あなたの購入したいOffice 2016を通常販売より1/3の価格で入手

SNSフォローボタン

フォローする

あなたの購入したいOffice 2016を通常販売より1/3の価格で入手

最新版の Office 2016 をとにかく安く購入したい場合はこの方法が一番!通常の販売よりも約1 /3は安くなるマイクロソフトの Office 2016!


Microsoft Office Professional Plus 2016Microsoft Office Professional Plus 2016
Windows 最大 2 台でご利用いただける永続ライセンス。
値段は \ 10,600 税込・Word、Excel 、Outlook、PowerPoint 、OneNote、Publisher、Access を搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。



『せっかくだから一番安く、でも自分に必要なプランにしたい!』そのためには以下のチェックポイントをしっかり見分ける必要があります。

Office 2016 購入に関するご注意点

マイクロソフトOfficeを使うにはどれを選んだらいいのか迷いますよね。そこでどの MSOfficeを選んだらいいのか特徴を元に紹介します。販売形態の値段だけではなく特徴も 掴んで格安Office 2016 を選びましょう。


現行のMicrosoft officeでは、Office 365とOffice 2016、2つの導入形態があり、支払う金額が大きく変わってくるんです。


Office 2016なんてどれを選んでも同じじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、実はお支払い方法やOffice自体のアプリケーションが違ったり、利用できる期間の制限があるライセンスと無いライセンスなど利用する用途によって選ぶべきOffice 2016の種類も変わってきます。


Office 2016で利用したいアプリは何か整理する
金額だけでなく、インストール台数とバージョンも考える
毎月のコストと最初に一括払いにかかる費用を比較する



これらをきちんと考えて格安Office 2016を選ぶと自分にピッタリ。かつ、一番安いOffice 2016を選ぶことができます!


Office 365 と Office 2016 の違い

Office 365 サブスクリプション版では、「Office 365 Solo」が個人向け販売の主な形となっています。ライセンスの支払方法が「月額または年額課金」となり、月ごとまたは年ごとに支払が発生します。


使用できるアプリケーションはOffice 2016 バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook などのフル機能。さらに、「Office 365 サービス」という名称で、下記の4つのサービスをサブスクリプション契約期間中に利用できます。


Office 365 サービス

1 TB 追加容量 OneDrive

2 台のタブレット端末への Office アプリのインストール

毎月 60 分の Skype 世界通話プラン

Office テクニカルサポート (Answer Desk サポート エキスパートによる 1 対 1 のサポート)



「Office 365 Solo」は、Microsoft社のサイトからOfficeをダウンロードしてパソコンにインストールして、サブスクリプション契約を継続すれば、いつでも最新バージョンのOffice を利用できます。


これに対して、Office 2016は、オフィスソフトの料金を一括払いして、Microsoft社のサイトからOfficeをダウンロードしてパソコンにインストールします。


永続ライセンスとして、永久的に使えますが次期のバージョンにアップグレードできません。Office 2016のラインナップは


Office Personal 2016

Office Home and Business 2016

Office Professional 2016

と三つに分けれる。


Office2013からOffice2016へ無料アップグレード

Office Premium、Office365の契約している方は2015年9月23日からOffice2016へ無料でアップグレード できます。


一般ユーザーの場合、Office 2016 へのアップグレードが可能なのは、Office 365 Solo / Premium などの Office 365 製品を使用していて、Office 365 サブスクリプションの契約をしている場合に無償でアップグレードができます。


パッケージ版の Office 2013 および以前のバージョンの Office などをお使いの場合は、アップグレード対象にはなっていませんので、Office 365 solo を購入してアップグレードするか、または Office 2016 を別途直接購入が必要となってきます。


通常販売より1/3の価格で入手方法

Microsoft Office2016が、ヤフオクとオンラインショップ出品されることもあるので、こまめに探してみましょう。出品されているMicrosoft Office2016は、様々な形態のものがあり、購入時に詳細を確認するものをお勧めします。

windows版、Word、Excel、PowerPoint、Outlook だけで十分という方にオススメ。


Office 2016 mac を安く購入できる

いかがだったでしょうか。



Net Office Nakai

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする