マイクロソフトオフィスが無料!? Office Online の使い方

SNSフォローボタン

フォローする

マイクロソフトオフィスが無料!? Office Online の使い方

PCに無くてはならないともいえる程人気のExcel、Wordなどをまとめたマイクロソフトオフィス。買うと数万しますが無料 で使える方法もあります。今回はMicrosoftが無償で提供している、Microsoft Office Online の使い方を紹介します。



Microsoft Office

マイクロソフトオフィスに無料ソフトがある

あらゆる企業で最も使われている人気のオフィスソフトであ『Microsoft Office』。が、マイクロソフトの有料版を購入すると数万円の金額がかかるので、オンラインで「Word」「Excel」「Outlook」「PowerPoint」「OneNote」などを編集できるマイクロソフト Office Onlineを使ってみましょう。


マイクロソフトのOffice Onlineを使うには、マイクロソフトのアカウントが必要です。アカウントは持っていない方は新規で作成してください。無料で作成できる。オンラインで操作できるので、インターネットに接続すれば、 Office Online の製品サイト へアクセスして、 Microsoft アカウントでログインします。Office をインストールすること無く、どのようなデバイスでも場所を問わずアクセスすることができ、ファイル共有や共同編集も可能です。


注意してほしいことですが、Office Online はマイクロソフトオフィスの無料版であり、有料版のマイクロソフトオフィス2016と比べていくつかの機能が限定されています。Officeの利用頻度が高い方は、使えない機能もありますが、簡単な作業であれば問題なく利用することができます。


Office Online にアクセスする方法

今回Office Online をブラウザーからアクセスして使ってみましょう。


手順①
以下のリンクからOffice Online に飛び、 Microsoft アカウントでサインインします。
Office Online へアクセスする
Microsoft アカウントを新規で登録する



Microsoft アカウント

※Microsoft アカウントをお持ちでない方は「Microsoft アカウントを新規で登録する」から新規登録してください。


手順②
Office Online を使う準備ができました。利用したいアプリを選んでアイコンをクリックして利用します。ここでは ワード を開いてみます。



Office Online を使う準備

手順③
オフィスファイルを編集するワードアプリを開きました。Microsoft アカウントにサインインします。



ワードアプリを開き

手順④
作成したドキュメントが自動でオンラインストレージの「OneDrive」に保存されます。ここまでは、Office Onlineにアクセスして、マイクロソフトオフィスをオンラインで使う方法です。



OneDrive

今回はマイクロソフトOffice Onlineのアクセスから利用方法までご紹介しました。


Office Onlineは、オフィスファイルをオンラインストレージの「OneDrive」で管理することで、外出先でUSBメモリーなどを使ってやり取りした書類を編集するには、まずOneDriveにアップロードすることになる。


また、現在の最新バージョンであるマイクロソフトオフィス2016と比べて、Office Online で使えるアプリがいくつかの機能が限定されています。たとえば右クリックでの操作がかなり限定される。 Word Online とWord 2016 を比べた場合、リボンに配置されている「ページ レイアウト」「数式」などが省かれていることが分かります。この場合、凝ったレイアウトや複雑な数式を使うケースでは違いが出てしまいますが、簡単な作業であれば問題なく利用することができます。


Microsoft Office 2016のすべての機能を使いたい方はOffice 365、Office 2016永続ライセンスがオススメです。Office 365は、常に最新版のオフィスソフトを月額で使える、が、マイクロソフトオフィスを長い期間使うには、費用が高いと思う方もいる。そんな方は、永続ライセンスのMicrosoft Office 2016を選択するとぴったりと思います。パソコンでオフィスの必要があまりない、たまに文章作成などの簡単な作業であれば、Office Onlineを使用することをお勧めします。


無料のマイクロソフトオフィスでできること

軽くではありますが各アプリの説明を加えます。



WordOnline、Excel Online、PowerPoint Online、OneNote Online

各種Officeのオンライン版のこと。一部機能は制限されているものの、通常版とは閲覧に関して完全に互換性があります。


OneDrive

クラウドストレージサービスのこと。オンライン上にファイルや画像を保存することができ、それを共有することが出来ます。現在の容量は15 GBです。



Sway

簡単に作成できるプレゼン機能のこと。同じような機能としてPowerPointがあリますが、Swayのほうが簡単にかっこいいプレゼン資料を作成できます。



連絡先

連絡帳のこと。ここに連絡する人を追加しておけば、オンラインで電話したりメールできます。



予定表

スケジュール管理機能のこと。ここに書き込めば会社全体・特定のグループなどに情報共有できます。その他にもオンライン会議も予定に入れることが出来ます。



メール

Microsoft が提供する無料の個人用メール サービスです。Microsoft は、広告表示を目的としてお客様のメールをスキャンすることはありません。メールを自動的に整理したり、簡単に写真を共有したりすることができます。

Office Online を利用できるブラウザー要件

Office Onlineに最適な操作性は次のブラウザーの最新バージョンを使用します。

デスクトップおよびノート PC

Windows 10:

Microsoft EdgeInternet Explorer 11、Mozilla Firefox、Google Chrome

Windows 8、8.1、または 7 (SP1):

Internet Explorer 11、Chrome、Firefox

Windows Vista (SP2):

Firefox、Chrome が一部の機能を利用できないことがあります。少なくともを更新することをお勧めします。 Windows 7 (SP1)。

Mac OS X (10.8 以降):

Apple Safari または Chrome

Linux:

Firefox または Linux では、Chrome の両方でOffice Online機能がいくつかの機能を使用できない場合があります。

iOS デバイス

iPad:

少なくともを使用している場合は、iOS 10.0 Office for iPadアプリの代わりに使用をお勧めします。Apple app store で見つかるされます。

IOS の以前のバージョンを使っている場合、[Safari Office Online ipad など、上の最適なブラウザーが一部の機能を利用できないことがあります。

iPhone:

少なくともを使用している場合は、iOS 10.0 for iPhone アプリをブラウザーではなく、Office を使用することをお勧めします。Apple app store で見つかるされます。

IOS の以前のバージョンを使っている場合、[Safari Office Online Iphone 上の最適なブラウザーが一部の機能を利用できないことがあります。

まとめ

今回はマイクロソフトオフィスの無料版Office Onlineの利用方法をご紹介しました。
マイクロソフトも伝えているように無料版Office Onlineは機能制限あるためにできれば、有料の最新のバーションを使用することをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする