Office 2016 の主要ソフトに共通する「操作アシスト」" />

Office 2019 と Office 2016 の違いが驚くほど良くわかる!

Office 2019 と Office 2016 の違いが驚くほど良くわかる!
Office 2019 と Office 2016 の違いが驚くほど良くわかる!

Office 2019 と Office 2016 の違いをまとめた記事です。

Microsoft Officeは3年ごどに新しいバージョンを発売します。Office 2019は最新バージョンの永続ライセンスです。

最新バージョンであるため、前バージョンの Office 2016より改善された新機能があるのは当たり前です。

でも、今回のバージョンアップでいくつかの変更点があり、機能面での改善だけではなく、利用期間や対応PCのOSも変わりました。

この記事でOffice 2019の 変更 点をOffice 2016と比較しながら説明します。

Office 2019 と Office 2016 の比較

Office 2019 と Office 2016 の違い

Office 2019は、Office 2016の後継となる永続ライセンスの最新バージョンです。

Office 2016から変更点を対応OS、サポート期限、追加された新機能、含まれるアプリの変更などの4つの分類で比較して説明します。

対応Windows OSまたMac OSの違い

Office 2019 はWindows 10のみ対応します。これは、Office 2016と一番大きな違いです。

以下の表で両者の対応するOSバージョンの違いを比較しましたので確認してください。

対応するOSOffice 2019Office 2016
Windows 10
Windows 8.1×
Windows 8×
Windows 7×
mac OS 10.12 以降 10.10 以降

表から分かるように、Office 2019の対応Windows OSはWindows 10のみです。対応Mac OSは、最新バージョンと、2つ前までのバージョンです。現在は、 10.12以降対応します。

それに対して、Office 2016の対応Windows OSは、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7です。対応Mac OSは、10.10 以降です。

これから、Office 2016からOffice 2019にアップデートしたい方は、お手持ちのPCのバージョンを確認してください。

サポート期限

Office 2019のサポート期限が 変更 があります。

Microsoft Office の永続ライセンスにはサポート期限があります。普通は、メインストリームサポート5年と延長サポート5年と合計10年間のサポート期限があります。

最新バージョンのOffice 2019では、メインストリームサポート5年と延長サポート2年と合計7年間のサポート期限となりました。

以下の表で両者のサポート期限の違いを比較しましたので確認してください。

Office 2019Office 2016
発売日2018/09/242015/09/22
メインストリーム2023/10/102020/10/13
延長サポート2025/10/142025/10/14

Office の延長サポートが終了すると使い続けると危険なのでご注意ください。

追加された新機能

Office 2019では、多くの新機能が追加され、操作性が強化されました。

Office 2016の提供方法では、Office 365とOffice Premium、永続ライセンスのOffice 2016の3種類がありました。

Office 365とOffice Premiumでは、常に最新の機能を追加していましたが永続ライセンスのOffice 2016では追加されませんでした。

そして、2015年09月22日から2018年09月24日までOffice 365に提供された新機能をOffice 2019に追加しました。

つまり、Office 2019の新機能は既にOffice 365で追加されていましたということです。

代表的な機能は、モーション グラフィックス、翻訳、3D モデルの挿入機能などです。

含まれるアプリの 変更

Office 2019では、One Note が含まれない。

Windows 10でOne Note が標準ストアアプリ版があるからではないでしょうか。

その他のアプリについては以下の表を確認してください。

Office 2019Office 2016
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote ×
Access
Publisher
Project×
Visio ×

Access、Publisher、Project、VisioはWindows PCのみ対応します。

Office Home & Business 2019の 変更

Microsoft Officeの永続ライセンスでは、利用するアプリをセットにしたいくつのプランがありました。それぞれ、Windows 向け製品とMac向け製品と分けていました。

Office 2016のWindows 向け製品は、

  • Microsoft Office Personal 2016
  • Microsoft Office Home & Business 2016
  • Microsoft Office Professional 2016

Mac向け製品は、

  • Microsoft Office Home & Student for Mac 2016
  • Microsoft Office Home & Business for Mac 2016

とありました。

Office 2019では、

  • Microsoft Office Personal 2019
  • Microsoft Office Home & Business 2019
  • Microsoft Office Professional 2019

  • Microsoft Office Home & Student for Mac 2019

の4つのプランになりました。

これらのプランの中でMicrosoft Office Home & Business 2019はWindows 10またはMac両方対応できるようになりました。

この変更により、MacまたはWindows PCで1つのMicrosoft Office Home & Business 2019で十分ということになりました。

最後に

Office 2019 と Office 2016 の違いを紹介しました。

まとめると以下のようないくつのことに注意することです。

使うPCのバージョンを確認しましょう。

Microsoft Office Home & Business 2019はWindows またはMac両方対応することを覚えましょう。

Office 2019のサポート期限が3年間短くされたことに気にしましょう。

Office 2019カテゴリの最新記事