Office 365 の価格

SNSフォローボタン

Office 365 の価格

Office 365 で Microsoft Office を最大限に活用できます。Office 365 には個人向けOffice 365 Solo、法人向け Office 365 Business 、などいろいろなプランがありますが、それぞれの価格を比較してみました。



office-365

Office 365のプランと価格

Office 365 はWindows PC、Mac、タブレット、スマートフォンで使用できるプレミアム機能付きの Office アプリとクラウド サービスです。今回、Office 365のプランと価格を比較表にしました。

Office 365 Solo Office 365 Home Office 365 Business Office 365 Business Premium
価格(1 年間) ¥12,744 ¥9,900 ¥10,800 ¥16,320
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
(Windows PC のみ)
Publisher
(Windows PC のみ)
無料バージョンアップ
OneDrive 1TB
Skype
家庭で使用する
Mac対応 2台 5台 5台 5台
Windows版対応 2台 5台 5台 5台

Office 365について詳細は下記および公式サイトをお読みください。

Office 365 機能一覧

1.Office 365 Solo

office-365-solo

Office 365 soloには、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessが含まれます。常に最新バージョンが使えるうえ、同一ユーザーが使用する 2 台の Windows PC または Mac、2 台のタブレット、2 台のスマートフォンに対応していて、時間や場所にとらわれるのが魅力です。


Office 365 soloは、1ヵ月無料試用期間があります。無料期間中利用方法などになれて、操作方法に困ることないでしょう。


また、Office 365 soloは1ヵ月で契約できる個人向けライセンスであるため、Word、Excel、PowerPointを短期で必要な場合、Office 365 soloを契約するとOffice ソフトの運用コストを低下します。


2.Office 365 Home


マイクロソフトの日本では提供されていない、個人向けOffice 365サービスです。プロタクトキーを入手すれば日本でもダウンロードしてインストールできるのは驚くことです。


Office 365 Home Premiumには、すべてのOfficeアプリが含まれるうえ、同一ユーザーが使用する 5 台の Windows PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンにインストールのがメリットです。


Office 365 Home Premiumはパソコン作業で3台以上の Windows PC または MacにOffice ソフトが必要な方に最適でしょう。


3.Office 365 Business

Office-365-Business

Office 365 Businessは法人向けOffice 365 サービスで個人でも利用可能です。ただ、個人・家庭用のOffice 365 soloとは違う部分が結構あります。


Office 365 Businessには、すべてのOfficeアプリが含まれるうえ、同一ユーザーが使用する 5 台の Windows PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンにインストールできますが、Skypeの無料通話はありません。


また、Office 365 Business についているオンラインのファイル ストレージは、OneDrive for Business です。個人向けOffice 365 Solo についている1TBのOneDriveと若干異なります。

Office 365 Business について詳しい情報はこちら


4.Office 365 Business Premium

4.Office 365 Business Premium

Office 365 Business Premium は、法人向けプランです。最新の Office をさまざまなデバイスで使えることに加え、ビジネスに最適化された電子メール、公開 Web サイト、HD ビデオ会議などのサービスを利用できます。IT 専門知識がなくても簡単に管理できます。


法人向けOffice 365には、Office 365 BusinessとOffice 365 Business Premium以外に、Office 365 Business Essentials、Office 365 Enterprise E1、Office 365 ProPlus、Office 365 Enterprise E3があります。


Office 365 Business Premiumなどの法人向けプランは、個人で契約することもできますが価格が高いのでオススメしません。

Office 365 のプランを選択する際のポイント

複数あるマイクロソフトOffice 365のプラン比較で、インストールする台数、価格、1TBのOneDrive、Skypeの無料通話などを比較しているものがありますが、あれには意味がないことに注意しましょう。


たとえば、Office 365 Soloは1TBのOneDrive、Skypeの無料通話などを使えますがインストール台数は少ないでしょう。逆に、Office 365 Business のインストール台数が多いですが、Skypeの無料通話がないとか、プラン別に違いがあります。


そのため、Office 365 のプランを比較して、選ぶ際は、自分の必要に応じて、最適な機能と価格で決めていくと良いでしょう。