最新Officeを15台まで使用可能なOffice 365を購入とインストール方法

SNSフォローボタン

フォローする

最新Officeを15台まで使用可能なOffice 365を購入とインストール方法

Office 365 Solo は Office を2台までインストール可能ですが3台以上のPCでMicrosoft Officeを導入するにはどうするでしょう?Office 365 Home Premiumは、常に最新版のOfficeを1ユーザーでPC、 Mac、スマート デバイス 各種5台で最大15台まで利用可能です。

Office 365 Home Premium 5台パック


マイクロソフト社は毎3年、どんどん新しいOfficeを作り出し、セキュリティと更新問題でバージョンアップを促します。
私自身も、パソコンを使い始めてから、何度かバージョンアップをすることが出てきました。
そうなると、古いバージョンのオフィスソフトがそのまま放置することになります!


使うならともかく、使わないのに持っていてもしかたありません。このままだと、どんどん使わないオフィスソフトが増えてしまうことになりかねないので、今回は、Office365という新しいオフィスの利用形態を契約してみることにしました。


今回は、パソコン5台にOfficeをインストールことになり、「Office 365 Home Premium 5台パック」中国輸入版 Office365を購入してインストールしてみました。


Office 365は常に最新のバージョンのOfficeを使える


Office 365は、常に最新のOfficeを中心に、ビジネスで必要なメール、ファイル共有、 Web 会議、必要なグループウェア機能をオールインワンで提供するクラウドサービス です。
また、マイクロソフト社が開発しているサービスということもあり、知名度がある分だけ信頼感もあります。


Office2013以降はDVDがパッケージに付属せず、メールでIDとパスワードだけを送るので再インストールできないかと不安になると思います。

でも、大丈夫です!

Office365サインインする場所にそのIDとパスワードを入力すればインストールできます。
なので、再インストールが必要になった時のために控えておきたいのは、マイクロソフトアカウントのメールアドレスとパスワードの組み合わせをちゃんと控えておくといいです。

Office365では、PC・Mac、で常に最新のオフィス利用できるだけでなく、iPadなどのタブレットにも対応しています。タブレットも利用しているなら、この機会にオフィス利用してみましょう。

Office 365 Home Premium を日本で購入する方法


ここではOffice 365 Home Premiumを、ネットショップで購入する方法をお伝えいたします。
ネットショップからOffice 365 Home Premiumのプロダクトキーが記載されているカードが入っている「パッケージ版」を購入します。



インストール手順


1.マイクロソフトアカウントにログイン

マイクロソフトホームページへアクセスし、サブスクリプションを登録したアカウントでログインアカウントメニューを開き、「アカウントを表示」を選択し、
サブスクリプションメニューの「office 365 設定」をクリックします。


2.日本語でインストールする手順

中国版のOffice 365 Home Premiumでサブスクリプションを登録した場合、デフォルトの言語が中国語になっています。その為、インストール時のオプションで「日本語」を選択する必要がありますが、少し分かりづらいため手順を確認していきます。


1.まずは「インストール」を選択します。

インストール

2.「言語とインストールのオプション」を選択。


このままインストールをしてしまうと中国語になってしまうため、ここで日本語をインストールする為のオプションを選択していきます。



日本語をインストール

3.「追加のインストールオプション」を選択


インストールしたいバージョン及びbit数の選択は追加オプションの中にあります。



バージョン

4.言語とバージョンを選択して「インストール」を選択


言語は「日本語」を選択、バージョンは32bitや64bit及びOffice2013等の選択が出来ますので、任意の物を選択してください。


インストールをクリックするとセットアップファイルがダウンロードされます。




5.セットアップファイルからインストール


セットアップファイルを実行して、表示される手順に従いましょう。Officeは容量が多く時間がかかるのでしばらく待ちましょう。





6.Officeインストール中の画面で暫く待てばインストール完了となります。





使用感


これまではOfficeを使うPCごとに製品を購入する必要がありましたが、「Office 365 Home Premium」なら1ユーザー5台までOfficeをインストールすることができるので、会社や家のPCやタブレットなどにインストールして効率よく業務をすることが可能です。


Office 365 Soloに比べるとインストール台数が多いのはメリット、商用利用不可というのはデメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする