Office 365 Solo は超お得!OneDrive 1 TBが入って年額12,984円!!

Office 365 Solo は超お得!OneDrive  1 TBが入って年額12,984円!!
Office 365 Solo は超お得!OneDrive 1 TBが入って年額12,984円!!

Office 365 Soloは サブスクリプション版 としてパッケージ版との一番大きな違いは、一括払いする必要なく、月額または年額料金を払えば、Microsoft Officeを使えるのが特徴です。

Office 365 Solo

Office 365 Solo とは?

Office 365 Soloは、常に最新バージョンの Word・Excel・PowerPoint・OneNote・Outlook・Publisher・Access が利用できるサブスクリプション版です。 Access/Publisherは、Windows PCのみ対応します。 サブスクリプション版のため、1か月毎、あるいは 1年毎に契約を更新する必要があります。

Office 365 Soloは、Windows PC/Mac/iOS/Android)に無制限インストールし、同時に5つのデバイスでサインインして利用できます。

下記のサービスも付いています。

  • 常に最新バージョンのOfficeを使える
  • OneDrive 1TB が無料
  • 1か月・60分間・Skype無料通話
  • Officeのテクニカルサポート(通常は有料)

常に最新バージョンのOfficeが使える

パッケージ版のOffice 2019は一度購入すると、そのままずっと利用することができます。 しかし、新しい製品が発売された場合、(2019を購入したが、新しく2022が発売された時など)新しい製品を使いたい場合は、最新バージョンのOfficeを買いなおす必要があります。

その点、 Office 365 Solo を購入した場合は、利用期間中はその時発売されている最新バージョンのOfficeを利用することができます。

Officeのテクニカルサポートとは?

電話サポートのことです。

起動できないなどのトラブルから、製品の使用方法まで、何が困ったことがある場合無料でサポートしてもらえます。

従来の製品では、電話サポートが付随されていない。もしくは、有料となります。

毎月60分間のSkype無料通話

Skype同士の通話については、どなたでも無料で利用できますが、自分がSkypeで相手が固定電話や携帯電話の場合は、本来は別途通話料が必要です。

しかし、Office 365 Soloの契約期間中は、これらに対しても、1か月60分まで通話料無料で利用できます。

OneDrive(ワンドライブ)とは?

マイクロソフトで提供しているクラウドサービスで、PC内部のストレージとインターネット上にもファイルが保存されているため、複数のパソコン、スマートフォンやタブレットでも同じファイルを閲覧、編集が可能となります。

マイクロソフトアカウントがあれば、5 GBまで無料で使えます。

有料版は50 GBから初めて料金を払います。1 TBの料金は1っか月1000円です。

そして、Office 365 Soloは1 TBの容量を無料で使えます。お得ね。

サブスクリプション版 のお支払い方法は?

Offile 365 Solo ページの「今すぐ購入」をクリックすると、Microsoftアカウントのサインインページが表示されるので、アカウントをお持ちでない方は画面右下の「新規登録」からアカウントを作成しましょう。アカウントを持っている方は Microsoftアカウントの「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「サインイン」しましょう。サインインすると「お支払い方法の選択」が表示されます。「クレジットカード」あるいは「PayPal」をクリックします。最後に「購入」をクリックします。

月額または年額料金を払うサブスクリプション型です。

  • 月額契約は1,284円
  • 年額契約は12,984円

1年間で契約すれば2っか月の料金を節約できます。

その他のOffice 365 製品の価格はこちら。

Office 価格
 
Office 価格
Office の価格といえば、世界中で広く使われて いるMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)の価格は代表だ。

上記のOffice 365 Soloの値段を高いと思っていますか?

実は、Office 365 Soloはクラウド1 TBと、Excel、Wordなど、Office 7製品の利用権もついてこの価格なので、断然おすすめですね。

もし、永続ライセンスのOffice 2019を購入した場合、一番安い製品を購入しても3万円以上です。 

しかも、新しい製品を使う場合、買い替えることもあり、1TB、Skype無料通話も使えません。

無料試用版と有料化をキャンセル設定方法

Excel、Wordを無料で試すなら サブスクリプション版 Office 365 Solo試用版がお勧めです。Microsoftアカウントを作成の中で支払い方法を設定する必要がありますが、お金がかからないように設定するのでご安心ください。

以下のリンクからOffice 365 Soloの試用版を利用するページにアクセスします。

1か月の無料期間を利用したお試しですが、支払い方法を設定する必要があります。後ほどお金がかからないように解約しますので、費用は発生しません。Microsoftにカード情報などを知られたくない場合は「PayPal」からの登録をオススメします。

契約プランが「定期請求」になっているため、1か月間の無料期間が経過すると費用が発生してしまいます。定期請求を解除することで、お金がかからないように設定しましょう。

引き続けて使わない方は、解約を忘れる可能性がありますので、Office 365 Solo 無料試用版の自動有料化ををキャンセルする方法を参考してください。

無料期間中であってもExcelやWordをはじめとして、PowerPoint・Outlook・Access・Publisherといったアプリケーションが、有料版と変わらずに利用可能です。

Office 365 Soloの無料期間が経過し、かつ有料版への移行を行わなかった場合は、ExcelやWordなど、これまで使っていたアプリケーションは機能制限モードとなって、新規ファイルの作成や編集ができなくなります。

タブレット操作も閲覧モードとなり、同様にファイルの編集ができません。One Driveにおいては先述したように、5 GBに減らすまで新たにファイルを新規追加が不可能です。

期間終了後にデータが突然消去されるといったことは現状ではありませんが、セキュリティや万が一を考えると、そのまま有料期間に移行しない場合は、期間終了前にバックアップを取ることをオススメします。

ダウンロードとインストール

最初にMicrosoftアカウントのページへアクセスしてOffice 365 Soloのダウンロードを行います。

マイクロソフトアカウントを作成して公式サイトよりダウンロードしてインストールします。

必要なもの

  • マイクロソフトアカウント
  • プロタクトキー
  • ネット環境

ネット環境のもとで、プロタクトキーとマイクロソフトアカウントをセットアップして指示通りクリックだけでインストールできます。簡単な作業なのでこちら紹介しません。

サブスクリプション版 の有効期限と更新・解約

Office 365 Soloをインストールする際に、自動更新を選択すれば毎年自動で料金が発生します。

有効期限が切れて自動で定期請求されるのが不安なら定期請求のスイッチを「無効」にします。更新しないとサブスクリプションの有効期限が終了すると使えなくなります。

サブスクリプション版の有効期限について以下の記事を参考してください。

自動更新をオフにすれば使い続けるには再更新する必要があります。

解約についてはいつでも解約できますが有効期限内に解約しても返金することがありません。

この記事ではOffice 365 Soloの購入方法から解約まで紹介しました。次回の記事でOffice 365 Businessを紹介して両者の違いも比較してみましょう。

Office 365カテゴリの最新記事