Office 2016 for Macで発生したエラー 0xD000000C の解決方法

SNSフォローボタン

フォローする

Office 2016 for Macで発生したエラー 0xD000000C の解決方法

Office 2016 for Mac のライセンス認証を行うときに、次のエラーが表示されることがあります。有効なアカウントでサインインしてください。エラー コード: 0xD000000C。

Office 2016 for Macをダウンロードして、アプリケーションを起動してライセンス認証をしようとしましたが、ダウンロード時に作製したMicrosoft accountのパスワードは有効でないと表示されます(エラーコード:0xD000000C)。ライセンス認証ができませんが、解決法を御教示出来ましたら幸甚です。


エラー原因

このエラーは、Open Directory アカウントなどのネットワーク アカウントを使用して Mac にサインインした場合に、Office 2016 for Mac が資格情報を “読み取り専用” としてキーチェーンに書き込むことができないために発生することがあります。


回避策

ネットワーク アカウントを使用してサインインした場合は、サインアウトし、ローカル ユーザー アカウントを使用してもう一度サインインします。もう一度アクティブ化を試行します。



操作手順

システム環境設定にある「ユーザーとグループ」から、ユーザーを追加します。

ユーザーとグループ

そのままだと鍵がかかっているので、鍵をクリックして、自分のパスワードを入力すると、ユーザーが追加できます。

鍵をクリック

そしたら、追加したユーザーとしてログインします。
ログインしたら、Officeアプリケーションがインストールされているので、そのユーザーで、Officeアプリを起動します。
先ほどと同じようにMicrosoftのパスワードを要求されるので、入力します。
すると、なんの問題もなく認証が行われ、Wordが使えるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする