Office 365 Business を買った感想!これはもう手放せない!

Office 365 Business を買った感想!これはもう手放せない!
Office 365 Business を買った感想!これはもう手放せない!

Microsoft Office 365には、個人向けのOffice 365 Soloと法人向けの Office 365 Business があります。

その、法人向けOffice 365 Businessを個人でも契約して使えることをご存じでしょうか?

今回の記事で、Office 365 Businessの機能や価格情報を紹介しす。

これからMicrosoft Officeを利用しようとしている方は参考にしてください。

office 365  Business はお得?

Office 365 Business とは?

Office 365 BusinessとはマイクロソフトOfficeのサブスクリプション版の中小企業法人向け製品です。

Office 365 ビジネスの特徴を簡単に言えば、

  • 300ユーザーまで利用できる
  • Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、Outlook、Publisherを利用できる
  • OneDrive 1TB を無料で使える
  • 常に最新のOfficeが使える
  • マルチデバイスでOfficeをインストールできる

といったメリットがあります。

そして、 Office 365 Businessには3つの種類があります。

今回は、個人でよく使うOffice 365 Businessについて紹介しようと思っています。


Office 365 ビジネス Essentials
Office 365 BusinessOffice 365 ビジネス Premium
Word×
Excel×
PowerPoint×
Outlook×
Publisher
※Windows PCのみ
×
Access
※Windows PCのみ
×
OneNote×
OneDrive(1TB)
Exchange×
SharePoint×
Microsoft Teams×
Microsoft Planner×
Outlook Customer Manager××
Microsoft Bookings××

Office 365 Business の価格

Office 365 ビジネスは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、Outlook、Publisherのアプリのうえ、1TBのOneDriveを付けて、月額900円(税抜)、年額は10,800円 (税抜) とすごく安くなっています。

この値段でMicrosoft OfficeとOneDriveを両方使えるとはお得ですね。

例えば、3年毎に新しいバージョンが更新される永続ライセンスのOffice Home & Business 2019と比較してみましょう。

Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019、PowerPoint 2019を利用できるOffice Home & Business 2019の値段は、37,584円です。3年後に、新しいバージョンを使うには買い替える必要があります。

しかし、Office 365 Businessは買い替える必要なく、料金を払い続けるだけで常に最新のOfficeを使えます。

その3年間で使う費用とOffice Home & Business 2019の価格を比較してみましょう。

Office Home & Business 2019Office 365 ビジネス
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
OneNote×
Access×
Outlook×
Publisher×
1年目 37,584円 10,800円
2年目 37,584円 21,600円
3年目 37,584円 32.400 円

3年間で使える費用がOffice Home & Business 2019より5000円安いだけではなく、OneNote、Access、Outlook、Publisherのアプリも使えるのでお得でしょう。

さらに、1 TB のOneDriveを無料で使えるということでOffice 365 Businessを契約しました。

Office 365 Businessを利用する際の注意点

法人向けをOffice 365 Businessを公式サイトから個人でも契約できますがいくつの注意点があります。

永続ライセンスのMicrosoft Officeの2013、2016、2019バージョンまたは、Office 365 Solo を個人で利用していた方がいると思います。

それらの製品を購入するとMicrosoft Officeをライセンス認証するプロタクトキーが発行されます。

そして、個人のマイクロソフトアカウントでプロタクトキーをセットアップして管理します。

しかし、法人向けのOffice 365 Businessでは専用のマイクロソフトアカウントを作成する必要があります。

専用のMicrosoft アカウントを作成するとき必要なもの。

  • 契約者の名前
  • 自宅の住所
  • 携帯番号で個人認証
  • クレジットカード

契約が完了すると【個人のID】@【会社のID】.onmicrosoft.com 形式のドメインが発行されます。

1TB OneDriveについて

Office 365 の特徴とした1TBのOneDrive容量が365 Businessにもちろん付いています。

しかし、Office についているオンラインのファイル ストレージは、OneDrive for Business です。

個人向けOffice 365 Solo についている1TBのOneDriveと若干異なります。

たとえば、現在オンラインストレージとしてOneDrive(無料・有料問わず)を利用しているユーザーは、MicrosoftアカウントにOffice 365 Soloを追加し、継続してOneDriveを利用すると1TBのOneDriveの容量が追加されますが、法人向けのOffice 365は既存のMicrosoftアカウントに紐付けできません。

Office 365 無償トライアル

無償トライアルが付いています。

Office 365無料トライアルでは備わっているほとんどの機能を活用できます。Exchange Onlineをビジネスメールとして使用することも、SharePoint Onlineを共有スペースとして使用することも、もちろんすべてのOfficeアプリケーションをインストールすることも可能です。

最後に、

Office 365 Soloは、一年契約で12,744円ですが、これに対しOffice 365 Business一年目で11,664円かかり、Soloより約2,000円安く購入できます。

「ビジネスラインナップなのになぜ?」と思われる人が多くいるかもしれませんが、Skype無料通話がないことで低価格になっていると考えられますね。

Office 365カテゴリの最新記事