Windows 10を安く使う方法は?Windows 10 Home/Proの違いと価格を比較

SNSフォローボタン

Windows 10を安く使う方法は?Windows 10 Home/Proの違いと価格を比較

Windows 10の発売から既に3年以上が経過し。Windows 10のみ対応のOffice 2019を使用に備え、多くの個人や企業でWindows 10へ移行しているでしょう。そこで、本稿では家庭や一般企業向けのWindows 10「Home」、「Pro」の違いを解説します。



windows-10

まだWindows 7やWindows 8/8.1のままで、今、Windows 10への移行を検討しているユーザーは、こちらも参考に各エディションの違いを把握し、適切な移行をご検討ください。

Windows 10 HomeとWindows 10 Proを比較

Windows 10には、「Home」と「Pro」の二種類があります。Windows 10 Homeが一般ユーザー向けでWindows 10 Proは一般ユーザーおよびスモールビジネス向けと定義づけられています。それでは、HomeとProの具体的な違いは何でしょうか?マイクロソフトがホームページ(https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/compare)で公開している情報をもとに、それぞれのエディションの比較表をご覧ください。


Windows の基本機能

  Windows 10 Home Windows 10 Pro
ドメイン参加
クラウドでホストされているアプリにシングルサインオンできるAzure Active Directoryドメイン参加
Internet Explorer のエンタープライズ モード (EMIE)
リモート デスクトップ
クライアント Hyper-V


生産性 & ユーザー エクスペリエンス

  Windows 10 Home Windows 10 Pro
スマートフォン用の Continuum
Cortana
Windows Ink
スタート メニューとライブ タイル
タブレット モード
音声、手描き、タッチ、ジェスチャ
Microsoft Edge (および PDF の表示)


セキュリティ

  Windows 10 Home Windows 10 Pro
Windows Hello
Windows Hello コンパニオン デバイス
Windows Information Protection
デバイスの暗号化
BitLocker
トラスト ブート
Windows デバイス正常性構成証明サービス


ゲーム

  Windows 10 Home Windows 10 Pro
Xbox アプリ
Xbox コントローラーのサポート (有線)
DirectX 12 グラフィックのサポート
ゲーム ストリーミング (Xbox One から PC へ)
ゲーム録画機能


ビジネス – 管理と展開

  Windows 10 Home Windows 10 Pro
モバイル デバイスの管理
グループ ポリシー
Enterprise State Roaming と Azure Active Directory
ビジネス向け Windows ストア
割り当てられたアクセス
動的プロビジョニング
ビジネス向け Windows Update
共有 PC 構成
テスト受験


Windows 10各機能について解説

上記の比較表をより分かりやすくするために、ここでは重要な各機能について説明します。


ドメイン参加

クライアントをActive Directoryのドメインに参加させます。同じネットワーク内の Windows ドメインに各PCを参加させて、共通のアカウントや設定、セキュリティなどを利用できるようにする。会社等、組織のPC管理に用いられる便利機能です。


クラウドでホストされているアプリにシングルサインオンできるAzure Active Directoryドメイン参加

クライアントを Azure Active Directoryのドメインに参加させます。


Internet Explorer のエンタープライズ モード (EMIE)

レガシーWebアプリをサポートし、同時 Microsoft Edgeの高度なセキュリティを実現します。


リモートデスクトップ

Windows を実行しているコンピューターから、同じネットワークまたはインターネットに接続されている Windows を実行する別のコンピューターに接続できます。


クライアントHyper-V

クライアント単位でOSを仮想化できます。


グループポリシー

複数のデバイスにグループポリシーを適用し、一括制御できます。


ビジネス向け Windows ストア

ビジネス(組織)や教育機関向けに設計された Windows アプリが利用できる機能です。


ビジネス向け Windows Update

Pro 用のビジネス機能向けの適時アップデートをおこなう機能です。


共有 PC 構成

共有環境を簡単に設定できます。


テスト受験

標準ユーザーアカウントに対して、テスト受験用のWebアドレスを作成します。


Windows 10 HomeとWindows 10 Pro 価格比較

Windows10 HomeとProの価格を比較して見ました。

  パッケージ版 DSP版
Windows10 Home 14,643円 13,637円
Windows10 Pro 21,636円 20,340円


まとめ

この記事では、Windows10 HomeとProの機能と価格を表にして比較しました。機能比較表によれば、Windows10 Proの使える機能がWindows10 Homeより多いです。それで、Windows10 Proの価格が高いのは当然のことでしょう。

機能比較表で、いろいろな機能を比較していますが、あまり知らないことも多いです。それらを1つつづ紹介できませんですが、主な機能を理解できるように比較しました。

これから、Windows10にアップデートするまたは購入する必要がある場合、参考してください。