Mac Office はどれを購入するべきですか?できれば無料で 。

Mac Office はどれを購入するべきですか?できれば無料で 。
Mac Office はどれを購入するべきですか?できれば無料で 。

Mac Office を無料で使うなら「Office Online」、購入するなら、サブスクリプション版Office 365 Soloと永続版Office 2019 for Macがあります。どちらもMicrosoft Office製品ですが、それぞれの特性、用途があります。

Mac Office 2016販売終了!新しいモデルは、Office Mac 2019。

Mac Office を無料・有料で使う方法まとめ

Mac Office を頻繁には使わないなら無料で使う方法がおすすめです。

  • オンライン版の「 Office Online」
  • 一ヶ月試用版の「Office 365 Solo」

Office Online は無料ソフトであるため、 Macで使える機能が限定されています。 試用版のOffice 365 Soloは、機能制限ありませんが一か月の試用期間が終了すると料金が発生します。

どうしても機能不足で有料の Mac Officeを購入するなら、Office 365 Soloと永続ライセンスのOffice for Mac 2019、Office for Mac 2016があります。でも、「Office 2019 for Mac」の提供を開始したことに伴い、旧バージョンの「Office for Mac 2016」について、出荷終了となり、在庫限りの販売となっています。

永続ライセンスのMac Office 2019は、Outlook 2019の有無で製品が変わります。

  • サブスクリション版の「Office 365 Solo」
  • 永続ライセンスの「Office Home & Student 2019 for Mac」(Outlook 2019なし)
  • 永続ライセンスの「Office Home & Business 2019」(Outlook 2019付き)

最適な選ぶ方法は、自分に必要なOfficeアプリが入ったパッケージを購入する、いつも最新機能を使うか否かでサブスクリション版・永続ライセンスを選択することです。

では、それぞれの詳細を確認してみましょう。

無料の Mac Office

「Office Online」無料マイクロソフトオフィス

Office Onlineは、マイクロソフトが提供するオンライン版のOfficeであり、さまざまなデバイスで「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」「OneNote」などを表示、編集、共有できます。

Office for Macの有料版と比べて、機能制限がありますが簡単な編集作業であれば問題なく使えます。無料ソフトを使いたい方はまず試してみましょう。

凝ったレイアウトや複雑な数式を使うケースで機能が足りない場合は、有料ソフトか「 Office 365 Solo」の試用版を合わせて使うことを検討しましょう。

以下の記事では、Office Onlineの使い方を詳しく説明していますので参考まで。

Office 365 Solo 試用版

Office 365 Solo 試用版は、機能制限なしでマルチデバイスで無制限にインストールできる、同時利用台数ば5台までです。

1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となりますので試しだけであれば、30 日以内にキャンセルするように設定しましょう。

Office 365 Solo無料試用版の自動有料化ををキャンセルする手順については以下の記事を参考してください。

有料の Mac Office

Office 2016 for Macの販売終了し、現在市販されているMac用のOfficeには、サブスクリプションのOffice 365 Soloと永続ライセンスのMac用Office 2019があります。ライセンス形態が違う2つのOfficeのどっちがお得?

機能/価格Office 365 soloOffice Home & Business 2019Office Home & Student 2019 for Mac
Word
Excel
Outlook ×
PowerPoint
OneNote × ×
Access 〇 (Mac非対応) × ×
Publisher 〇 (Mac非対応) × ×
OneDirve1 TB × ×
Skype無料通話60分間 × ×
対応OSすべてのデバイスWindows /Mac Mac
インストール台数無制限、同時利用5台 2台 2台
自動更新ありなしなし
価格 1,274円(月)/12,744円(年)37,584円25,704円

なお、 Office 2019 for macのサポート期限は「2025年10月14日」までです。
永続ライセンスとは言え、セキュリティのアップデートは、2025年までなので注意しましょう。

「Office 365 Solo」「Office Home & Business 2019」は、WindowsとMac の両方で使えます。一方で、「Office Home & Student 2019 for Mac」 はMacのみとなるので、注意しましょう。

Office 365 Soloの特徴

Office 365 Soloでは、以下のようなメリットがあります。

  • 常に最新バージョンのOfficeを使える
  • すべてのOfficeアプリが使える(Visio/Projectは含まれない)
  • オンラインストレージOneDrive 1Tバイトが付いている
  • 60分間Skype無料通話ができる
  • WindowsやMacなど、マルチデバイスにインストール・利用が可能

Office Home & Student 2019 for Macの特徴

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019をMacのみで安く使いたい場合は、 「 Office Home & Student 2019 for Mac 」 がおすすめです。

Office Home & Business 2019の特徴

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019に加えて、さらにOutlook 2019が必要な場合は「Office Home & Business 2019」がおすすめです。

出荷を終了したOffice for Mac 2016

Microsoftは、「Office 2019 for Mac」の提供を開始したことに伴い、旧商品の「Office for Mac 2016」について、出荷終了となり、在庫限りの販売となっています。

「Office for Mac 2016」のメーカー出荷が終了するということで、店舗側が持っている在庫がなくなれば購入することができなくなるので、もしどうしても必要な方は早めに買っておくと良いと思います。

在庫のみが終了すると、Mac用Officeを購入するには、 Office 365 soloを契約するか新しいモデルのMac Office 2019を買うことになります。

Office 365 soloとMac Office 2019のどちらが良い?

この、Office 365 Soloは、サブスクリプション版であり、1ヶ月または1年間の料金をお支払うことでOfficeを使い続ける。逆に、料金を払わないと使えなくなる。それに対し、Mac Office 2019は、永続ライセンスであり、最初にライセンス使用料を払うと購入後は無期限で利用できる。追加料金発生しないのはメリットです。

サブスクリプション版Office 365 Soloの料金は、1ヶ月1274円、または1年1万2744円と、年間契約するのがお得に設定されています。

一方、Office For Mac 2019には、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019が含まれる「Home & Student 2019 for Mac 」とそれにOutlook 2019が追加された「Office Home & Business 2019」がある。価格はOffice Home & Student 2019 for Macは2万5704円、Office Home&Business 2019(Windows/Mac対応)が3万7584円と高く設定されています。

サブスクリプション版と永続ライセンスは、このように課金方法が大きく異なるほかにも、機能面でも違いがあります。

Office 365 SoloはWord 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019を同一ユーザーが使用するWindows PCまたはMacで無制限にインストールし、同時利用は5台までです。(Windows PCではPublisherとAccessもインストール可能)

一方、 「Office Home & Student 2019 for Mac」 は2台のMacのみでインストールできる、「Office Home & Business 2019」はWindows PCまたはMac 2台でインストールできます。

さらに、 Office 365 Soloでは、常に最新のOfficeを使える、Android・iOS対応、オンラインストレージ「OneDrive」の容量が1TB分提供されるほか、Skypeを利用して固定電話や携帯電話に60分間無料で通話できるなど、Mac Office 2019にはない特典があります。

結局、 Mac for Office 2019がお勧め!

Mac Officeを使うための、Office 365 Soloの費用ですが、毎年発生する。1年間の契約は1万2744円で、三年目で38,232円となり、Office Home&Business 2019の値段より高くなります。

永続ライセンスのMac Office 2019のデメリットといえば、追加機能を使えない、バージョンアップできない、AccessやPublisherも使えない、複数のデバイスでインストールできない、Office 365のクラウド サービスを利用出ないなどなど。

しかし、 MacでWord 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019などを使うことであればMac Office 2019製品が圧倒的にお得です。

また、使い慣れたから、ずっと元のバージョンでいい、AccessやPublisherも使わないし、仕事でも家でもMacしか使わない方々も多くいるでしょう。

やっぱり、常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office 365 Soloは最適ということ。そんなOffice 365を必要な方は、以下の「Office 365 Solo よりお得!Office 365 Home の購入方法!」を参考まで。

待て! Macで Office Home & Business 2019を2台までインストールするならもっと安く買えることも可能です。

これ!Office Home & Business 2019 for Macを12,600 円で発売されている店もありますが、超安いでしょう。

安すぎるので、インストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

インストール方法については、「Office Mac インストール は超簡単!公式サイトからダウンロードできる!」をご参照ください。

Mac Officeを長年使うユーザーにとっては、やっぱり永続ライセンスのMac Office2019の方がお得でしょう!

Office 2019 for Macの対応OS X バーション

今までのOffice 2016 for MacはMac OS X バーション 10.10以降に対応していましたが、Office 2019 for Macからは最新のmacOSを含む3世代のmacOSに対応します。

最後に

以上は、 Mac 向けのMicrosoft Office の無料、有料ソフトを紹介しました。

Word for Macのみを使いたいなら

Wordのみ使いたい方は、単体のWordアプリケーションがオススメです。単体の価格 は、 15,984円です。

Excel for Macのみを使いたいなら

Excelのみ使いたい方は、単体のExcelアプリケーションがオススメです。 単体の価格 は、 15,984円です。

もし、Wordのみ、またはExcelのみが必要な時は、単体製品がお得ですが、Word、Excel両方を必要な場合、やはりOfficeアプリをセットにした製品がお得です。

学生なら安く購入できます。

学生の場合は、Microsoft Officeを無料または安く購入できます。例えば、「Office Academic 2019 for Mac 」は学生、教育員向け製品です。値段は、16,800円でとてもお得です。Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019を使用制限なく使えます。

また、通っている大学により無料で使えることもあります。

MacでOfficeを付けて販売していません。

Macで使えるOfficeソフトはMicrosoft Officeのみならず、そのほかのフリーソフトもあります。

次の記事でMacで使えるフリーソフトを紹介していますので興味がある方は参考にしてください。

Office 2019カテゴリの最新記事