Microsoft 365 Apps for Business とは?価格と内容まとめ

Microsoft 365 Apps for Business とは?価格と内容まとめ
Microsoft 365 Apps for Business とは?価格と内容まとめ

法人向けのMicrosoft 365サブスクリプション版、 Microsoft 365 Apps for Business の説明記事です。

PC作業でよく使う最新バージョンのWord、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Officeアプリケーションに加えて1 TB分のOneDrive for Businessをご利用いただけるクラウドサービスです。

Microsoft 365 Apps for Business とは?価格と内容まとめ

Microsoft 365 Apps for Business とは?

Microsoft 365 Apps for businessは、以前のOffice 365 Businessといった、1~300人の中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

Microsoft 365 の共通の特徴である、常に最新版のOffice アプリケーションとOneDrive for Businessが1 TB付いていますので、Windows ・Mac・Androidなど、様々なデバイスから保存したファイルやドキュメントにアクセスできます。

法人向けMicrosoft 365と提供されたいますが個人でも契約できます。

契約期間は、月額/年額と2種類あります。契約期限が終了するとMicrosoft 365 Apps for businessのすべての機能が使えなくなりますのでご注意ください。

Microsoft 365 Apps for businessの価格(料金)

Microsoft 公式サイトでは、月額契約の他に、年間契約で購入することが可能です。

Microsoft 365 Apps for businessの価格

  • 1ヶ月、1,080円
  • 1年間、10,800円

(いずれも税抜き)。

Microsoft 365 Apps for businessを1ヶ月間で契約すると1,080円かかり、12ヶ月(1年間)使い続けると12,960円かかります。

しかし、1年間契約をすると10,800円かかり、1ヶ月契約で12ヶ月利用するより、2,160円安くします。

どうせ、Microsoft 365 Apps for businessを1年間使うなら年間契約がオススメです。

Microsoft 365 Apps for businessの内容(中身)

以下で、Microsoft 365 Apps for businessを契約した場合の利用できる機能とサービスを紹介します。

利用できるOffice アプリケーション

常に最新バージョンの

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Outlook
  • Access( Windows PC のみ)
  • Publisher( Windows PC のみ)

を利用できます。

インストールできる台数

Microsoft 365 Apps for businessを契約すると、 1 ライセンスで1人のユーザーが

  • 5 台のモバイル デバイス
  • 5 台のタブレット
  • 5 台の Windows PC または Mac

に、合計15台までインストールできます。

対応 OS

Windows パソコンの場合、

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7 Service Pack 1

に対応します。

Mac なら新しい順に 2 つのバージョンに対応しています。

利用できるユーザー数

1~300人ユーザーが使えます。

そして、法人だけでなく、個人でも契約することが可能です。

個人向けMicrosoft 365 personalとの違い

個人向けMicrosoft 365 personalと法人向けMicrosoft 365 Apps for businessの機能価格比較表です。

Microsoft 365 personalMicrosoft 365 Apps for business
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access( Windows PC のみ)
Publisher( Windows PC のみ)
OneDrive1 TB1 TB (OneDrive for Business)
Skype×
インストール台数無制限、同時利用5台合計15台
価格(料金)¥1,284/月(税込み)
¥12,984/年(税込み)
¥1,080/月(税抜き)
¥10,800/年(税抜き)

上記の表から分かるように、両者に含まれるOffice アプリが同じですが、利用できるサービスと値段が若干異なりますよね。

Microsoft 365 Personalについては、以下の記事で詳しく説明しています。

OneDriveについて

両方も1TBのOneDrive容量が付いていますが若干異なります。

個人用の無料5 GB のOneDriveの容量と Microsoft 365 personalに付いている1TBのOneDriveを1つのマイクロソフトアカウントで管理できます。

しかし、法人向けのMicrosoft 365 Apps for businessの1 TB (OneDrive for Business)を個人のMicrosoft アカウントに追加できませんのでご注意ください。

OneDrive for Business とOneDriveの違いについては、以下の記事で詳しく説明しています。

Skypeあり・なし

個人向けMicrosoft 365 personalでは、Skypeを毎月60分間無料で発信できますが、Microsoft 365 Apps for businessに付いていません。

インストール台数の違い

どちらもWindows PC、Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android) などにインストールできますが、

Microsoft 365 personalは、同時に 5 台までサインインできます。

それに対して、Microsoft 365 Apps for businessは、5 台のモバイル デバイス、5 台のタブレット、5 台の Windows PC または Mac と、合計15台までインストールできますので、インストール台数が多いです。

価格(料金)の違い

表を見ればわかるように、Microsoft 365 Apps for businessのほうが安くなっています。

表では、Microsoft 365 Apps for businessの価格(料金)が税抜きとなっているので税込み価格に変換して比較してみましょう。

Microsoft 365 Apps for businessの税込み価格(料金)は、

  • ¥1,188(税込み)/月
  • ¥11,880(税込み)/年

です。

Microsoft 365 personalと比較してみれば、

1っか月契約場合、1,284円-1,188円=96円安い。

年間契約の場合、12,984円-11,880円=1,104円安くなります。

Microsoft 365を安く入手する方法

いかがでしょうか。

この記事では、Microsoft 365 Apps for businessの中身と価格を紹介しました。

法人向けに提供しているMicrosoft 365 Apps for businessを個人でも契約できるんですね。

そして、個人向けのMicrosoft 365 personalより安くなっていることを分かりました。

Microsoft 365 Apps for enterprise」を「Microsoft 365 Apps for business」より安く購入できますので興味ある方は以下の製品を参考してください。

Office 365カテゴリの最新記事