Office Mac 2016の購入方法まとめ

SNSフォローボタン

フォローする

Office Mac 2016の購入方法まとめ

Office Mac 2016の正規品を手軽に購入できます。複数のMac版Office のなかで格安価格で販売されているのはMicrosoft Home & Business 2016 for Mac です。



Office for Mac

Office Mac 2016 の購入方法は?

MacでOffice 2016を使うには、従来のパッケージ版(永続ライセンスのOffice Mac 2016)とOffice 365というサブスクリプション版があります。さらに、永続ライセンスのOffice Mac 2016にも、二つのプランがあり、使える機能と購入価格は異なります。



Office 2016

Office Mac 2016永続ライセンスの種類

「Office Home & Student 2016 for Mac」と「Office Home & Business 2016 for Mac」の2種類があります。パッケージ版とありますが、DVDなどの媒体販売はなく、ライセンスキーが書かれたPOSAカードに変わり、ダウンロードのみです。

Office Home & Student 2016 for Mac

office-home-student-2016-for-mac

● ご家庭で使用する方向け (1 ライセンスにつき Mac 2 台まで)
● OneDrive でクラウドにファイルを保存
● オンラインでドキュメントを共有、リアルタイムに編集
● 統一された操作性でシンプルに使いやすく

Office Home & Student 2016 for Macのソフトは、Microsoft PowerPoint 15 for Mac、Microsoft Word 15 for Mac、Microsoft Excel 15 for Mac、Microsoft OneNote 15 for Macを、Mac 2 台までインストールして利用可能です。

家庭用の「Office Home & Student 2016 for Mac」は23,800円で販売されています。

Office Home & Business 2016 for Mac

office-home-business-2016-for-mac

● ご家庭とビジネスの両方で使用する方に最適 (1 ライセンスにつき Mac 2 台まで)
● OneDrive でクラウドにファイルを保存
● オンラインでドキュメントを共有、リアルタイムに編集
● 統一された操作性でシンプルに使いやすく

Office Home & Business 2016 for Macのソフトは、Microsoft PowerPoint 15 for Mac、Microsoft Word 15 for Mac、Microsoft Excel 15 for Mac、Microsoft OneNote 15 for Macに加え、Microsoft Outlook 15 for Macを、Mac2台までインストールして利用可能です。

家庭用またはビジネス用の「Office Home & Business 2016 for Mac」は34,800円で販売されています。
購入方法は、どちらも店頭(コードのみを購入後ネットでダウンロード)、またはネットとなります。ネットではマイクロソフトからも直販されていますが、Amazonの方がなぜか安いのでこちらがおすすめです。

Office 365 サブスクリプション版

Office 365は個人・一般家庭向けのsoloが存在する。soloは、Windows版・Mac版両方合わせて最大2台までインストールできます。

Office 365 Solo

Word や Excel などのアプリケーションを常に最新バージョンでお使いいただけます。また、最大 2 台の Windows PC または Mac と 2 台のタブレット、2 台のスマートフォンに Office をインストールできるほか、あなたのやりたいことをサポートするさまざまなサービスが利用できるようになりました。さらに、大容量のオンライン ストレージ サービスを利用すれば、作成したドキュメントを自宅の PC に保存するのと変わらない感覚でクラウドに保存。外出先でタブレットを使って編集の続きを行うなど、自由に、スマートに Office を使いこなすことができます。 そして、Skype から世界 60 以上の国と地域への通話 が毎月 60 分無料になるので、月々の通話料の節約にも役立ちます。

Office 365 Solo の特徴

Home and StudentやHome and Businessは1度購入すればその後の費用はかかりません。それに対し、Office 365 Soloは毎年12,107円を支払う必要があります。3年後には新しいバージョンのOfficeが提供されるかもしれません。Office 365 Solo であれば新しいバージョンのOfficeが出ても無料でバージョンアップできます。しかし、Home and Businessだったらまた新しく買わなければならないのです。

1TBのオンラインストレージが使える

オンラインストレージであるOneDriveは、Microsoft Office 365では1TB、パッケージ版では15TBのアクセス権が付属します。OneDriveは、Windowsのほか、Mac用のアプリも用意されています。

すべてのオフィスアプリが使える

永続ライセンス版のOfficeはエディション(Home and StudentとかPersonalとか)によって使えるオフィスアプリに制限があります。
Office 365 Solo ではすべてのオフィスアプリが使えます。

Widows版との互換性

Office 2011はWindows版の2007・2010との互換性を重視した製品でしたが、それでもレイアウトの崩れや機能の差が生じていました。
今回のOffice2016ではかなりの最適が施され、Windows版の2007・2010はおろか、2013と比べてもほぼ問題のないレベルに到達しているといえそうです。

また、インターフェースもWindows版の2013と近くなり、違和感がありません。職場でWindows、家ではマックという方でも違和感を感じることなく、作業を行うことができるようになりました。

常に最新のOfficeが使える

Office 365 Soloでは、つねに最新のプログラムが提供されます。現在の最新バージョンはOffice 2016ですが、将来、バージョンアップした際にも、毎月の料金を支払っていれば新しいOfficeが提供されます。また、細かいプログラムの修正も自動的に行われるので、これまでのようにユーザーは自分で更新をしなくてもよくなります。

最後に

Office2016 for Macを使いたい方に次のようにまとめて説明します。

・これからマックでMicrosoft Officeが必要な方

・新しいもの好きの方

・既に「Microsoft Office 365」を使ってOffice2011を導入している方はOffice2016へ無料アップレードできます。

・職場がWindowsのOffice2013で、家のマックのOffice2011に違和感を感じる方にOffice 365をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする