Macを安く買うなら「Office Mac 2016」非搭載がオススメ!

SNSフォローボタン

フォローする

Macを安く買うなら「Office Mac 2016」非搭載がオススメ!

Office Mac 2016の登場により、Macを購入する人が増えていますが、Mac は決して安い買い物ではない。少しいでもMacの値段を抑えて購入しようとしたらOffice Mac 2016を別途で購入するか無料Mac Office を使うことがオススメ!




Microsoft OfficeはMacで使えるOffice for mac 2016を販売しています。使い慣れた Office とお気に入りの Mac の機能が組み合わされた最新の Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote をすぐに使うことができます。購入方法としてはOffice 365 Soloと永続ライセンスのOffice for mac 2016とあります。が、どちらにしても有料ソフトであり、日常的にOfficeを使うわない方に対して痛い費用です。そんな今回は、MacでOfficeを無料で使う3つの方法をご紹介したいと思います。

Libre Office

Libre Office

Libre Officeは、ドイツのThe Document Foundationが開発している無料のオフィスソフトでが、なかなかの互換性を兼ね備えていてMicrosoft Office間とのやり取りもヒョヒョイとこなしてしまいます。もちろん、Macでも使用可能です。


その構成は、ワード、エクセル、パワーポイント以外の互換ソフトが含まれています。


Libre Officeの構成
・Writer:ワープロソフト(Wordの互換ソフト)
・Calc:表計算ソフト(Excelの互換ソフト)
・Impress:プレゼンテーションソフト(PowerPointの互換ソフト)
・Draw:図形描画ソフト
・Base:データベースソフト
・Math:数式ソフト

Libre Officeは、公式サイトにてダウンロードできます。

Libre Office

Office Online

Office Online

Office Onlineは、Microsoftが公式に出しているブラウザから使用できる無料のオフィスです。
無料のオフィスだけあって高い互換性があり、Windowsで作られたファイルをMacで開いてもレイアウトはほとんど崩れません。
構成に関してはかなり多く、Word、Excel、PowerPointの他、OneNote、Swey、メール、連絡先、予定表、OneDrive、Docs.comと多彩なアプリがあります。
使用に当たっては、無料のMicrosoftアカウントが必要です。
Office for mac 2016と比べるといくつかの機能制限があります。

Open Office

Open Office

Open Officeは、アメリカのApacheソフトウェア財団が開発している無料のOfficeソフトです。
Microsoft Officeと同じようなソフト構成であり、インターフェース等も似せてあります。
ファイルも一定の互換性を有しており、古い形式であれば高い再現性がありますが、新しいMicrosoft Officeで作成したファイルの再現性はあまり高くないようです。
ですが、高い再現性を持つKINGSOFT Officeにはない数式ソフト等も含んでいるのが強みとしてあります。
また、LinuxやMacでも使用可能であるというのも大きなメリットです。
ワード、エクセル、パワーポイント以外のソフトを必要としている人におすすめできる選択肢でしょう。

Open Officeの構成
・Writer:ワープロソフト(Wordの互換ソフト)
・Calc:表計算ソフト(Excelの互換ソフト)
・Impress:プレゼンテーションソフト(PowerPointの互換ソフト)
・Draw:図形描画ソフト
・Base:データベースソフト
・Math:数式ソフト

まとめ

今回は、Macで無料Officeを使う3つの方法を見てみました。
1.Libre Officeを使う方法
2.Office Onlineを使う方法
3.Open Officeを使う方法
Macを使う時に、気になるであろうMacでの無料Officeが使えるのか?という疑問。
きちんとMacでも無料 Officeを使う3つの方法があるという事を知っていれば、どちらかを使ってMacでofficeファイルを閲覧・編集することはできるでしょう。
それでは、今回はこの辺で…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする