Officeの購入に悩んでるの? Office 2019 の入手価格を抑える方法

Officeの購入に悩んでるの? Office 2019 の入手価格を抑える方法
Office の購入に悩んでるの?Office 2019 の入手価格を抑える方法

Office 2019 を購入したいが永続ライセンスの 価格 は高い!Office 2019を最も安く手に入れるおすすめの方法はあるでしょうか?ココは、Office 2019の価格、Office 365 soloとBusinessの価格を比較してみました。

Office 2019 の 価格

マイクロソフトオフィスは、Office 2019永続ライセンス(POSA/ダウンロード版)と Office 365 サブスクリプション版という専門用語が多かったり、そもそもどんなOfficeがあるのかもよく分からない。さらに、どちらの 価格 を見ても高いというイメージがあり、少しでも安いところを選びたいと、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

というわけで今回は、そんなあなたが後から「こっちに入れば良かった!」と後悔することのないように、本当に安いOffice 2019を紹介します。

Office 2019 の 価格

Office 2019 は、かつてのパッケージ版と同じ永久に使える永続ライセンスです。買い切り型なので一括払いしてOfficeライセンスを購入します。3つのエディションがあり、 値段は3-6万円です。WIN版Office 2019を購入するとパソコンに2台までインストールできます。Mac版Office 2019を購入するとMacに2台までインストールできます。

上記の3つのエディションの中でOffice Professional 2019は、法人向け、ビジネス向けの買い切り永続ライセンスで、Access 、Publisherを使えるのが特徴です。

Office Personal 2019 は個人向け製品であり、Office の基本ツールWord 、Excel、Outlookを含まれています。 値段 は安いのは特徴です。

そして、Office Home and Business 2019は、個人や法人向け製品です。ビジネスでよく使うPowerPoint が付いているのは特徴でしょう。

私は、Word 、Excelだけ使ったら十分とOffice Personal 2019を購入しようと思いますが、万が一、PowerPoint 、Accessが必要になれば困るでしょう。

そんな方に紹介したいのはOffice 365です。使いたい時に一か月、1年で契約できます。

家庭向け Office 365 の 価格

Office 365は個人・一般家庭向けのsoloと法人向けと言いつつ一般利用も出来るBusinessが存在する。両者の機能と価格を比較してみましょう。

Office 365 Solo

Office 365 Solo は、マイクロソフトOffice 365の個人向け製品です。

Office 365 Soloは、Office 2019と同様に、Microsoft社のサイトからOfficeをダウンロードしてパソコンにインストールする形態。

気になる契約課金(税込み)ですが、月額で\1,274、年額で\12,744です。年額の方が2,544円分お得ね。

Office 365 Soloの最大のメリットは、新しいバージョンがリリースされたら、無料で更新できることです。つねにOfficeの最新バージョンが利用できるので、サポートが終了する心配もありません。

さらに、Office 365の利用規制緩和により、インストール台数は無制限、同時利用台数は5台となりました。

Office 365 Soloは、日本のみで発売されています。海外ではOffice 365 Homeという家庭版が発売されています。

f:id:officekun:20170413124626j:plain
Microsoft Office 365 Home
¥9,900(税込み)
f:id:officekun:20170413124616j:plain
Office 365 Solo
¥12,744(税込み)

Office 365へ乗り換えを検討している人には最高にお得なプランなんですよね。興味のある方がいればこの機会にぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

Office 365 Business

Office 365 Businessは基本的には法人(個人事業主含む)での利用を想定したプラン。なので、個人・家庭用のOffice 365 soloとは違う部分が結構ある。

Office 365 Business 価格 は年額10800(税抜)ですので、Soloより若干安い。

最新版のOffice 2019が利用可能な点は同じだが、利用可能なアプリケーションには違いがあり、soloはAccessが利用出来るが、Businessは利用出来ない。

OneDirveについては扱いは同じだが、OneDriveとOneDrive for Businessとサービス名と機能が微妙に違う。

Office Premium

今まで紹介した Office 2019 の 価格 はパッケージ版とoffice 365の価格です。

Office Premiumは、パッケージ版のメリットとOffice365のメリットを融合させたまったく新しいタイプ のOfficeです。

永続ライセンスとして利用できる上、常に最新のオフィスを利用できる。

  • • 1年間限定で、Office 365サービスが付属。
  • • 永続ライセンスのダウンロード版。
  • • 永続ライセンスのダウンロード版。
  • • PC1台/1ライセンス Windows版。
  • • 常に最新バージョンに無料でアップグレード可能。
  • • Microsoft正規品OEM版。
  • • Office Premium は日本語のみでの提供。

永遠ライセンスと常に最新のOfficeを使えるで、office home&Business Premium はこれからも安心して安く使えそう!

でも、現時点では、Office Premiumという製品を販売していないようです。

PCを新規購入する際に、Officeを付けてセットで入手することは可能ですが、Office 365サービス部分はついていません。Word、ExcelをまとめたOffice製品を付けるだけです。

最後に

いかがでしょうか? いかがでしょうか? いや〜 Office 2019 を購入方法複数あり、入手方法により 価格 や料金が異なりますね。

種類は多いですがこれらの機能を理解して、自分のOfficeを使う範囲の中から選ぶと勿体無いお金を払わず、最適な価格で購入できます。

上記の内容をまとめてみましょう。

マイクロソフトOfficeの最新バージョンを購入するには、Office 2019とOffice 365の2つの種類あります。

両者の最大の違いはライセンス形態で、Office 2019は従来のOffice製品と同様に永続ライセンスで、最初にライセンス使用料を支払うだけで使えるのに対し、Office 365は、料金を月額あるいは年額で支払うサブスクリプション版です。

さらに、永続ライセンスのOffice 2019には、Word、Excel、Outlookが含まれる「Personal 2019」と、それにPowerPointが追加された「Home & Business 2019」、すべてのオフィスアプリを含まれるProfessional 2019が存在します。

値段は Office Personal 2019 が3万2184円、 Office Home&Business 2019 が3万7584円、 Office Professional 2019 が6万4584円です。

永続ライセンスのOfficeを好きな方は、この3つのエディションから自分の必要に応じてどれかを購入することでしょう。

値段 を注視なら Office Personal 2019 、 PowerPoint が必要であれば、 Office Home&Business 2019 を選ぶでしょう。

Office 365にも、個人と法人の分類があり、個人ではOffice 365 solo、法人ではOffice 365 Business とあります。

どちらを選択かと言えば、法人で使用する場合はOffice 365 Business。ExchageやSharePointを導入する場合は特にOffice 365 Businessを選択しましょう。また同時に使用するデバイス数が5台を超える場合はOffice 365 Businessを選ぶことになります。

個人でも 価格 を安くするのならOffice 365 Businessがおすすめです。1年間でみると Office 365 Businessの方が2,000円ほど安くなります。

Office 2019カテゴリの最新記事