Microsoft Office 2019 買い切り型の 価格 /料金プラン比較

Microsoft Office 2019 買い切り型の 価格 /料金プラン比較
Microsoft Office 2019 買い切り型の 価格 /料金プラン比較
Microsoft Office 2019 買い切り型の 価格 /料金プラン比較

この記事では、Microsoft Office 2019 の 価格 について記しています。

Microsoft Office 2019の価格を知りたい、なるべく安くMicrosoft Office 2019を購入したい方は参考にしてください。

Office 2019 の 価格 と内容

Office 2019の各プランの価格と内容を紹介します。

Office Personal 2019の価格と内容

Office Personal 2019 の価格は32,784円。

一番よく使うWord 、Excelの他にメール アカウント、予定表、ファイルを 1 か所にまとめられるOutlookが含まれています。

ExcelとWord 両方を使いますがPowerPointが必要でない方にオススメします。

Office Home and Business 2019 の価格と内容

Office Personal 2019のWord 、Excel、Outlookは含めて使えます。同時にPowerPoint 、One Noteが追加されました。

価格は37.584円 。

Office Personal 2019より価格が5400円高い」です。

パソコン2台にインストールできます。

Office Professional 2019 の価格と内容

Office Home and Business 2019の内容を踏まえてAccess 、Publisherが追加されました。

価格は64.584円。

Office Home and Business 2019より価格が27000円高い」です。

基本的にすべてのオフィスニーズを満たすことができます。

パソコン2台にインストールできます。

記の3つのエディションの中で

  • Office Personal 2019 は個人向け製品、 価格が安いのが特徴ですが、基本的なオフィスニーズを満たすことができます。
  • Office Home and Business 2019は、個人や法人向け製品で、 ビジネスでよく使うPowerPoint が付いているのは特徴です。
  • Office Professional 2019は、法人向け、ビジネス向けの買い切り永続ライセンスで、Access 、Publisherを使えるのが特徴で、機能は最も全面的です。

Word 、Excelだけ使ったら十分とOffice Personal 2019を購入しようと思いますが、万が一、PowerPoint 、Accessが必要になれば困る。

そんな方に紹介したいのはMicrosoft 365 Personalです(旧称 Office 365 Solo)

Microsoft 365 Personal

個人向けOffice 365サブスクリプションでのインストール台数を無制限にするとともに、最大5台まで同時利用できるようにすると発表した。

対象となるのは、海外で個人向けに提供されているOffice 365 HomeとPersonal、そして日本国内向けのOffice 365 Soloです。

Microsoft 365 Personalと Office 365 Home のインストール可能台数:

Windows PCあるいはMac、タブレット、スマートフォンにインストールできる。最大5台まで同時利用できる。

Office Premium

Office Premiumという製品は、プレインストール(PCメーカーがあらかじめインストール)されて販売されるマイクロソフトOfficeです。

インストールされたPCでのみ使用でき、別のPCにインストールすることはできません。

もし、インストールされたPCが壊れてしまうとOfficeを使う権利はなくなります。

  • 1年間限定で、Office 365サービスが付属。
  • 永続ライセンスのダウンロード版。
  • PC1台/1ライセンス Windows版。
  • 常に最新バージョンに無料でアップグレード可能。
  • Microsoft正規品OEM版。
  • Office Premium は日本語のみでの提供。

でも、現時点では、Office Premiumという製品を販売していないです。

PCを新規購入する際に、Officeを付けてセットで入手することは可能ですが、Office 365サービス部分はついていません。Word、ExcelをまとめたOffice製品を付けるだけです。

最後に

購入方法複数あり、入手方法により 価格 や料金が異なりますね。

種類は多いですがこれらの機能を理解して、自分のOfficeを使う範囲の中から選ぶと勿体無いお金を払わず、最適な価格で購入できます。

上記の内容をまとめてみましょう。

マイクロソフトOfficeの最新バージョンを購入するには、Office 2019とMicrosoft 365の2つの種類あります。

両者の最大の違いはライセンス形態で

Office 2019 :一回払いで一生使えますが、アップグレードと更新ができません。 


Microsoft 365 :料金を月額あるいは年額で支払うサブスクリプション版で、リアルタイム更新です。

値段/料金の方

Office 2019Office Personal 2019 が3万2184円
Office Home&Business 2019 が3万7584円
Office Professional 2019 が6万4584円
Microsoft 365 月額で1,284、年額で12,984です。年額の方が2,424円分お得

個人的には Microsoft 365 がもっと好きです。

いつでもどこでもコンテンツを作成し、共有するための任意のデバイスを使用することができる。

そして、リアルタイム更新できますので、新しい機能を適時に体験できます。
一年契約と安くなりますから、コストパフォーマンスが高いと思います。

Office 2019カテゴリの最新記事