Office 365 と Office 2016 の違いはなんでしょうか?すこし整理してみた!

SNSフォローボタン

フォローする

Office 365 と Office 2016 の違いはなんでしょうか?すこし整理してみた!

マイクロソフトはOffice 365を提供したことにより、マイクロソフトオフィスのオフィスソフトを導入する選択肢が広がりました。その反面、「Office 2016 は、いったいどれを購入するのが一番安いでしょうか。」という方が増加したのも事実です。


特にOffice 365とOffice 2016の違いが分からなくで、「いったいどれを購入するのが一番安いでしょうか?」と悩むもともあります。この記事で、2つの導入形態の違いをすこし整理してみたいと思います。今後導入や買い替えを検討している方必見です。



Office 2016

購買型と買い切り型

Office 365は、毎月、或いは毎年の利用料を支払うことでマイクロソフトの提供するオフィスサービスを使用できる新しい利用方法であり、購買型といいます。それに対してOffice 2016は永続ライセンス型ですので、購入時に料金を一括払いなので、まずライセンス形態に大きな違いがあるのです。


簡単に説明してもあまりピンとこないかと思うので購買型の特徴を以下にまとめます。


  • インターネット環境さえあればどのデバイスからも利用できる
  • ユーザー数の増減に対応できるので常に適正コストを保つことができる
  • ランニングコストがハッキリしているから費用対効果を感じやすい
  • 総合的なコスト削減につながりやすい
  • ライセンス管理が楽になるので労働生産性が向上する
  • 外出先からでも利用できるので移動時間を有効活用できる
  • 意外とセキュリティがしっかりしているので自社独自に対策を取るよりも安全


このように説明してもよく分からないかも、いかは両者の違いを機能と価格面で比較して見ましょう。

お支払い方法の違い

Office 365とOffice 2016は毎月払いと購入時一回払いで価格が異なります。長期に使うなら「一括で支払った方がお得」と感じる方が多いですが実際どちらがお得なのか比較してみました。


ちなみにOffice 365には、Office 365 Soloという個人向け製品を販売しています。Office 365 SoloはWord、Excel、PowerPoint、Publisher、OneNote、Outlook、AccessといったOfficeをシンプルに提供するプランです。Office 2016は、Office Personal 2016、Office Home and Business 2016、Office Professional 2016と言った三つのエディションがあります。それぞれを比較してみましょう。


Office365Solo Office Personal 2016 Office Home and Business 2016 Office Professional 2016
価格(1年目) 12,107円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(2年目) 24,214円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(3年目) 36,321円 30,575円 35,705円 61,355円

Office 365 Solo利用開始から3年目にOffice Personal 2016のコストを上回るのがわかります。これだけではどちらの方がお得なのか判断が付きづらいかと思うので、以降の違いにも注目してください。

常に最新版のOfficeとOffice 2016のバージョンのまま

Office 2016は、Excel、Word、PowerPoint などの Office 2016 アプリケーションを取得します。新機能がリリースされる場合、アプリは更新されません。


それに対して、Office 365 Soloは、Excel、Word、PowerPoint、Outlook などの Office アプリケーションの最新バージョンを取得します。現在は Office 2016 ですが、使用しているバージョンは新機能の更新プログラムを受け取るまで継続されます。


たとえばOffice 2019が2018年半ばでリリースされれば追加購入などなしでアップグレードすることができます。

Office 365は最大15台、Office2016は最大2台まで

Office 365とOffice 2016ではインストール台数にも違いがあります。Office 2016は、Windows版とMac版の区別があり、それぞれの対象PCに2台しかOfficeをインストールできない。それに対して、Office 365ではなんと最大15台にインストールすることができるのです。


Office 365 Businessは、15台まで、PC・タブレット・スマートフォンへ各5台ずつなのですが、正直多すぎるくらいでしょう。Office 365 Soloは、2台まで、PC・タブレット・スマートフォンへ各2台ずつです。


ただインストール台数が多い分には困ることはありません。最近では1人の社員が2台3台とPCを所持している会社もあるくらいですので、こういったケースでは確実にコスト削減につながります。


また、余ったインストール台数に関しては福利厚生として社員の私用デバイスへのインストールを許可している会社もあるようです。

Office 365 サービス

実はOffice 365 で提供しているサービスはOfficeだけではありません。他にも様々なOffice 365サービスを提供しているのです。Office 2016では、Office 365サービスを提供していません。


例えば、Office 365は、WordやExcelなどのOfficeアプリケーションを月額または年額課金で利用できるほか、1TBのオンラインストレージ(OneDrive)やスマートフォン/タブレット向けOfficeを商用利用できる権利などが付属する。


最後に

ココまでOffice 365とOffice 2016の違いを簡単に紹介しました。いかがでしょうか?どれがお得ように思われますか?


Office 365が6つのプランがあり、プランごとに提供しているサービスが異なるので、自社にとって最適なプランを選ぶことが大切です。


じっくりと検討した上で最適なプランを選択し、最高のOffice環境を整えていきましょう。


Office 2016では、3つのエディションがあり、それぞれの利用できるOfficeアプリが違います。その利用可能なプランを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする