まだ分かり辛いですか? Office2016とOffice365は違いだらけ

SNSフォローボタン

フォローする

まだ分かり辛いですか? Office2016とOffice365は違いだらけ

Office2016とOffice365の違いについて、まだ分かり辛いと思っている方が多いでしょう。
主な違いというと、やっぱり課金方法と機能にあるでしょう。



office365

Office2016とOffice365の違い

両者の課金方法と機能は購入に当たる2つの迷うポイントと思いまして、以下で、初心者の方でもわかるようにそれぞれに紹介していきます。

課金方法における異なる点

Office 365はサブスクリプション契約となり、月ごとまたは年ごとに支払が発生します。ただし、毎月の支払い金額は1000円くらいで年間13000円くらい必要です。(プランによって若干異なります。)

Office 2016は買い切り型でサポートが終了するまで(サポート終了期間は2026年)追加費用が発生しないため、購入ときの価格は高いです。3から6万円くらいかかります。(プランによって価格は異なります

ココで、悩むのはパッケージ版を3万円で購入すれば10年も使えますが、Office 365を購入して10年使用すると13万円かかってしまう。パッケージ版はお得と感じますね。

そしたら、Office 365はほんとに高いの?その利用できる機能を比較してみましょう。

機能における異なる点

Office 365では、1ユーザーは最大15デバイスまで最新版の Office をインストールできる他、スマートフォン、タブレット向けの Office アプリ、1TバイトのOneDrive、Skype の無料通話サービスなどが利用できます。(マルチデバイス対応)

Office 2016は、Windows版であれば2台のWindowsパソコン、Mac版であれば2台のMacにインストールできます。Microsoft社のオンラインストレージ「OneDrive」を15GB使用できるようになります。

課金方法を見て、Office2016を購入しようと思っていた方は、機能での違いを見てから、やっぱりOffice 365の方がいいと思うでしょう。

Office365がお得な理由

Office 365は、これまでのパッケージ版からクラウドサービスへと大きな進化を遂げました。

すなわち電子メール、予定表、オンラインストレージ、Webサイト構築、ビデオ会議といった、ビジネスに必要な機能をまとめて提供するようになりました。

比較によれば、 Office 365 を購入すれば、いつでもどこでも、使い慣れた最新の Microsoft Office と、信頼のおける、ビジネスに最適で管理しやすい IT サービスを利用することができます。メリットが多いと思います。

今日、皆にお勧めしたいのが、Office 365 Home Premium 1年 (Win & Mac 日本語)対応(PC5台/1ライセンス)輸入版です。

• 1ユーザあたり15台のPC(Win/Mac)
• 最新バージョンのアプリケーションにアップグレード可能
• 1TB OneDrive雲のストレージスペース続いて獲得・更新
• 日本語を含む世界各国の言語に対応
• iPad、Androidタブレット、iPhone、Android利用可能でも
• 「Microsoft Store」とは異なり、月額制はなし。1年版のみ

最安価格(税込):9800円/1年間

Office 365 solo(12,744円/1年間)、 Office 365 Business(11,664円/1年間)と比べると、機能がおおよそ同じであるのに、最安価格で購入できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする