Microsoft Office の購入方法は?Office 365かOffice 2019を選ぶ

Microsoft Office の購入方法は?Office 365かOffice 2019を選ぶ
Microsoft Office の購入方法は?Office 365かOffice 2019を選ぶ

Microsoft Office を購入するなら、Office 365 とOffice 2019 があります。Office 365の値段は、年間契約でお得。Office 2019は、一括払いで頭金が高い。Office 365がオススメですが、追加料金が発生します。

Microsoft Office について予備知識

Microsoft Officeには、文章編集ツール「Word」(ワード)、表計算ソフトの「Excel」(エクセル)、メールやスケジュールを管理する「Outlook」(アウトルック)、発表のときに使うプレゼンテーションソフトの「PowerPoint」(パワーポイント)、たくさんのデータを管理する「Access」(アクセス)などが含まれています。

ソフトウェアの組み合わせは、いくつか用意されていて、基本は、Word、Excel、Outlookが入っており、そこにPowerPointや、Accessなどがふくまれる場合もあります。ユーザーは、使いたいソフトウェアの組み合わせを選んだり、個別のソフトウェアを買ったりすることができます。

そして、マイクロソフト オフィス は購入方法により、サブスクリプション版のOffice 365と永続ライセンスのOffice 2019があります。

今、購入できる Office バージョンは?

Office 2019 は、マイクロソフトの永続ライセンスOfficeの最新バージョンです。

その前のOfficeバージョンは、「2010」「2013」「2016」とありますが、現在市販されていません。

過去のパッケージ版 Office 2016を未だに売っているお店もあるようですが、在庫限りの状況です。

そして、もう1つ購入できるのは、Office 365サブスクリプション版です。

Office 365と Office 2019 の違いは?

Office 365は、使用料を支払っている間だけマイクロソフトOfficeを使えるサブスクリプション版です。それに対して、Office 2019は、1度購入すれば追加費用が発生しない。

例えば、個人向けのOffice 365 soloを契約した場合、利用する料金は、月額で1,274円、年額で12,744円です。一方、Office 2019の場合は一番安い製品Office Personal 2019を入手した場合、入手値段は32,184円です。

つまり、単純な料金比較では、Office 365 soloを3年以上使うと発生する費用がOffice 2019の価格を上回ります。

でも、Office 365の機能面でのメリットが大きいです。

例えば、Office 365 soloは常に最新のOfficeを利用できるので Microsoft Office の新しいバージョンが登場しても、無料で新しいバージョンのOfficeを利用できます。

それに対して、Office 2019の場合は大体3年ごとにリリースされる新しいバージョンを利用したい場合、新たにライセンスを購入する必要があります。

また、Office 365は1つのライセンスで Microsoft Office のデスクトップアプリをWindows PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどで最大5台までインストール可能です。さらに、OneDriveの容量を1TBに増量、 60分/月のSkype無料通話といったサービスもあります。

それに対して、Office 2019のインストールが可能なPCの台数は、同一ユーザーが利用する2台のWindows PCのみとなっています。(Office Home & Businees 2019はMacへのインストールも可能)

Office 2019の種類

Office 2019は買い切り型という意味での「パッケージ版」であり、 マイクロソ フトオフィス のサポートが終了するまで追加費用が発生しない。

ソフトウェアの組み合わせにより、3つのエディションがあります。インストール台数は2台です。

● Office Personal 2019

Word 、Excel、Outlook ¥32.184円

●Office Home and Business 2019

Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote ¥37.584円

●Office Professional 2019

Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote、Access 、Publisher ¥64.584円

Office 365 Soloとは?

Office 365 Soloは、使用料を支払っている間だけマイクロソフトOfficeを使えるサブスクリプション版です。しかも、次バージョンへのアップグレードが無料です。利用できるアプリはOffice Professionalと同じです。

さらに、「Office 365 サービス」という名称で、下記の4つのサービスをサブスクリプション契約期間中に利用できます。

Office 365 サービス

・ OneDriveの容量を1TBに増量

・ 60分/月のSkype無料通話

・ iOS / Android版Officeの商用利用権

・ Officeテクニカルサポートが無料

利用する料金は、月額で\1,274、年額で\12,744です。年額の方が2,544円分お得ですね。なお、2ライセンスの契約となり、Windowsだけでなく、Macのライセンスも含まれています。したがって、2台のWindowsパソコンにインストールしたり、1台のWindowsパソコンと1台のMacにインストールしたりと、2ライセンス分を自由に組み合わせることが可能です。

個人向け Office 365 Solo のインストール台数は?価格は?」でマイクロソフト オフィス 365 について詳しく説明していますので参考まで。

Windowsマシンで Microsoft Office を使う

ここからはマイクロソフトOfficeをWindows PCで安く購入する具体的な方法を解説します。

価格一覧

買い方別に価格を調べてみました。

Office 365 Solo Office Personal 2019 Office Home and Business 2019 Office Professional 2019
価格(1年目) 12,107円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(2年目) 24,214円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(3年目) 36,321円 30,575円 35,705円 61,355円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
無料バージョンアップ
Mac対応
Windows版対応
OneDrive 1TB
Skype無料通話

 

Office2019を2年以下使うならOffice 365 Soloが1番お得

 

上の表からわかるように、三年以上払い続けるとPersonalとHome & Businessの価格を上回ります。

 

ということで、Office 2019を何年使うことを想定してから購入タイプを決めるとお得でしょう。

 

3年以上使いたいソフトが決まっている場合の選び方


Office 2019を3年以上使うと価格でメリットがあります。さらに、購入ソフトウェアの組み合わせによりもっと安く購入できる場合があります。

 

Excel、Word、Outlookだけ必要なら

使う範囲は、Excel、Word、Outlookのみで十分ならOffice Personal 2019が一番お得です。

 

料金は、30,575円です。

 

マイクロソフトのサポート期間は10年です。今購入すると8年間使えます。

 

PowerPointも使いたいなら

たとえば、ExcelやWordやPowerPointなども一緒に使いたいというときにはOffice Home and Business 2019がお得です。

 

これは発表のときに使うプレゼンテーションソフトが全て使用できるプランです。

 

料金は、35,705円です。

 

Office Personal 2019より5000円ぐらい高くなりましたが、PowerPoint単体版を15,984円 (税込)で購入より1万円安くなるでしょう。

 

AccessとPublisherも必要なら

これは、Office 2019のすべてのアプリを利用するということです。Office Professional 2019は永久ライセンスで、これらのアプリを使えますが61,355円と高すぎるでしょう。

 

Office 365 SoloもAccessとPublisherまで使えますが5年使い続けるとOffice Professional 2019より高くなります。どちらをしても高いと思いますね。

 

この場合、現在のところOffice Professional 2019はマイクロソフト公式(61,355円)から買うよりも、ネットショップで(10,600円)で買った方が安くなっています。

 

Mac マシンで Microsoft Office を使う

以下でMacでMicrosoft Officeを使う場合の購入方法を説明します。

 

office mac 2019価格一覧


さて、ここからはoffice mac 2016の買い方別に価格を調べてみました。

 

  Office365Solo Home & Student 2019  for Mac Home & Business  2019 for Mac
価格(1年目) 12,107円 24,419円 35,705円
価格(2年目) 24,214円 24,419円 35,705円
価格(3年目) 36,321円 24,419円 35,705円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
無料バージョンアップ
Mac対応 2台 2台 2台
Windows版対応 2台
OneDrive 1TB
商用利用

Window版と同じようにoffice mac 2019の購入方法は、Office 365 Soloサブスクリプション版とHome and StudentやHome and Businessの永久ライセンスがあります。

 

office macを2年以下使うならOffice 365 Soloがお得


Office 365 Soloは毎年12,744円を支払う必要があります。2年以下なら商用利用もできます。2年後に新しいバージョンのOfficeを買い換える予定ならお勧めです。

 

office mac を2年以上商用利用しないならHome and Studenを選ぶ


Home & Student 2019 for Macは、商用利用できませんですが、24,419円でMac 2台にインストールできます。

 

office macを2年以上商用利用するならHome and Businessを選ぶ


Home and Business 2019 for Macは、商用利用できる上、Outlookも使えるから35,705円で販売されている。Home & Student 2019 for Macより1万円ぐらい高いです。

 

office mac 2019を公式サイトより安く購入できないか?と調べてみましたがやっぱりありましたよ。

 

Home and Business 2016 for Macを12,050円で販売しているネットショップもありました。

 

・ご家庭での基本的な作業に加え、仕事でも使用する方に最適
・Word 、Excel 、PowerPoint 、OneNote 、Outlook
・Mac最大2台でインストール可能な永続ライセンス

 

 

まとめ

マイクロソフトの最新版はoffice 2016です。機能は追加されただけでなく、WindowsとMacの両方で使えるようになり、購入方法も複雑になりました。

 

Office Premiumは、新規パソコンを購入するタイミングであれば購入を検討しましょう。

 

Office をバージョンアップ、あるいは新規パソコンの購入コストを抑えるために、office 2016を後から付けたい方は、Office 365 SoloとOffice 2016パッケージ版のどれかを選ぶでしょう。

 

Office 365 Soloは、2年以下Office 2016を使う方におすすめですが、Office 365サービスを必要な方なら必ずも契約するでしょう。

 

Office 2016パッケージ版ならかつての購入型式と同じ、マイクロソフトのサポート期間が終了まで使えます。

Microsoft Officeカテゴリの最新記事