格安価格で買ったOffice2016は無事にインストールできました

SNSフォローボタン

フォローする

格安価格で買ったOffice2016は無事にインストールできました

マイクロソフトの複数の購入タイプから利用コストを比較して、買い切り型のライセンス「Microsoft Office Professional Plus 2016」を格安価格で購入しました。値段が安いので不安 でしたが、無事にインストールできたので実際の使用感についてレポートした。




Microsoft Office Professional Plus 2016 とは?

Microsoft Office Professional Plus 2016 は永続ライセンスです。一度購入するとマイクロソフトのサポートが終了まで利用できるOfficeのことです。この製品はプロダクトキーをご購入いただき、MicrosoftのOffice.comから直接インストールを行う製品です。


また、OfficeのすべてのソフトWord, Excel,Outlook, Powerpoint, OneNote,Access, Publisherを搭載しており、特にAccess, OneNote, Publisherという3つのソフトを使いたい方におすすめです。


Microsoft Office Professional Plus 2016 のプロダクトキーを取得すると、2台のWindowsにOfficeをインストールすることができます。


Microsoft Office 2016 のプロタクトキーを購入からインストールまで

先日頂きましたプロダクトキーライセンスは無事に 成功しました。Microsoft Office 2016は、直接マイクロソフトのページから購入もできるのですが、価格を調べたところ、ネットショップ「Microsoft office (オフィス2016)価格の通販ショップ」からダウンロード購入するのが最も安く購入できるようです。


プロダクトキーを購入すると、「Microsoft office (オフィス2016)価格の通販ショップ」からダウンロードリンクとプロダクトキーの案内メールが送られてきますので、そのメールの中のリンクからマイクロソフトのダウンロードページに移動して、インストールすることができます。




次に、ダウンロードリンク(www.office.com/setup )をクリックして、Office インストール用の Microsoft アカウント、パスワードを入力してサインインします。


Microsoft アカウントを持っていないと「Microsoft Office Professional Plus 2016」は利用できないので、まだ持っていない場合はアカウントの作成ページから事前に利用登録(無料)する必要があります。




そして、Office 2016のプロダクトキーを入力後、国と地域を選択する画面が表示されるので、「日本語」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。




office professional plus 2016 は32bitと 64bit を選択することができます。64 ビット版をインストールしたい場合プルダウン メニューから「日本語」を選択して「追加のインストール オプション」をクリックします。


Office 2016をダウンロードするには、互換性の問題などから64ビット版よりも32ビット版の選択をオススメします。


インストーラがダウンロードされたら、メッセージが表示されますので「実行」をクリックして、インストールを実行します。




インストールが開始されます。




インストールが完了すると下図のダイアログウィンドウが表示されます。[閉じる]ボタンを押してインストーラーを終了します。




以上でインストールが完了しました。


最後に ライセンス認証確認

Office アプリケーションを起動してみます。Word 2016を起動し、「ファイル」→「アカウント」の順にクリックします。




というわけで、軽くoffice professional plus 2016 を触ってみましたが、導入は非常に簡単で、インストールされたWordやExcelも通常のパッケージ版と変わりなく利用することができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする