「Libre Office」Macで使える無料Officeソフト 、インストール方法

SNSフォローボタン

フォローする

「Libre Office」Macで使える無料Officeソフト 、インストール方法

Libre OfficeはMicrosoft Officeと互換性が高く、WordやExcelの代わりとして使える無料のオフィススイートです。筆者も自分のMacにLibre Officeをインストールしましたが、そのインストール方法と手順をみんなにご紹介します。

「Libre Office」本体と「言葉パッケージ」をダウンロードする

Libre Office公式サイトに入り、「ダウンロード」をクリックすると、「メイン・インストールパッケージ」と「言語パッケージ」ボタンが2つ表示されます。
二つともダウンロードします。

「メイン・インストールパッケージ」が「LibreOffice」のソフト本体で、「言語パッケージ」は「LibreOffice」を日本語対応にするためのものです。

「Libre Office」本体をインストールする

「LibreOffice」の本体をダウンロードした後、ダブルクリックして、LibreOfficeアイコンを「Applications」フォルダにドラッグしたら、インストール完了。

起動して見ましょう。

見てわかると思いますが、メニューが英語表示になってますね。次は日本語化することです。

日本語化する

さっき「LibreOffice」のソフト本体と一緒に「言語パッケージ」もダウンロードしたでしょう。それがダウンロードし終わると以下のような画面になります。

「LibreOffice Language Pack.app」をダブルクリックして、「開く」を選択します。

次に、「インストール」ボタンをクリックします。

これでインストールが完了です。「Libre Office」を起動すると日本語でメニューが表示されます。

LibreOfficeをインストールする際、「” LibreOffice.app”は、開発元が未確認のため開けません。」などというメッセージが表示されてアプリをインストールできない場合があります。

この時には、アプリのアイコンを [control]+[左クリック] または [右クリック] でコンテキストメニューを表示して [開く] を選択すればいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする