Office の値段を安くする方法は?WordやExcelを安く使いたい人は必見!

Office の値段を安くする方法は?WordやExcelを安く使いたい人は必見! | Office 価格

PCを使っている社会人をはじめ、家庭でPC作業をするなら、表計算、文章の作成をすることもあるのではないでしょうか?

そうした時に使いたくなる有名なOffice製品が、文書作成のためのWord、表計算のためのExcelといったマイクロソフトOffice製品です。

できるならマイクロソフトOfficeの有料版を使ってみたいけど、お金がかかるから「無料のOfficeを代わりに使おう」と思ってしまいますよね。

でも、今はマイクロソフトOfficeも手軽な値段で使えるようになりました。

このページでは、WordやExcelなどのアプリを使えるマイクロソフトの「Office 2019って何?」という基本的な情報から、Officeを格安で手に入れる方法まで紹介していきますね。

6万円もするマイクロソフトOfficeの最新版が、月額1,274円で利用できる!

マイクロソフトOfficeの最新版である永続ライセンスのOffice 2019(パッケージ版)を購入しようとすると、3万から6万円かかります

ところが、Office 365 サブスクリプション版は常に最新盤のOfficeを提供しており、1ヶ月あたり1,274円という格安料金で利用できるようになりました。

例えば、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019、Publisher 2019、Access 2019を使える永続ライセンスのOffice Professional 2019とOffice 365 Soloの料金を比べてみましょう。

「Office Professional 2019」は、税込価格は64,584円です。

Publisher、Access も利用できる「Office 365 Solo」を選ぶと、月額1,274円で利用できます。

すべてのアプリが入っているマイクロソフトOffice 2019の永続ライセンスを使ってみたいからといって、一度に64,584円も投資するにはとても勇気がいりますよね。

Office 365 Soloでは、マイクロソフトOfficeの最新版が月額1,274円で利用できるようになりました。ビジネスにもがっつり使えるOffice アプリが入っているから、驚きの価格です。

まずは趣味からでも気軽に使えるような価格になったのは、とても嬉しいですね。そして、一か月無料体験もできます。

Office 365とは?

マイクロソフトOfficeはOffice 365サブスクリプションを通して利用することができます。

Office 365とは、Word 、 PowerPoint 、 Excel など、Office デスクトップアプリケーションとオンラインストレージのクラウドサービスを利用できるサブスクリプション版のOfficeです。

Office 365は、どうやって利用するのでしょうか?今まで利用したことないのでよく分からないですよね。

まずはメールアドレスでマイクロソフトアカウントを登録しましょう。その後、使いたいOfficeに合わせて利用プランを選び、利用料金を払います。

Office 365は、マイクロソフトアカウントを通じてOfficeファイルをダウンロードしてインストールできます。

Office 365には個人向けと企業向けの様々なプランがあります。料金は、年間一括で払うか、月額で払うかを選ぶことができる仕組みです。

Office 365は、WindowsでもMacでも利用することができます。1つの契約につきインストール台数が無制限、同時利用台数は5台と複数のデバイスで利用できます。

Office 365とOffice 2019の違い

マイクロソフトOfficeはOffice 2019とOffice 365という2つの形態で販売されています。

Office 365とOffice 2019の主な違いは、「購読型」と「永続ライセンス購入型」という料金体系の違いです。

Office 2019は、一度お金を支払えばずっと使い続けることができる永続ライセンス購入型。

それに対して、Office 365はお金を払っている期間だけ利用できる購読型となっています。

では、Office 2019永続ライセンスのライセンス購入型とOffice 365購読型、どちらがお得なのでしょうか?

Office 2019永続ライセンスとOffice 365購読型の料金を比較してみましょう。Office 365 Soloを購買型の代表として比較します。

Office 2019はライセンスライセンスで、一番安い製品が32,184円支払って購入すると、何年間でも使い続けることができます。

一方で、Office 365 Soloはサブスクリプション版なので、使い続ければ料金は積み重なります。

年間12,744円で利用し続けて32,184円に達するまでには約3年かかります。

3年間の月日の間に、マイクロソフトOfficeはバージョンアップして高機能になるし、使いやすくなっていくものでしょう。

これを踏まえると、購読制のOffice 365は、常に最新版のOfficeをダウンロードして利用できるので、お得ですね!

ビジネスの成長に役立つ Office 365

Office 365には、ビジネス作業に特化した様々なソフトが揃っています。その中でもよく使われているOfficeアプリケーションとOffice 365サービスを紹介していきます。

Officeのアプリケーション

Word、Excel、PowerPointをはじめとしたOfficeのアプリケーションの最新バージョンを使えます。

文書など資料を作成する際にはWord(ワード)、表やグラフを使用した資料作成やデータの管理はExcel(エクセル)、プレゼンテーションなどはPowerPoint(パワーポイント)を使用することができます。

Outlook・OneNote

Outlookとは、電子メールの送受信をメインの機能として、予定表、連絡先、仕事管理表など個人情報の総合管理もできるように作られたマイクロソフト社製のソフトウエアです。

「Outlook」はOffice 365の中に含まれています。

OneNoteは、いわゆる情報を集めておくデジタルノートブックといったようなソフトウェアです。

Publisher ・ Access

Publisher は、多彩なデザインの本格的な文書を作成するのに適したアプリです。複雑なデスクトップ パブリッシング アプリケーションに多くの費用や時間を費やす必要はありません。

Access は、デスクトップ データベースの作成だけではありません。 カスタマイズ可能なデータベース アプリケーションをすばやく作成できる使いやすいソフトウェアです。

Office 365のメリット

Office 365は、1ユーザーあたりOS (Windows・Mac) タブレットやスマートフォンを問わず、Officeアプリケーションを無制限にインストールできます。同時利用台数は5台までです。

Office 365は、1ユーザーあたり1TBの個人用クラウドストレージ (OneDrive for Business) が付いています。

マイクロソフトOfficeの買い方

さて、ここからはマイクロソフトOfficeをお得に手に入れる方法を紹介していきます!

Office 2019の購入!追加料金発生しません

1つ目の買い方は、Microsoft公式サイトから購入するというベーシックな方法です。使いたいソフトの種類に応じて、いくつかのプランが用意されています。

単体製品のご購入

ワード、エクセルの中から1つだけの使いたいソフトが決まっている場合は、そのソフトを割安に利用できる「単体製品」がおすすめです。

価格は、15,984 円(税込)です。

Word、Excelを使うならOffice Personal 2019

とりあえずWord、Excelを使いたいなら、Word、Excel、Outlookの製品を利用できる「Office Personal 2019」にしましょう。

価格は、32,184円です。

PowerPoint も使うならOffice Home & Business 2019

価格は、37,584円です。

Office 365 の買い方

じつは、全てのOfficeアプリが使えるOffice 365プランをお得に購入できる方法があります。

その方法とは、Office 365を年間契約することです。

毎年料金を払うのは面倒くさそうですが、常に最新のOfficeを利用できるのがメリットです。

最後に

ここまでで、Office の製品を手に入れる様々な方法を紹介してきました。

使いたいソフトが限られているなら、Office 公式サイトから単体製品を。様々なソフトを駆使したいなら、セットで買うとお得になります。

自分の使いたいソフトに合わせてプランを選ぶのが、節約になるということですね!

まだOffice 365製品をあまり使ったことのない場合は、「使いたいソフト」と言われても迷ってしまうかもしれませんね。じつは太っ腹なことに、Office 365の製品は1ヶ月無料の体験版が用意されているのです。

体験版だからといって機能が制限されることはないので、まずは体験版でどんなソフトがあるのか使いながら様子を見てみるとよいと思います。

体験期間が終わっても使い続けたくなった時は、このページを思い出して、ぜひお得にマイクロソフトOfficeを手に入れて欲しいです!