今後Microsoft Office の主流になる使い方はOffice 365 購買型

SNSフォローボタン

フォローする

今後Microsoft Office の主流になる使い方はOffice 365 購買型

Office 365 はマイクロソフトが提供するサブスクリプション形式です。今後、Microsoft Office の利用方法は、従来のパッケージ版ではなく、1か月 1年単位でソフトウェアの権利を購入するOffice 365 が主流になっていくと思われます。


今まではパッケージ版やプレインストール版のMicrosoft Officeを使っていました。Office 365 は毎年(あるいは毎月)の課金支払うことで抵抗があったからです。毎月払い続けると高くなるのです。同感の方も多いのではないでしょうか。


しかし、Office 365は利用方法によっては従来のパッケージ版に比べてお得な場合があります。


例えば、Office 365なら常に最新バージョンのOffice を使えることで、マイクロソフト社が今年後半に提供すると発表したOffice 2019に無料バージョンアップできます。これだけで、新しいバージョンを購入するコストを低下し、数万円を節約できます。



office 365 価格

Office 365 の登場前、Microsoft Officeは永遠ライセンスのダウンロード版やパッケージ版などを販売していました。マイクロソフトは毎3年に新しいバージョンのOffice ソフトを更新してきました。


今、パソコンでよく使われているのは、Office 2010、Office 2013、Office 2016のバージョンです。Office 365 の利用形態はOffice 2013バージョンから提供されました。


Office 2013の時点でOffice 365を契約した方は、Office 2016に無料バージョンアップできるから嬉しいですね。逆に、永遠ライセンスのOffice 2013を利用した方は次期のバージョンアップに悩んだことあるでしょう。


今後、Office 365を契約して行けば、常に最新のバージョンを更新できるからバージョンアップに悩むことなくなります。



office 365 メリット

さらに、Office 365は、PC やMac、Windows タブレット、iPad® および Android™ タブレットなど、ほとんどのモバイル デバイスで、フルインストールした Office の機能を利用できます。1 ユーザーにつき、5 台の PC または Mac、5 台のタブレット (Windows、iPad、Android)、5 台のスマートフォンに Office をインストールできます。



office 365 インストール台数

OfficeはWindows、Mac版などPC用ソフトとして進化してきましたが、2014年3月にiPad版Officeが発表され、2015年1月にはAndroidタブレット版のOfficeがリリースされるなど、大きく状況が変わりました。


Office 365の登場は、MicrosoftがOfficeをマルチデバイス対応にして、iPad版Officeのリリースをしたことで、タブレットユーザーにおけるOfficeアプリの重要性を認識したことだろう。


Microsoftの戦略は、サブスクリプション版のOffice 365をOfficeビジネスの中心に据えるというものに変わっていきました。


Office 365 は、契約している限り、最新バージョンの Office に更新利用できるうえ、オンラインストレージ「OneDrive」を容量 1TB まで使え、「Skype」から電話回線への通話が毎月 60分無料になります。


今後、オフィスで働く人にとって必要不可欠なツールとして浸透しているMicrosoft Office を利用するにはOffice 365を使えばお得になるうえ、パッケージ版より優れた新機能も使えるように思われます。


今回、マイクロソフトオフィスの新しいバージョンのOffice 2019を使うことに備えてOffice 365を契約しておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする