Office 365 SoloとBusinessが違う4つのポイント

SNSフォローボタン

フォローする

Office 365 SoloとBusinessが違う4つのポイント

Office 365を個人で購入したい方には、主にOffice 365 SoloとOffice 365 Businessの二つの選択肢があります。

何が違うのか?結局どっちを購入すればお得のか?かなり悩むポイントですよね。

Office 365 SoloとBusinessは主に、以下の四つのポイントが違います。

Access利用できるか否か

Office 365 SoloはすべてのOfficeアプリが利用できますが、これに対し、Office 365 BusinessはAccessを提供していません。

Accessは簡単にデータベースが作成できるアプリであり、在庫管理や受発注管理など使い方次第で様々なカスタムアプリを作成することができます。

これで、Accessを頻繁に利用しているユーザーは絶対的にOffice 365 Soloの利用がおすすめです。

インストール可能台数は二台か五台か

Office 365 Soloは最大二台までインストールできますが、これに対し、Office 365 Businessは五台までインストールできます。

Office 365 はWindows・MacとOSを問わずにインストールできるので、PCを3台以上所持している方は間違いなくOffice 365 Businessがお得でしょう。

OneDriveが個人向けか法人向けか

Office 365 SoloとBusinessのOneDrive容量が1TBで、一見同じサービスに見えるのだが、OneDriveとOneDrive for Businessとサービス名と機能が微妙に違う。

つまり現在オンラインストレージとしてOneDrive(無料・有料問わず)を利用しているユーザーは、Office 365 Soloで継続してOneDriveを利用できてもOffice 365 BusinessのOneDrive for Businessへは移行できないのです。

価格による違い

Office 365 Soloは、一年契約で12,744円ですが、これに対しOffice 365 Business 一年目で11,664円かかり、Soloより約2,000円安く購入できます。

Office 365 Businessは「ビジネスラインナップなのになぜ?」と思われる人が多くいるかもしれませんが、AccessがないことやSkype無料通話がないことで低価格になっていると考えられますね。

いかがでしょうか?Office 365 SoloとBusinessの四つの違いを見て、自身に最適なプランを決めることはできましたか?

では、さらに言うと、Office 365はサブスクリプション型のOfficeとして、一ヶ月契約或いは一年契約で利用できますが、

いったい月払いで利用するか、或いは一括払いで購入するかと迷っている方が多いでしょう。

Microsoftストアでは、Office 365 Soloを、
一ヶ月契約     1274円
一年契約 一万1274円
で発売しています。

例えば、1ヶ月契約で1年間利用すると1万5288円になるが、1年契約なら1万2744円なので、2544円もお得になります。

これで、常にOfficeを利用する方は、やはり一括払いで購入した方がお得でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする