PCを購入するときに入手できます。単体で購入できません。

Office Personal 2019、Office Home and Business 2019、Office Professional 2019の3種類があります。

メリット

  • 値段が安い

デメリット

  • PCが壊れると使えなくなる

Office 365と Office 2019 の違いは?

Office 365は、使用料を支払っている間だけマイクロソフトOfficeを使えるサブスクリプション版です。それに対して、Office 2019は、1度購入すれば追加費用が発生しない。 マイクロソフト オフィス

例えば、個人向けのOffice 365 soloを契約した場合、利用する料金は、月額で1,274円、年額で12,744円です。一方、Office 2019の場合は一番安い製品Office Personal 2019を入手した場合、入手値段は32,184円です。

つまり、単純な料金比較では、Office 365 soloを3年以上使うと発生する費用がOffice 2019の価格を上回ります。

でも、Office 365の機能面でのメリットが大きいです。

例えば、Office 365 soloは常に最新のOfficeを利用できるので Microsoft Office の新しいバージョンが登場しても、無料で新しいバージョンのOfficeを利用できます。

それに対して、Office 2019の場合は大体3年ごとにリリースされる新しいバージョンを利用したい場合、新たにライセンスを購入する必要があります。

また、Office 365は1つのライセンスで Microsoft Office のデスクトップアプリをWindows PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどで最大5台までインストール可能です。さらに、OneDriveの容量を1TBに増量、 60分/月のSkype無料通話といったサービスもあります。

それに対して、Office 2019のインストールが可能なPCの台数は、同一ユーザーが利用する2台のWindows PCのみとなっています。(Office Home & Businees 2019はMacへのインストールも可能)

ここからはマイクロソフトOfficeをWindows PCで安く購入する具体的な方法を解説します。

Microsoft Officeの 購入について最低限知っておくべき9つのこと

Office を 購入 する前にこれだけは絶対読んでおきましょう!今、Officeの種類が多くで購入方法も様々です。以下の記事を読めば、Office 365やOffice 2019の価格と機能情報からあなたにとって最適なOfficeを選べます。

価格一覧

買い方別に価格を調べてみました。

Office 365 Solo Office Personal 2019 Office Home and Business 2019 Office Professional 2019
価格(1年目) 12,107円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(2年目) 24,214円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(3年目) 36,321円 30,575円 35,705円 61,355円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
マイクロソフト オフィス 無料バージョンアップ
Mac対応
Windows版対応
OneDrive 1TB
Skype無料通話

Officeを2年以下使うならOffice 365 Soloが1番お得

上の表からわかるように、三年以上払い続けるとPersonalとHome & Businessの価格を上回ります。

ということで、Office 2019を何年使うことを想定してから購入タイプを決めるとお得でしょう。

3年以上使いたいソフトが決まっている場合の選び方

Office 2019を3年以上使うと価格でメリットがあります。さらに、購入ソフトウェアの組み合わせによりもっと安く購入できる場合があります。  

Excel、Word、Outlookだけ必要なら

使う範囲は、Excel、Word、Outlookのみで十分ならOffice Personal 2019が一番お得です。

PowerPointも使いたいなら

たとえば、ExcelやWordやPowerPointなども一緒に使いたいというときにはOffice Home and Business 2019がお得です。

AccessとPublisherも必要なら

これは、Office 2019のすべてのアプリを利用するということです。Office Professional 2019は永久ライセンスで、これらのアプリを使えますが61,355円と高すぎるでしょう。

Office 365 SoloもAccessとPublisherまで使えますが5年使い続けるとOffice Professional 2019より高くなります。どちらをしても高いと思いますね。

Mac マシンで Microsoft Office を使う

以下でMacでMicrosoft Officeを使う場合の購入方法を説明します。

Office mac 2019価格一覧

さて、ここからはoffice mac 2016の買い方別に価格を調べてみました。

Office 365 Solo Home & Student 2019  for Mac Home & Business  2019 for Mac
価格(1年目) 12,107円 24,419円 35,705円
価格(2年目) 24,214円 24,419円 35,705円
価格(3年目) 36,321円 24,419円 35,705円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Mac非対応
Publisher
Mac非対応
マイクロソフト オフィス 無料バージョンアップ
Mac対応 5台 2台 2台
Windows対応 5台 2台
OneDrive 1TB
商用利用

office macを2年以下使うならOffice 365 Soloがお得

Office 365 Soloは毎年12,744円を支払う必要があります。2年以下なら商用利用もできます。2年後に新しいバージョンのOfficeを買い換える予定ならお勧めです。

office mac を2年以上商用利用しないならHome and Student を選ぶ

Home & Student 2019 for Macは、商用利用できませんですが、24,419円でMac 2台にインストールできます。

office macを2年以上商用利用するならHome and Businessを選ぶ

Home and Business 2019 for Macは、商用利用できる上、Outlookも使えるから35,705円で販売されている。Home & Student 2019 for Macより1万円ぐらい高いです。

まとめ

マイクロソフトの最新版は Microsoft Office 2019です。機能は追加されただけでなく、WindowsとMacの両方で使えるようになり、 購入 方法も複雑になりました。

Office Premiumは、新規パソコンを 購入 するタイミングであれば購入を検討しましょう。

Office をバージョンアップ、あるいは新規パソコンの購入コストを抑えるために、office 2019を後から付けたい方は、Office 365 SoloとOffice 2019パッケージ版のどれかを選ぶでしょう。

Office 365 Soloは、2年以下Office 2019を使う方におすすめですが、Office 365サービスを必要な方なら必ずも契約するでしょう。

Office 2019パッケージ版ならかつての購入型式と同じ、マイクロソフトのサポート期間が終了まで使えます。 

Office 2019カテゴリの最新記事