1 年間無料で使えるOffice 365 サービスの更新方法及び価格 

SNSフォローボタン

フォローする

Office Premium に付加する1 年間無料のOffice 365 サービスは、2年目以降に6,264円の更新料金が必要です。もちろん、更新しなくても、ExcelやWordなどは永続的に最新バージョンにアップデートしつつ利用できる。

premium-office-365

では、その「Office 365 サービス」はなぜ無料で使えますか?見ていこう。

Office 365 サービスを紹介する前に、Office 365 の特徴についておさらいしましょう。

Office 365とは?

Microsoft Officeの利用形態のひとつです。

ソフトの利用権のみの販売となり、1か月とか1年の契約に応じて料金を払うレンタル方式です。

そのため、利用期間(契約期間)が完了すると使用できなくなります。

利用期間終了後さらに利用するには契約を延長する必要があります。

以下の記事でOffice 365のサブスクリプションとOffice 2016の機能と価格を比較していますので、お得な情報を知りたい場合はチェックしてみてくださいね。

Office 365 を購入するメリットは?

サブスクリプションの場合 WindowsPC と Mac(Book) 併せて2台までインストール可能。

タブレットやモバイル版の Office において、全機能が利用可能なのはサブスクリプション利用者のみ。

OneDrive 1TB がサブスクリプション継続期間ずっと使用できるので、iCloud や Dropbox 等のクラウドストレージに利用料金を払っている方なら、差額の 3,432円 か 8,432円 は回収できるはずだ。

また、WindowsPCのみとなるが Access や Publisher も付属し、「 9ヶ国の携帯電話と60ヶ国以上の固定電話に電話を掛けることが可能な毎月60分間のSkype通話プラン」のおまけも…

Windows PC と Macを両方持っている方ならお得にOffice 2016を利用できます。

Office Premium + Office 365 サービス

Office Premium はソフト本体の販売(PC付属)と利用権の販売がセットになっています。その利用権が最初の1年は無料なので実際の支払いがなく、利用できます。

今の主流は、Office Home & Business Premiumを買うことです。

無料Office 365 サービスで何をできますか?

機能を見てみて、大きなメリットありそうであれば、今後のために検討してみてはいかがでしょうか。

あらゆるデバイスで、Office を思いのままに

2 台のタブレット (iPad® および Android タブレットを含む)、および 2 台のスマートフォンで、Office のプレミアム機能をご利用いただけます。

オンライン ストレージ サービス (OneDrive)

1 TB のオンライン ストレージ サービス (OneDrive) が利用できるので、作成したドキュメントをローカル マシンと変わらない感覚でスムーズにクラウドに保存。どこからでもアクセスできます。

Skype 無料通話サービス

Skype から携帯電話や固定電話への通話が毎月 60 分無料になるので、通話料の節約に役立ちます。国際通話にもご利用いただけます。

これらのサービスを1年間使えるということで、1年たったらまたお金を払って契約を継続します(もちろん契約継続しなくてもいいですが)。

Office 365 Soloと「Office 365 サービス」の価格差

Office 365 Soloは12,000円くらいで1年間PCやタブレットでワードやエクセルなどの最新版が使えるサービスが、Office 365 サービスはその半額6,000円くらいでSkypeの無料通話、オンラインストレージが15GBから1TBに拡張、AndroidやiOSデバイスのOfficeとの連携と言ったサービスを利用できます。

さらに、最初の1年は無料ですよ。

Office 365 Soloを2年間使うと24000円ぐらいかかります。

Office Premium を12000円で購入すると「Office 365 サービス」が1年間無料で付きます。

2年目は6000円掛かって更新しても、2年間の費用は18000円となり、Office 365 Soloより6000円安くなります。

さいごに:Office Home & Business Premiumセットがおすすめ

今は、昔みたいにパッケージ版・Office 365だけしか選択肢がない時代とは違います。

様々な格安オフィスソフトのサービスが普及しているし、ネットショップで気軽にマイクロソフトのOfficeも買えるようになりました。

Office Home & Business Premiumを利用することで、ソフト本体とOffice 365 サービスを合わせても12000円で運用することも普通になりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする