常に最新Officeを使うならサブスクリプション版のOffice 365がお得!

SNSフォローボタン

フォローする

常に最新Officeを使うならサブスクリプション版のOffice 365がお得!

Office 365 は、Microsoft から最新ツールを常にご提供するサブスクリプション サービスです。 従来の買取型のOffice との違いは、月単位または年単位でお支払い、新しいMicrosoft Officeが登場してもOfficeを買い替えることなく、無料更新できます。



office365

Office 365 と Office 2016 の違い

サブスクリプション版のOffice 365 とパッケージ版 Office 2016 の違いについて紹介していきます。


Office 365 は、Word、PowerPoint、Excel のような使い慣れたフル機能の Office アプリケーションの Office 2016 が含まれており、追加のオンライン ストレージ、継続的な技術サポート (追加料金なし) なども用意されています。今後のバージョンへ更新プログラムから簡単にバージョンアップができます。

または、1ユーザーあたり、Windows版、Mac版など最大15デバイスまで Office をインストールできる他、スマートフォン、タブレット向けの Office アプリ、1TバイトのOneDrive、Skype の無料通話サービスなどが利用できます。(マルチデバイス対応)


それに対して、Office 2016 は買取型のOffice としても販売されています。Windows版であれば2台のWindowsパソコン、Mac版であれば2台のMacにインストールできます。アップグレード オプションはありません。次期のバージョンを必要な場合、正規の価格で購入する必要があることを意味します。


Officeの価格の側面のみで比較すれば、買い取り型のOfficeの方が安いと感じますが、そういうわけでもありません。機能面で、比較してみれば、Office 365のOfficeの方がお得になるケースが多くあります。

Office 365 がお得な理由

新しい Office へのバージョンアップは無料で済ませる

マイクロソフトのオフィスは、3年毎にメジャーバージョンアップがあります。たとえば、今年年末で”Office 2019″ がリリースされた場合、買い換える必要なく更新プログラムから簡単にバージョンアップができます。

Officeをインストールするデバイスの台数が多い

Office 365なら1ライセンスあたり5台のPC(Macを含む)までインストールできます。従来の買取り型Officeは、1ユーザー2台までインストールできます。この台数でメリットが大きいです。

今日、皆にお勧めしたいのが、Office 365 Home Premium 1年 (Win & Mac 日本語)対応(PC5台/1ライセンス)輸入版です。

• 1ユーザあたり15台のPC(Win/Mac)
• 最新バージョンのアプリケーションにアップグレード可能
• 1TB OneDrive雲のストレージスペース続いて獲得・更新
• 日本語を含む世界各国の言語に対応
• iPad、Androidタブレット、iPhone、Android利用可能でも
• 「Microsoft Store」とは異なり、月額制はなし。1年版のみ

最安価格(税込):9800円/1年間

Office 365 solo(12,744円/1年間)、 Office 365 Business(11,664円/1年間)と比べると、機能がおおよそ同じであるのに、最安価格で購入できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする