Office for Mac 2011 を完全にアンインストールする方法

SNSフォローボタン

フォローする

Office for Mac 2011 を完全にアンインストールする方法

Mac 版の Microsoft Office 2016 を買いました。
Office for Mac 2011を使っていましたが、サポートがすでに終了したため、危険性を考えてOffice 2016 for Mac を買いました


また、Mac 版の Office 2016 は、新規購入でも結構安いというのも、購入動機のひとつです。( Office Home and Business 2016 for Mac (PC2台/1ライセンス) が 12,050円 税込)


さて、Microsoft Office 2016をインストールにあたり、Microsoft Office 2011 と同じパソコンに共存できないことがちょっと気になる、そのため、事前にアンインストールの方法を調べておくことにしました。


まず見つかったのが、Microsoft のこのサポート情報。画像付きで分かりやすいです。

Office for Mac 2011 をアンインストールする方法



でも、ここに書かれている方法は、
[アプリケーション] フォルダーをクリックし、[Microsoft Office 2011] フォルダーを [ゴミ箱] にドラッグ アンド ドロップします。

これだけでは完全にアンインストールできているの?
これじゃ、どう考えても、大量にインストールされるフォントなどは残っちゃいますよね…。

…と思ったら、これとは別にサポート情報が存在していました。
こちらが本命ですね。

Microsoft Office for Mac 2011 を完全に削除する方法

これによると、以下のフォルダやファイルを削除すればよいようです。


・/Application/Microsoft Office 2011/
・/Library/Application Support/Microsoft/
・/Library/Fonts/Microsoft/
・/Library/Preferences/ 内の “com.microsoft.office.licensing.plist” ファイル
・/Library/Receipts/ 内の “Office2011_*” ファイル
・~/Library/Application Support/Microsoft/Office/
・~/Library/Preferences/ 内の “com.microsoft*” ファイル
・~/Library/Preferences/Office 2011/


これで、インストール後に何かトラブルが起きても安心(?)ですね。


最後に、ゴミ箱を空にする。


office for mac


ところで、Office for Mac 2011 をインストールしたら、Mac 版の Microsoft Office 2016 をインストール方法を参考して安全にインストールしました。


Office for Mac 2011 のサポートは、2017 年 10 月 10 日に終了しました 。すべての Office for Mac 2011 アプリを引き続きご利用になれます。ただし、深刻な問題を引き起こす可能性のあるセキュリティ リスクにさらされる可能性があります。最新機能、修正プログラム、およびセキュリティ更新プログラムをすべて最新の状態に維持できるように、新しいバージョンの Office にアップグレードしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする