【新型iPad】Microsoft Officeなどを使ったマルチタスキングにより作業効率を向上

SNSフォローボタン

フォローする

【新型iPad】Microsoft Officeなどを使ったマルチタスキングにより作業効率を向上3月21日Appleオンラインで9.7型の新iPadを発表した。3月25日午前0時01分より注文が開始し、直販価格はWi-Fi版の32GBが37,800円、128GBが48,800円。Wi-Fi+Cellularは32GBが52,800円、128GBが63,800円。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ。

f:id:iggy3:20170321221734p:plain

新型と言ってもAir2のマイナーチェンジ。

CPU性能の向上が見られるものの、それ以外は全く進化なし。

むしろAir2から巨大化。

厚み+1.4mm、重さ+30g。

もちろんProシリーズのアクセサリは使用不可。(Apple Pencil、Smart Keyboard)

コストパフォーマンスは抜群。

液晶の解像度は2,048×1,536ドットで、精細度264ppiのRetina Display。64bitのA9プロセッサとM9コプロセッサを内蔵し、「あらゆるアプリケーションが速く、なめらかに感じられる。コンテンツの充実した学習アプリケーションで学びを探求することも、グラフィックスを駆使したゲームをプレイすることも、2つのアプリケーションを同時に使うこともできる。そのうえ、バッテリは最大10時間持続する」という。

カメラは8メガピクセルの裏面照射型センサーで開口部F2.4。1080p HD動画撮影や3倍ビデオズーム、120fpsスローモーション撮影、HDR写真撮影、自動手振れ補正などを搭載する。前面のFaceTimeカメラは1.2メガピクセルで、720p動画撮影に対応する。FaceTimeビデオ/オーディオによる通話も可能。なお、iPad Proとの違いとして、別売のApple PencilやSmart Keyboardには対応しない。

Touch IDやSiriに対応。OSはiOS 10。iPad用に設計されたアプリケーションを活用することで、Swift Playgroundsを使ったコーディングの学習や、大きな画面を利用した読書、Microsoft OfficeとSplit Viewを使ったマルチタスキングによる作業効率の向上などが図れるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする