Open Office をMac にダウンロードし、インストールする方法

SNSフォローボタン

Open Office をMac にダウンロードし、インストールする方法

時には表計算を使う必要があるので、Macに無料で使えるOpen officeをインストールしました。Microsoftの有料Officeと比べると、確かに制限がありますが、簡単な作業であればOpenOfficeで事足りそうです。


今回は、そのダウンロードとインストール方法をご紹介します。いくら互換性は高くても、まったく一緒になる訳ではありません。そのため、お金払ってもマイクロソフトオフィスを使いたい方は、以下のサイトから購入し、インストールを実行してください。


office 価格


OpenOfficeをダウンロードする方法

手順①
Apache OpenOfficeのサイトにアクセスし、OpenOfficeをダウンロードします。


Open office

手順②
MacOSX」を選択します。



Open officeサイトにアクセス

手順③
MacOSX Intel 用」をクリックしてダウンロードします。



Open officeウンロード

OpenOfficeをインストールする

ダウンロードが終わったら、OpenOfficeをインストールします。
左側の「OpenOffice.org」をドラッグして、右側の「Applications」の上でドロップします。



Open officeインストール

これで、インストールは完了です。



Open officeインストールは完了

OpenOfficeを起動する

アプリケーションからOpenOfficeを選択して起動します。



Open office起動

「表計算」を起動してみます。



「表計算」

これで、完了です


OpenOfficeをインストールする際、「”OpenOffice.app”は、開発元が未確認のため開けません。」などというメッセージが表示されてアプリをインストールできない場合があります。

この時には、アプリのアイコンを [control]+[左クリック] または [右クリック] でコンテキストメニューを表示して [開く] を選択すればいいです。家庭で使うなら十分な機能が備わっているので、個人的には、無料でこれだけのアプリが使えるとはありがたいです。


これらの機能が足りないという方には、家庭での基本的な作業に加え、仕事でも使えるOffice Home & Business 2016 for Macをお勧めします。