Officeライセンスキーって?再インストールに必要なのか?

Officeライセンスキーって?再インストールに必要なのか?

Officeライセンスキーって?再インストールに必要なのか?

Officeライセンスキーは、PCにOffice製品をダウンロードしてインストールするに必要なきーです。では、再インストールにOfficeライセンスキーが必要なのか?この記事で再インストールに必要なOfficeのプロタクトキーを紹介します。

Officeライセンスキー

Officeライセンスキーは2種類ある

Officeライセンスキーは、Microsoftアカウントに関連づけるためのキーとインストール用キーの2種類あります。

普通に、Microsoft Office製品を購入すると紙に書かれている25文字のキーがあります。それは、Microsoftアカウントに関連づけるためのプロタクトキーです。まだ、オンラインコード版は、プロタクトキーを電子メールで送ります。

このプロタクトキーをマイクロソフトアカウントにセットアップ完了後にOfficeファイルをダウンロードしインストールを行えます。

プロタクトキー

でも、実際にOfficeのライセンス認証に必要なプロタクトキーは別のキーがあります。

マイクロソフトアカウントとプロタクトキーをセットアップ完了後に、マイアカウントに関連付けられている製品の下に「プロタクトキーの表示」という文字があります。それをクリックすると25文字の英、数字が表示されます。それは、インストール用のキーです。

インストール用のキー

マイクロソフトアカウントで表示されたインストール用キーと初めてマイクロソフトアカウントに入力したキーは全然違いますね!

Officeライセンスキーは1回のみ使える

Microsoftアカウントに関連づけるためのキーは1回のみ使えます。セットアップ完了後、プロタクトキーを再入力すると「このプロタクトキーはすでに使用されています」と表示されます。

こんな場合、マイクロソフトアカウントから再インストールします。再インストールについては以下の記事を参考してください。

再インストールに必要なOfficeライセンスキー

ということでOffice製品を再インストールするにはマイクロソフトアカウントのライセンスキーが必要になります。

そのため、再インストールには、初めてインストール時のマイクロソフトアカウントが必要となります。

普通は、ネット環境がある場合、再インストールにはライセンスキーが自動認識されますので自動的にライセンス認証が行います。

でも、ネット環境がない、または不安定な場合、オフラインでインストールするとライセンスキーを入力してライセンス認証を行うことがあります。

オフラインでインストールする方法について以下の記事を参考してください。

最後に

Officeライセンスキーについて説明しました。

Officeライセンスキーに2つの種類があります。インストール用のプロタクトキーはマイクロソフトアカウントに関連付けられています。Officeライセンスキーをなくさないために、マイクロソフトアカウントとパスワードを大事にしてください。