Office 365 サブスクリプションとOffice 2019永久版の違い

Office 365 サブスクリプションとOffice 2019永久版の違い
Office 365 サブスクリプションとOffice 2019永久版の違い

Office 365 サブスクリプションと 2019 の違いが一目でわかる! オフィス 365 と オフィス 2019 の基本機能、価格を比較。サポート期限・インストール台数・使える機能・課金方法の違いを、マイクロソフト オフィス 購入を検討中の方向けに解説します。

Office 365 サブスクリプションとOffice 2019永久版の違い

Office 365 サブスクリプションとOffice 2019 の相違点

Office 365 サブスクリプションと Office 2019 の違い はなんでしょうか?Office 365は、マイクロソフトから提供するOfficeアプリケーションを利用できることで オフィス 2019 と共通するが、 まったく同じように使えるわけではない。

Office 2019 は、Word、 Excel、 PowerPointなどのOfficeアプリケーションだけ使えるに対して、 Office 365 はそれらの他にも、メール・スケジュール、ファイル共有、ビジネスチャットやweb会議といったグループウェア的な機能があります。

ここまで読むと、Office 365 は機能面で Office 2019 を上回るということを理解してくると思います。それでは、両者の違いについて、見てみましょう!

サブスクリプション版と永続ライセンスの違い

Office 365 と Office 2019 の一番大きな違いは課金方法です。

Office 365 はサブスクリプション型ライセンスであり、月単位または年単位で契約します。課金方法は月額払いまたは年額払いとなっています。料金を払い続けなければ使えなくなります。それに対し、Office 2019 は、一般的なソフトと同様に永続ライセンスであり、購入後は追加料金なしでサポート期限が終了まで利用できます。

常に最新Officeを使える

Microsoft は、 Office 365 サブスクリプションのユーザーに、Office の新機能と改善された機能を毎月提供しているため、Office 365は常に最新バージョンのOfficeを利用できます。それに対し、 Office 2019 は永続ライセンスであるため、Office の新機能と改善された機能を利用できません。

クラウドサービスの権利

Office 365 は、デスクトップアプリケーションと最新のグループウェアサービスをセットで利用できるため、メール・スケジュール、ファイル共有、ビジネスチャットやweb会議などの機能を使えます。また、様々なデバイスからOfficeを利用できます。それに対し、Office 2019 はデスクトップアプリケーションのみを使えます。クラウドサービスを利用できません。

Office 365を契約するメリット

では、Office 365を契約するメリットを見ましょう。

低コストでOfficeを使い始める

オフィス 365 は月額払いで使えるため、Microsoft Officeを入手する初期コストを抑えることが可能です。永続ライセンスの オフィス 2019 を購入するように数万円を払うことがありません。千円くらいで使い始めることがメリットでしょう。

最新バージョンのOffice に買い替える必要なし

Office 365 は契約期間中常に最新版のOfficeを使えるため、新しいバージョンに買い替える必要ありません。 オフィス 2019 は新規購入する必要あります。

様々なデバイスでOfficeを使える

Office 365 はインストール台数制限なし、同時利用台数5台まで。そして、マルチデバイスでインストールできます。 Office 2019 は最大2台しか使えません。

無料で使える 1TBのクラウドストレージ

Office 365は、1TBのクラウドストレージが付いています。Office 2019 ではついていません。

Office 2019を入手するメリット

Office 2019にはどんなメリットがあるのでしょうか?見てみましょう。

永久に使える

オフィス 2019 は永続ライセンスのため、一度購入すれば追加料金は発生しません。2025年10月14日の延長サポート期限が終了まで使えます。 オフィス 365 はサブスクリプション版です。

オフライン環境で使える

Office 2019 はインストールすれば、ネット環境なくでも使えます。Office 365 は使えません。

Office 365とOffice 2019 の価格差

オフィス 365 と オフィス 2019 の課金方法は違うため、両者の価格差を比較するのは難しいです。以下でOffice 365を7年間使う費用と Office 2019 の価格を比較してみましょう。

オフィス 365 と オフィス 2019 には、複数のプランがありますが、Office 365 solo とOffice Home & Business 2019 を比較してみましょう。

価格比較
Office 365 solo Office Home & Business 2019
1年目 12,744円 37,584円
2年目 25,488円 37,584円
3年目 38,232円 37,584円
4年目 50,976円 37,584円
5年目 63,720円 37,584円
6年目 76,464円 37,584円
7年目 89,208円 37,584円

Office 365 soloを3年間以内で使うとお得

価格比較表から分かるように、 Office 365 soloを3年間以上使い続けると Office Home & Business 2019 の価格を上回ります。そして、三年以内であれば、安く使えることです。

Office 2019はサポート終了まで使うとお得

やっぱり、Office 2019を古いバージョンのままに、7年間使うならOffice 2019永続ライセンスが圧倒的にお得でしょう。

最後に

オフィス 365 と オフィス 2019 の機能から価格まで比較してみました。

両者はそれぞれのメリットがありますが、値段的にはOffice 365は高いように見れます。

でも、Officeの機能を重視であればOffice 365はオススメでしょう。

その Office 365 を選ぶ理由について以下の記事「マイクロソフトOffice 2019 ではなく、Office365を買うべき4つの理由」で詳しく説明しています。

Office 365カテゴリの最新記事