Microsoft 365 を個人で使うには?Personal/Businessの違い

Microsoft 365 を個人で使うには?Personal/Businessの違い
Microsoft 365 を個人で使うには?Personal/Businessの違い

Microsoft 365を個人で使うには、個人・一般家庭向けのMicrosoft 365 Personalと「一般法人向け」と言いつつ個人利用も出来るMicrosoft 365 apps for businessがあります。ここは、両者の機能、価格の違いを紹介します。

Microsoft 365を個人で利用したい方は、参考にしてください。

Microsoft 365 Personalとapps for businessの比較

Microsoft 365サブスクリプションのMicrosoft 365 PersonalとMicrosoft 365 apps for businessは、個人向けと法人向けの違いがあるが、Microsoft 365 apps for businessも個人で利用できるため、両者の違いを比較してみましょう。

両者の機能と価格を比較すると以下のようです。

機能Microsoft 365 PersonalMicrosoft 365 apps for business
価格月間契約:1,284円(月)
年間契約:12,984円(年)
月間契約:1,080円(月)
年間契約:10,800円(年)
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
OneNote
Access
OneDirve1TBまでビジネス用1TBまで
Skype無料通話60分間の無料通話×
インストール可能台数無制限、同時サインイン5台15台

Microsoft 365 PersonalとMicrosoft 365 apps for businessは、常に最新版のOfficeが利用可能なこと、Windows・Macの双方で利用可能なことは同じで、使えるサービスはどちらもほぼ同じだが、違いは大きく分けると、

  • 料金 
  • インストール可能台数 
  • Skype無料通話の有無 
  • OneDriveの個人アカウントと連動 

の4つがあります。

料金、価格差

Microsoft 365 Personalは年額12,984円に対してMicrosoft 365 apps for businessは年額10,800円で、Microsoft 365 apps for businessの方が2,184円安いです。

インストール可能台数の違い

Microsoft 365 Personalのインストールできる端末が無制限であるのに対して、Microsoft 365 apps for businessは1ライセンスでPC5台、スマホ5台、タブレット5台までです。

2台目にインストールしても複数台で使えますが、Microsoft 365 Personalは無制限にインストールできます。

逆に同時利用端末数はMicrosoft 365 Personalが5台までなのに対してMicrosoft 365 apps for businessは15台です。

Skype無料通話の有無

Microsoft 365 Personalは、Skypeから固定電話や携帯電話への月60分の無料通話がついてきます。Microsoft 365 apps for businessにはSkypeの無料通話はついていません。

OneDriveの個人アカウントの扱いについて

OneDriveとOneDrive for Businessの容量は同じ1TBとなっていますが、微妙に違いがあります。

Microsoft 365 Personalは、個人のMicrosoftアカウントに紐づけてOneDriveをそのまま引き継げますが、Microsoft 365 apps for businessは全くの別アカウント扱いになるため引き継げません。

個人用ならどれがオススメ?

Microsoft 365 を個人で使うことであれば、以下のポイントを考えましょう。

インストール台数やSkype無料通話の有無の違いもありますが、個人的には、選択するポイントにならないと思います。

値段とOneDriveの扱いで選択が異なるでしょう。

安く使う場合

価格重視でMicrosoft 365を少しいでも安くしたいならMicrosoft 365 apps for businessがおすすめです。

個人アカウントでOneDriveを関連する場合

既に個人アカウントで無料サービスとしてOneDriveを使っていて、そのままOneDriveを引き続けて使いないならMicrosoft 365 Personalがオススメです。

最後に

いかがでしょうか?

Microsoft 365 PersonalとMicrosoft 365 apps for businessの機能や価格の違いを紹介しました。

個人で利用できるOffice アプリケーションは全く同じですが、利用できるサービスには若干違いがあります。

ご自身の必要に応じて選択しましょう。

Office 365カテゴリの最新記事