Microsoft、「Office」に3Dモデルを挿入する機能を追加でプレビュー版を公開

SNSフォローボタン

フォローする

Microsoft、「Office」に3Dモデルを挿入する機能を追加でプレビュー版を公開

米、Microsoft Corporationが(20日)、Windows デスクトップ版「Microsoft Office」に3Dモデルを挿入する機能を追加したことを公開しました。




「Microsoft Office」に3Dモデルを挿入する機能は、“Office Insider”の“Fast”リング(バージョン1707、ビルド8319.1000)の「Word 2016」「Excel 2016」「PowerPoint 2016」「Outlook 2016」でテストすることが可能で、“Slow”リングでも8月の機能アップデート(バージョン1708、ビルド8326.2033)から利用できるようになるという。


また、“リボン”の[挿入]タブから利用可能。「ペイント 3D」で作成したモデルや“Remix 3D”コミュニティからダウンロードしたモデルをドキュメントに埋め込み、ハンドルを操作してモデルを回転させたり、パン&ズームしたり、視点を移動させることができる。トランジション効果“Morph”を追加して、スライドの切り替えの際にアニメーションさせたりすることも可能だ。


なお、お使い「Microsoft Office」のバージョン、ビルドなど、詳細は下記リンク先をご覧下さい。


Microsoft Office

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする