Microsoft 365 Business Premium とは?価格と内容まとめ

Microsoft 365 Business Premium とは?価格と内容まとめ
Microsoft 365 Business Premium とは?価格と内容まとめ

法人向けのMicrosoft 365サブスクリプション版、 Microsoft 365 Business Premium の説明記事です。

PC作業でよく使う最新バージョンのWord、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Officeアプリケーションに加えてMicrosoft 365 サービスをご利用いただけるクラウドサービスです。

Microsoft 365の購入を検討なら参考してください。

Microsoft 365 Business Premium とは?価格と内容まとめ

Microsoft 365 Business Premium とは?

Microsoft 365 Business Premiumは、以前のMicrosoft 365 Businessといった、1~300人の中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

Microsoft 365 の共通の特徴である、常に最新版のOffice アプリケーションとMicrosoft 365 サービスが付いているので、Windows ・Mac・Androidなど、様々なデバイスから保存したファイルやドキュメントにアクセスできます。

契約期間は、月額/年額と2種類あります。契約期限が終了するとMicrosoft 365 Business Premiumのすべての機能が使えなくなりますのでご注意ください。

Microsoft 365 Business Premiumの価格(料金)

Microsoft 365 Business Premiumを使用続けるために、毎年の利用料金を払い続ける必要があります。

Microsoft 365 Business Premiumを使うための価格(料金)は、26,160(年間一括払い)。

1ユーザーは、月額当たり2,180円。

Microsoft 365 Business Premiumの内容(中身)

以下で、Microsoft 365 Business Premiumを契約した場合の利用できる機能とサービスを紹介します。

利用できるOffice アプリケーション

常に最新バージョンの

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Outlook
  • Access( Windows PC のみ)
  • Publisher( Windows PC のみ)

を利用できます。

インストールできる台数

Microsoft 365 Apps for businessを契約すると、 1 ライセンスで1人のユーザーが

  • 5 台のモバイル デバイス
  • 5 台のタブレット
  • 5 台の Windows PC または Mac

に、合計15台までインストールできます。

対応 OS

Windows パソコンの場合、

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7 Service Pack 1

に対応します。

Mac なら新しい順に 2 つのバージョンに対応しています。

管理機能の中には、Windows Home ではサポートされていないものがありますのでご注意ください。

含まれるサービス

Microsoft 365 Business Premiumを契約すると

  • Exchange
  • OneDrive
  • SharePoint
  • Microsoft Teams
  • Intune
  • Defender
  • Azure Information Protection
  • 条件付きアクセス
  • Windows Virtual Desktop

を利用できます。

法人向けMicrosoft 365 Business Standardとの違い

法人向けMicrosoft 365 Business PremiumとMicrosoft 365 Business Standardの機能価格比較表です。


Microsoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Business Premium
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access( Windows PC のみ)
Publisher( Windows PC のみ)
OneDrive1 TB (OneDrive for Business)1 TB (OneDrive for Business)
Exchange
SharePoint
Microsoft Teams
Intune×
Defender×
Azure Information Protection×
条件付きアクセス×
Windows Virtual Desktop×
価格(料金)¥16,320/年(税抜き)月額当たり2,180円¥1,080/月(税抜き)¥10,800/年(税抜き)

Microsoft Intune

Microsoft Intune はモバイル デバイス、タブレット、コンピューターを管理ツールです。

Microsoft 365 Business Premiumでは、使用できますが、Microsoft 365 Business Standardに付いていません。

Windows Defender

Windows OSに標準搭載している、パソコンを保護する機能を備えたソフトです。

Microsoft 365 Business Premiumを契約すると付いてきます。

Azure Information Protection

組織がドキュメントや電子メールにラベルを適用して、分類および保護できるようにするクラウドベースのソリューションです。

条件付きアクセス

特定のユーザーがAzure AD上のアプリケーションにアクセスしてきた際に、そのアクセス方法に条件を設けることによって制御を行い、セキュアなアクセスを実現するといったものです。

Windows Virtual Desktop

デスクトップ環境をクラウドのサーバーから提供する、いわゆるDaaSと呼ばれる分野のサービスです。

まとめ

この記事では、Microsoft 365 Business Premiumについて紹介しました。

いかがでしょうか?

簡単にまとめると、法人向けMicrosoft 365 Business Premiumは、Word、ExcelなどのOffice アプリケーションのうえ、Exchange、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teams 、Intune 、Defender 、Azure Information Protection、条件付きアクセス、Windows Virtual Desktopといったクラウドサービスを提供しているプランです。

Microsoft 365 を契約際に参考にしてください。

Office 365カテゴリの最新記事