Office の購入に悩んでるの?Office 2016の入手価格を抑える方法

SNSフォローボタン

フォローする

Office の購入に悩んでるの?Office 2016の入手価格を抑える方法

事務仕事に欠かせない Office ソフトは高いだけでなく、導入種類も多く、自分にとって最適なプランを選ぶのも難しい。さて、あらかじめOffice 2016の機能と価格を分かっていれば購入コストを節約できる。



Office2016購入

マイクロソフトオフィスは、Office 2016パッケージ版(POSA/ダウンロード版)とOffice 365サブスクリプション版という専門用語が多かったり、そもそもどんなOfficeがあるのかもよく分からない。さらに、どちらの価格を見ても高いというイメージがあり、少しでも安いところを選びたいと、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


というわけで今回は、そんなあなたが後から「こっちに入れば良かった!」と後悔することのないように、本当に安いOffice 2016を紹介します。


Office 2016 の価格

かつてのパッケージ版と同じ永久に使える永続ライセンスです。買い切り型なので一括払いしてライセンスを購入します。3つのエディションがあり、価格は3-6万円です。WIN版を購入するとパソコンに2台までインストールできます。Mac版Office 2016を購入するとMacに2台までインストールできます。


Office 2016

価格と機能について比較。


Office Personal 2016

Word 、Excel、Outlookのアプリを利用できる。価格は ¥32.184円。1本のソフト(1ユーザー様) につき2ライセンスとなりますので、最大で同時に2台まで インストールと認証を行いお使いいただくことが可能。


Office Home and Business 2016

Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、One Note のアプリを利用できる。価格は¥37.584円。2台のパソコンにインストール可能。Office Personal 2016よりPowerPoint 、One Noteアプリが多いですが、価格も5400円高いね。


Office Professional 2016

Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、One Note、Access 、Publisherのアプリを利用できる。価格は ¥64.584円。2台のパソコンにインストール可能。


これは、すべてのオフィスアプリを利用できますが、価格は高いと思わない?


私は、Word 、Excelだけ使ったら十分とOffice Personal 2016を購入しようと思いますが、万が一、PowerPoint 、Accessが必要になれば困るでしょう。

家庭向けOffice 365の価格

Office 365は個人・一般家庭向けのsoloと法人向けと言いつつ一般利用も出来るBusinessが存在する。両者の機能と価格を比較してみましょう。

Office 365 Solo

office 365 solo
Office 365 の特徴


・2台までのMacかWindowsで使える
・常に最新のOfficeが使える
・すべてのオフィスアプリが使える
・1TBのオンラインストレージが使える
・Office買い替え費用はもういらない


「Office 365 Solo」は、Office 2016と同様に、Microsoft社のサイトからOfficeをダウンロードしてパソコンにインストールする形態。


気になる契約課金(税込み)ですが、月額で\1,274、年額で\12,744です。年額の方が2,544円分お得ね。


なお、2ライセンスの契約となり、Windowsだけでなく、Macのライセンスも含まれている。したがって、2台のWindowsパソコンにインストールしたり、1台のWindowsパソコンと1台のMacにインストールしたりと、2ライセンス分を自由に組み合わせることが可能。

Office365 Business

Office 365 Businessは基本的には法人(個人事業主含む)での利用を想定したプラン。なので、個人・家庭用のOffice 365 soloとは違う部分が結構ある。


Office 365 Businessは年額10800(税抜)ですので、Soloより若干安い。


最新版のOffice(2015年10月時点ではOffice2016)が利用可能な点は同じだが、利用可能なアプリケーションには違いがあり、soloはAccessが利用出来るが、Businessは利用出来ない。


OneDirveについては扱いは同じだが、OneDriveとOneDrive for Businessとサービス名と機能が微妙に違う。


インストール可能台数は2台と5台で大きく異なっており、3台以上のPC・Macを使用している場合、Office 365 Businessが圧倒的にお勧めとなる。


Office Premium

今まで紹介したOffice 2016の価格はパッケージ版とoffice365の価格。


Office Premiumは、パッケージ版のメリットとOffice365のメリットを融合させたまったく新しいタイプ のOffice。


永続ライセンスとして利用できる上、常に最新のオフィスを利用できる。


• 1年間限定で、Office 365サービスが付属。

• 永続ライセンスのダウンロード版。

• PC1台/1ライセンス Windows版。

• 常に最新バージョンに無料でアップグレード可能。

• Microsoft正規品OEM版。

• Office Premium は日本語のみでの提供。

さらに、価格は¥ 12,000 お得な値段で利用できる。

永遠ライセンスと常に最新のOfficeを使えるで、office home&Business Premium はこれからも安心して安く使えそう!

最後に

いかがでしょうか? いや〜いろいろなOffice 2016を購入方法がありますね。
種類は多いですがこれらの機能を理解して、自分のOfficeを使う範囲の中から選ぶと勿体無いお金を払わず、最適な価格で購入できる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする