徹底解説!煩わしいOffice2016の選び方・1番安い買い方・裏技

SNSフォローボタン

フォローする

徹底解説!煩わしいOffice2016の選び方・1番安い買い方・裏技

Office2016の種類や選び方、Office2016のお得な買い方を教えます!



Office2016の種類や選び方、お得な買い方

日々進化を遂げているMicrosoft Office。Office 2016ダウンロード版(パッケージ版)、Office 365 Solo(サブスクリプション版)、 Office Premium(オフィスプレミアム)など様々な種類の商品が販売されていて、どれを選べばいいのか困っている方も多いと思います。

今回はOffice2016選びの参考になればと、まずは各形態の違いと選び方のポイントを解説した上で、Office2016の機能、価格、購入者の口コミなどを比較して、おすすめの買い方をご紹介します。最安値のOffice2016は果たしてどれでしょうか!?

Office2016の販売形態と選び方のポイント

様々な特徴のあるOffice2016が販売されていますが、一体どのようにして選べば良いのでしょう。種類がたくさんありすぎて選ぶのに苦労している方も少なくないはずです。そんな方のために、Office2016の販売形態の違いを解説し、選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。

Office 2016パッケージ版、Office 365 Solo、 Office Premium

Office 2016を選ぶ際にまず初めに悩むのが「パッケージ版かOffice 365 Soloか」という事なのではないでしょうか?


結論から言うと、永久的に使うならパッケージ版、常に最新バージョンを使うならOffice 365 Soloがいいでしょう。例えば、Office 2016を購入して10年間そのまま使っても大丈夫という方にはパッケージ版、約3年ごとに最新バージョンが登場すると新しいバージョンを使いたい方にはOffice 365 Soloがおすすめです。


それぞれの特徴について以下に詳細にご説明します。

Office 2016パッケージ版、買い切り型

パッケージ版は、一度代金を払えば永久的に使えるのが、魅力的な反面、次のバージョンのOfficeを使用するには、その永続ライセンス料金を支払ってアップグレードするのがデメリットです。


Office2016には3つのエディションがあり、同梱ソフトが異なります。


Office Personal 2016 Office Home and Business 2016 Office Professional 2016
価格 30,575円 35,705円 61,355円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
無料バージョンアップ
Mac対応
Windows版対応 2台 2台 2台
OneDrive 1TB

こちら、Office 2016パッケージ版とは、箱のことじゃなくで買い切り型という意味で使われています。


Office2016パッケージ版を安く購入する方法については以下で詳しく説明しているのでぜひ参考にしてみてください!


Office 365 Solo 購買型

Office365 soloは、買い切り型の商品ではなく1か月単位、1年単位で契約できるOffice商品です。使う期間を指定してライセンスを購入できるという特徴がありますが、長年使い続けると、毎年課金するのはデメリットかもしれません。


Office 365 soloの利用できるソフトと三年間の料金を表にして見ました。


Office365Solo
価格(1年目) 12,107円
価格(2年目) 24,214円
価格(3年目) 36,321円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
無料バージョンアップ
Mac対応 2台
Windows版対応 2台
OneDrive 1TB

表の通り、Officeのすべてのソフト(Word, Excel, Powerpoint, Access, Outlook, OneNote, Publisher)を使用できる、また、2台のパソコン(WindowsやMac)にOfficeをインストールすることができます。さらに、Office 365 サービスを利用できるのは大きなメリットでしょう。

Office Premium プレインストール版

Office Premiumは、あらかじめ PC にインストールされており、いつでも最新のOfficeデスクトップ アプリケーションを使う事ができるので、バージョンが変わるたびに Office を買い替える必要がありませんが、 Office デスクトップ アプリケーションはご購入いただいたPCのみでご利用いただけるのはデメリットともいえる。


Office Premiumの三つのエディション


Office Personal Premium Office Home and Business Premium Office Professional Premium
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
Windows版対応 1台のみ 1台のみ 1台のみ
マルチデバイス
Skype
毎月60分無料の 世界通話
OneDrive 1TB
Microsoft
テクニカルサポート


Office 2016パッケージ版と似たような、三つの種類がありますが、利用できる機能と購入方法も異なります。Office Premiumの一番大きな特徴は、Office 365 サービスを一年間無料で使えることです。


たとえば、新しいパソコンを購入する際に、Office Premium 搭載 PCを購入すると、永続的に利用可能な Office アプリケーションと、最初の 1 年間は無料で使える Office 365 サービスがプレインストールされています。

「Office 2016 買い切り型」・「Office365 solo 購読型」の違い

Office 2016を購入する上で、買い切り型と 購読型の機能はどんな違いがあるのか?というのは、利用者には特に気になるポイントですよね。


両者の機能を表にして比較してみましょう。


購読型 買い切り型
課金方法 月額ないしは年額 一括払い
提供形態 POSAないしはオンライン ボックスないしはオンライン
インストール方法 ダウンロードのみ ダウンロードのみ
Windows版とMac版 区別されない 別々のライセンスが必要
ライセンス認証 ウェブなどでライセンスの無効化、有効化が可能 台数制限を超えると電話による認証
メリット 常に最新のオフィスを使える サポートが終了まで使える
デメリット 次期のバージョンに無料アップできる 次期のバージョンにアップできない


先ほども言いましたように「Office 2016 買い切り型」は一括払いです。その際に3から6万円を払います。「Office365 solo 購読型」は、利用する期間によって、一ヶ月、または、一年間で払います。短期で利用するならOffice365 solo 購読型が安くなります。


Office 365 soloは、Windows版とMac版に区別されないためWindowsとMacを両方お持ちの方にオススメです。

Office 365 solo・パッケージ版の5年間運用価格比較

パッケージ版では、買い切り型ので、購入時イニシャルコストが高い。Office 365では、月額払いでイニシャルコストを低下して、 Office2016を手軽な値段で使えるようになりました。では、両者の5年間運用価格比較して見ましょう。


年数

Office Home and

Business 2016

Office 365 solo

1年目

37,584円

12,744円

2年目

37,584円

25,488円

3年目

37,584円

38,232円

4年目

37,584円

50,976円

5年目

37,584円

63,720円


比較によれば、Office 365 soloを三円間以上使うとパッケージ版の料金を上回ることを分かりました。Office 2016を3年以上使い続ける方はOffice 2016パッケージ版を購入するとお得になります。


Office 2016を1番安い買い方・裏技

それでは、おすすめの安い買い方・裏技をご紹介していきたいと思います!あなたにとって使いやすく、毎日のOfficeが楽しくなるように、ぜひ1番安い買い方・裏技をご参考ください!


パソコン2台までインストールできる永続ライセンスのマイクロソフト製品。


Office 2016 mac なら


おすすめの買い方・裏技、いかがでしたか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする