Macで使える3種類のOffice Mac 2016の特徴と価格を比較してみよう

SNSフォローボタン

Macで使える3種類のOffice Mac 2016の特徴と価格を比較してみよう

Mac 用にデザインされたOffice for Mac 2016の価格が高いので、適切なMac Office選びはMac ユーザーにとってまさに死活問題。そこで今回は、Office Home & Studentfor MacとBusiness、Office 365という3種類のMac Officeの特徴と価格を比較してみました。


Office 2016 for Mac


今回は、Mac Officeを永続ライセンスとサブスクリプション版という2つのポイントで、順番に見て行くことにしましょう。

1. Office Home & Studentfor MacとOffice Home & Business Mac何が違うのか?
2.「Office 365 Solo」とMac Office永続ライセンスのどれがお得なのか?

結論を先に言えばOffice Home & Business 2016 for Mac」がお得です。


「Office Home & Student 2016 for Mac」と「Office Home & Business 2016 for Mac」の違い

永続ライセンスという形の「Office for Mac 2016」は、Home & Student 2016 for MacとHome & Business 2016 for Macの2種類があります。両者を機能、価格面で比較して違いを見る。さらに、Office 365 Soloとの比較。

Home & Student Home & Business Office 365 Solo
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
商用利用
インストール台数 Mac 2台 Mac 2台 Mac/PC 2台
Windows版
バージョンアップ
OneDrive 5GB 5GB 1TB
価格 24,419円 35,705円

12,744円(1年間)

1,274円(1ヶ月間)



Office Home & Student 2016 for Mac

メリット

Home & StudentはHome & Businessに比べて1万円以上安く購入できます。

デメリット

商用利用できない。
Outlookが使えない。


Office Home & Business 2016 for Mac

メリット

商用利用できます。
Outlookが使えます。
Outlookは企業で使われるExchange Serverのクライアントソフトです。
仕事以外の個人で使うようなソフトではないため、商用利用不可のHome & Studentに含まれないのは当然といえば当然です。

デメリット

35,705円は高いと思います。


「Office 365 Solo」のメリット&デメリット

メリット

  • いつでも最新版の Office が利用できます。
  • リリースされている全ての Office アプリが利用できます。
  • 毎月60分間ぶんのSkype通話が無料です。
  • OneDrive の容量が 1TB になります。

デメリット

  • 年額制なので毎年約12,000円の支払いが発生します。

なぜ Home & Business 2016 for Mac を選んだのか?

前項メリット&デメリットを見ても、365 Solo の方が得なように感じます。ではなぜぼくは Business 2016 for Mac の方を選んだのでしょうか?
理由は、365 Solo と 2016 for Mac の価格を天秤にかけた結果からです。
5年間でかかる費用を合計で比較してみる。

年数 Home & Student Home & Business Office 365 Solo
1年目 24,419円 35,705円 12,744円
2年目 24,419円 35,705円 25,488円
3年目 24,419円 35,705円 38,232円
4年目 24,419円 35,705円 50,976円
5年目 24,419円 35,705円 63,720円


機能面で考えると商用利用できる Home & Business 2016 for Mac か365 Soloのどちらかを選びます。
価格面で考えるとHome & Business 2016 for Mac がお得になる。
2016 for Mac、サポート期限の2025年まで使うことができます。今が2017年なので、概ね8年間使うことができます。
付け加えて、ぼくは 2016バージョンのままでかまわないし、OneDriveの容量はすでに40GBも使えるので十分です。したがって Home & Business 2016 for Mac で十分ですから、ぼくの Office 利用料金は買い切りで「8年間の利用=35,705円」ということになります。


Office 365 Solo の場合は、年額約12,000円かかります。様々なメリットはありますが、2016と価格面で比べると「8年間x12,000円=96,000円」ということになります。
2017年現在まで Office 2007 を使い続けて問題も無く十分だったことを考えれば、おそらく Home & Business 2016 for Mac をサポート期限め一杯使ったとしても絶対に問題は無いと思うんです!!
たとえ、全部の Office 製品を使えたとしても用途が限られていますし、やはり 365 Solo で8年間、約96,000円を支払うのは結構もったいないかな・・・という考えに至り、ぼくは価格と必要性の2点を鑑みて Home & Business 2016 for Mac を選んだというわけです。

Office 2016 for Mac はネットショップで買うのが割引率が高くて一番お得

Office Mac 2016 は家電店や本家Microsoftサイトから購入するよりも、ネットショップで購入したほうが割引率が良くてお得です。具体的には、ネットショップからの購入は3分の1くらいが得になります!!
例えば、Microsoft公式サイトや家電量販店だと、Home & Business 2016 for Macl は「35,705円(税込)」ですが、ネットショップだと「12,050円(税込)」となります。
どうせインターネットからのダウンロードになるのですからネットショップで購入したほうが得ですね!!