Office Premium プラス Office 365 サービスの紹介

SNSフォローボタン

フォローする

Office Premium プラス Office 365 サービスの紹介Office Premium とは、常に最新のOffice を永久に無料で使えるに加えて、1 年間無料で使える Office 365 サービスが付加されています。今は、Office 2016 をPC だけでなく、タブレットやスマートフォン でも利用できます。

office-premium

Office Premium プラスOffice 365 サービス

Office Premiumはソフト本体の販売(PC付属)と利用権の販売がセットになっています。その利用権「 Office 365サービス」が最初の1年は無料なので最新版が登場しても無料でバージョンアップができる。追加料金なしで常に最新版を利用できるわけだ。

ソフト本体とは?

Word や Excel などのアプリケーションを言います。

PowerPointを始めとするアプリケーションの有無によって複数種類がある。

office-premium%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

一般的には、高い値段の高性能なPCほどより良いエディションが搭載されていることが多いので、PCを購入する際には値段だけではなく、中身に関してもチェックされたい。

Office Premiumは、Word や Excel などのアプリケーションを常に最新バージョンで使うことができるので、バージョンが変わるたびに Office を買い替える必要がありません。

利用権の販売とは?

「 Office 365サービス」を言います。

Office 365サービスとは以下のサービスです。

・ OneDriveの容量を1TBに増量
・ 60分/月のSkype無料通話
・ iOS / Android版Officeの商用利用権

1年経つと、利用権であるOffice 365のサービス部分が有料になります。それも継続したいならSoloへ移行する必要がある。
Plemiumの場合、Officeのソフト本体はPC付属で買っていますので、Office365の更新料を払わなくても、そのまま使えます。最新版にアップグレードする事もできます。また、マイクロソフト・アカウントには、無料で使える基本サービス部分があります。OneDrive1TBなどのサービスが必要なければ、Office 365の更新料を払う必要はありません。
Office 365サービスを更新しないと機能は制限されていますが、無料で使えるOfficeが出てきています。iPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットで使えるアプリがあります。簡単なファイルなら、これらでも十分利用できます。

プレインストールされたPCでのみ使用できる

Office PremiumはPCにプレインストール(PCメーカーがあらかじめインストール)されて販売されるマイクロソフトOfficeです。

オフィスソフトは購入したパソコンに紐づけられている。つまり無料でバージョンアップし続けられるのは、あくまでもそのパソコンを使っている間に限られる。

利用中のパソコンが壊れて使えなくなったり、パソコンを手放した場合は当然ながら利用できなくなる。

PCが古く、買い替えも考えている方にオススメ

永続ライセンス版とは数万円で「買い切る」タイプのマイクロソフトOfficeです。購入した後、サポートが終了まで利用できます。しかし、バージョンアップはできません。

Office Premiumはパソコンに紐づけられている永遠ライセンスです。しかも、プリインストールされたPCを使い続ける限りは、無償で最新Officeを使い続けられるライセンスとなっている。よって、Office 2013になっていても、2016に無償でアップグレード出来る。更に、2016であってもそのPCが壊れない限り継続的な機能追加を受けられる。

ということで、Office Premiumは新規パソコンを購入する方に圧倒的にオススメです。

さいごに , Office 2016 を安く買える方法を教えます

Officeソフトはあまり使わないので、Officeを省いてパソコンを安く買いたいという人もいる。そんな方にOffice 2016を安く買える方法を教えます。

ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店などで購入することもできますが、価格的にメリットがありませんのであまりおすすめはしていません。

自分が安く購入したOffice Home & Business Premium プラス Office 365を紹介します。

利用できる機能は次の通りです。

• 1年間限定で、Office 365サービスが付属。
• 永続ライセンスのダウンロード版です。
• PC1台/1ライセンス Windows版。
• 常に最新バージョンに無料でアップグレード可能。
• Microsoft正規品OEM版。
• Office Premium は日本語のみでの提供となります。

しかも、12000円かかります。いかがでしょうか。

知らなければ最悪の場合、Office Professional 2016(約6万円分!!)を損してしまうかもしれない情報をまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする