Office 2013とOffice 2016またはOffice 365の違い

SNSフォローボタン

フォローする

Office 2013とOffice 2016またはOffice 365の違いOffice 2016 は、いったいどこで購入するのが一番安いでしょうか。

Office 2013とOffice 2016、Office 365の違いはなんでしょうか?

Office 365は月額1000円ぐらいで使用可能と聞くのですが、どの製品を購入すればいいのかわかりません。

すこし整理してみたいと思います。

office 2016

Office 2016とOffice 2013の違いがわからない。

Office 2016は追加機能や改良点が非常に少ないので、Office 2013との大きな違いは分からないかもしれない。しかし、詳しく見ていくと、生産性向上に役立つ便利な機能が追加されている。

office 2016

参照:https://www.e-soft.net/help/office2016new

主にオフィスを複数人で使用するならWordやpowerpointで使える「共同編集機能」がより使いやすくなったというイメージでしょうか。「テーマ変更」などはあまり影響がないように思えます。

Office 365 とOffice 2016 の違いがわからない。

Office 2016とOffice 365で迷っています。

Officeの違いがわからない、どちらがお勧めでしょうか?

以下で、両者の長所や短所を紹介します。

Office 2016 は Microsoft Office のバージョンです。

office 2016

Office 2016 は、Word、PowerPoint、Excel、Outlook などのマイクロソフトの生産性アプリの最新バージョンです。

買い切り型で Office 2016のサポートが終了するまで追加費用が発生しないのは長所ですが、これまで通り、次のバージョンのOfficeを使用するには、その永続ライセンス料金を支払ってアップグレードする必要というのは短所と思います。

Office 365 は契約方法の1つです。

 Office 365 アプリケーション

購読版、通称サブスクリプションです。

サブスクリプション型とは毎月の利用料を支払うことでサービスを使用できるタイプです。

Office 365は契約期間中に複数のPCにOfficeをインストール可能です。

数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入するに対して毎月一定の料金を払ってofficeを利用するのはイニシャルコストを低下して、お得に利用できます。

しかし、毎月払い続ければ、いつかパッケージ版の価格を上回ると思う方もいる。

以下で、Office 365とOffice 2016の違いを簡単に説明します。

1. サブスクリプション型と永続ライセンス型の違いでライセンス形態に大きな違いがある。

2. 毎月払いと購入時一回払いで価格が異なります。

3. 常に最新バージョンと常に同一バージョンで利用できるOfficeが違います。

4. Office 365は15台、Office 2016は2台とインストール台数が異なります。

5. Officeアプリケーションとその他のサービスを利用できる。

いかがでしょうか?Office 365とOffice 2016には思っていた以上の違いがあったのではないかと思います。

Office 365は多くのプランがある。じっくりと検討した上で最適なプランを選択し、最高のOffice環境を整えていきましょう。

参照:https://products.office.com/ja-jp/business/compare-office-365-for-business-plans

私は、Office 365をオススメします。もちろんデメリットもありますが、サブスクリプション市場が急激に成長しているところを見ると従来型のサービスよりもメリットが高いと感じているユーザーが多いようです。

Officeをどこで購入するのが一番安いのか。

ヤマダ電機やビックカメラなどの電器量販店などで購入することもできますが、個人的にはアマゾンなどのネットショップをおすすめします。

オンラインショップでOfficeを買うメリットは主に2つ。値段の安さと管理のしやすさです。

しかし、ネットオークションなんかに出回っている「office 2016 2200円」との激安オフィスソフトなんかに手を出さない方がいいと思います。

アカウントとパスワードは間違っていてダウンロードするまではできないことは常に発生するからだ。

自分の購入した経験を紹介します。安くで、正規品し、安心して利用できます。

office 2016

Microsoft Office 365 Pro Plus [Windows&Macソフト ダウンロード版]

通常価格:¥ 12,400 ~ ¥ 14,160 税込、実際に¥ 6,100 ~ ¥ 11,800 税込で購入することができます。

定価から半分以上安く入手することができる計算になりますね。しかもダウンロード版ならパッケージを待つ必要もなし.

この商品のレビュー・口コミ

sts******さん2016年07月23日 09時16分購入しました!
4.0      普通につかえました

少し不安がありましたが、今のところは問題なく使用できています。

yo_******さん2016年07月04日 16時47分購入しました!

5.0      2010からの更新でしたが、使い勝手が…

2010からの更新でしたが、使い勝手がとても良いです。

kaz******さん2016年07月26日 20時39分購入しました!

5.0   無事ダウンロードできました。

無事ダウンロードできました。

Office 365 Pro Plus は使用契約期間中に、5台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。
特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacとwindows両方にて利用可能です。

まとめ

Office 2016は追加機能や改良点が非常に少ないですが、生産性向上に役立つ便利な機能が追加されている。

Office365とOffice 2016はライセンスの違いがあり、Office365は迷うこと無くメリットが多いと思います。

Officeを一番安い使う方法は、買切り型より購読版はお得、公式サイトと電器量販店などより、アマゾンとネットショップのほうが安いと思います。

Office 2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

Microsoft Office 365 Pro Plusを定価から半分以上に安く購入できるネットショップを紹介しました。

それでは。今日はこの辺で。

近々Microsoft Office 365 Pro Plusを製品を利用した経験ついても記事をアップする予定です。お楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする