Windows 10意外と高い!安く購入する方法

SNSフォローボタン

フォローする

Windows 10意外と高い!安く購入する方法

「Windows 7」と「Windows 8.1 Update」ユーザーは無料で「Windows 10」へアップグレードできますが、新規で購入すると意外に高い!数万円するWindows 10正規品を格安で購入する方法を紹介します。


Windows 10へアップグレードする必要性

Windows10には、従来のWindows OSから強化された機能や追加された新機能がいくつかあります。

最新のサービス提供を受けることができる

セキュリティの面で、最新のOSとして脆弱性の対策がおこなわれる安心感があります。

Windows10へアップグレードすることによって、Windows 7と8の延長サポートの期限を回避することができますので、今のPCをできるだけ長く使いたいという方にもWindows10へのアップグレードはメリットのある選択肢です。

スタートボタンが進化して復活

Windows 10は、Windows 7のスタートボタンと8のスタートメニューの両方を持ち合わせた使い勝手、およびブラッシュアップした操作感やUIを備えており、旧OSユーザーも移行後の違和感が少なく、さらに快適に使えるようになっているとした。

新ブラウザ「Edge」が使える

Windows 10には、新しいブラウザ「Edge」が追加されました。Internet Explorerと比べてシンプルなデザインとなっているほか、Webページに手書きでメモを書きこむことができる「Webノート機能」が備えられています。

Windows 10ではMicrosoft Edgeが既定のブラウザとなっていますが、従来からあるInternet Explorerも用意されていますので、使い慣れたInternet Explorerを引き続き利用することもできるようになっています。

この他、Cortana(コルタナ)、仮想デスクトップ機能、アクションセンターが追加されたというように、多くの機能が備えられています。

Windows 10意外と高い

Microsoft Store Japanでは、Windows 10 Homeが19,008円、Windows 10 Proが27,864円で発売されているので驚きました。大変高いでしょう。

アマゾンでは、Microsoft Storeより安く買えます。しかし、ここでの価格は毎日のように変動するため、最安値から大きく外れた価格になっていることもあります。
調べてみたところ、Windows 10 HomeとWindows 10 Proは1万三千円から3万円まで、店によって価格が別々です。

このように、値段で躊躇しました。なるべく安く導入したいですが……

Windows 10を安く買える方法

Windows 10を激安で買えるかなと思ってネットショップから調べてみると。Microsoft Windows 10 Pro日本語 OEM版(紙パッケージ)を10,500円で発売されている店があります。

Microsoft Dell OEM版正規品
新規インストールが可能
永続ライセンスの紙パッケージ
32bit/64bitインストール可能
1台のコンピューターのみ

安すぎるので、インストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

インストール方法について、Windows 10 proのダウンロードとインストール方法をご参照ください。

これで、意外と高いWindows 10 を激安く手に入れました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする