Microsoft 365 Business Basic とは?価格と内容まとめ

Microsoft 365 Business Basic とは?価格と内容まとめ
Microsoft 365 Business Basic とは?価格と内容まとめ

中小企業法人向けの購買型サブスクリプション版(期間限定ライセンス)、 Microsoft 365 Business Basic の説明記事です。

利用できるサービス(Exchange、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teams)と価格を包括的に説明します。

Microsoft 365 Business Basic とは?価格と内容まとめ

Microsoft 365 Business Basic とは?

Microsoft 365 Business Basicは、以前のOffice 365 Business Essentialsといった、1~300人の中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

Exchange、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teamsを含まれていますが、デスクトップ版のOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote などを利用できません。代わりに、Web 版の Office アプリケーションを使うことになります。

企業向けのサービスと最大 250 人のオンライン会議とビデオ会議を開催できるので中小企業向け製品と定義されています。

1年間契約のサブスクリプション版です。

Microsoft 365 Business Basicの価格(料金)

Microsoft 365 Business Basicを使用続けるために、毎年の利用料金を払い続ける必要があります。

Microsoft 365 Apps for businessを使うための価格(料金)は、6,480円(年間一括払い)。

1ユーザーは、月額当たり540円。

Microsoft 365 Business Basicの内容(中身)

以下で、Microsoft 365 Business Basicを契約した場合の利用できる機能とサービスを紹介します。

利用できるOffice アプリケーション

Web 版の

  • Outlook
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Access (Windows PC のみ)
  • Publisher (Windows PC のみ)

を利用できます。

デスクトップ版のOffice アプリケーションが含まれていません。

含まれるサービス

Microsoft 365 Business Basicを契約すると

  • Exchange
  • OneDrive
  • SharePoint
  • Microsoft Teams

を利用できます。

対応 OS

Windows パソコンの場合、

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7 Service Pack 1

に対応します。

Mac なら新しい順に 2 つのバージョンに対応しています。

利用できるユーザー数

1~300人ユーザーが使えます。

そして、法人だけでなく、個人でも契約することが可能です。

法人向けMicrosoft 365 Apps for businessとの違い

法人向けMicrosoft 365 Apps for businessとMicrosoft 365 Business Basicの機能価格比較表です。

Microsoft 365 Business BasicMicrosoft 365 Apps for business
Word×
Excel×
PowerPoint×
OneNote×
Outlook×
Access( Windows PC のみ)×
Publisher( Windows PC のみ)×
OneDrive1 TB (OneDrive for Business)1 TB (OneDrive for Business)
Exchange×
SharePoint×
Microsoft Teams×
価格(料金)540円 ユーザー/月相当¥1,080/月(税抜き)¥10,800/年(税抜き)

上記の表から分かるように、利用できるOffice アプリケーション、サービスと価格が異なりますよね。

Office アプリケーション

Microsoft 365 Apps for businessでは、Office アプリケーションが含まれていますが、Microsoft 365 Business Basicに含まれません。

そして、Word、Excelを必要な場合、無料Web 版の Office アプリケーションを使うか、別のMicrosoft 365製品を契約する必要があります。

Exchangeあり・なし

Microsoft 365 Business Basicには、メールと予定表ソフトExchangeを使用できます。メールボックス容量はユーザー 1 人あたり 50 GB で、添付ファイルのサイズの上限は 150 MB です。

Microsoft 365 Apps for businessに付いていません。

SharePointあり・なし

Microsoft 365 Business Basicでは、組織内の情報伝達と連携を促進し、人をコンテンツ、専門知識、プロセスに結び付けるチーム サイトを SharePoint で作成します。

Microsoft 365 Apps for businessにSharePointが付いていません。

Microsoft Teamsあり・なし

Microsoft 365 Apps for businessにMicrosoft Teamsが付いていません。

Microsoft 365 Business Basicでは、Microsoft Teamsが付いており、最大 250 人のオンライン会議とビデオ会議を開催できます。

まとめ

この記事では、Microsoft 365 Business Basicについて紹介しました。

いかがでしょうか?

簡単にまとめると、法人向けMicrosoft 365 Business Basicは、Exchange、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teamsといったクラウドサービスを提供しているプランです。

Word、ExcelなどのOffice アプリケーションを提供していません。

Microsoft 365 を契約際に参考にしてください。

Office 365カテゴリの最新記事