一般法人向けMicrosoft 365 Businessとは?価格や機能の比較

一般法人向けMicrosoft 365 Businessとは?価格や機能の比較
一般法人向けMicrosoft 365 Businessとは?価格や機能の比較

一般法人向けMicrosoft 365製品のMicrosoft 365 AppsとMicrosoft 365 Business (Basic/Standard/Premium)の違いをご存じでしょうか?

この記事では、一般法人向けMicrosoft 365の各プランの価格や機能を比較しています。

  • Microsoft 365 Business について知りたい!
  • Microsoft 365 Businessは個人で使えるの?

という人の悩みを解決しています。

今回は、一般法人向けMicrosoft 365製品に当てはまる4つのプランを比較し、各プランに含まれるOffice アプリ、クラウド ストレージ、最高水準の情報セキュリティ機能を紹介していきますね!

最後まで読めば、自分の必要に応じた最適なMicrosoft 365 Businessプランを見つけますよ!

ビジネス( business )でOffice 365を使うには?各製品の価格や内容の比較

一般法人向けMicrosoft 365 Businessとは?

一般法人向けMicrosoft 365 Businessとは、Microsoft から提供している、ユーザー数が300人未満の中小企業向けのサブスクリプション型のOfficeです。

Office アプリ、クラウド ストレージ、最高水準の情報セキュリティ機能を提供しており、

  • Microsoft 365 Apps
  • Microsoft 365 Business Basic
  • Microsoft 365 Business Standard
  • Microsoft 365 Business Premium

の4種類があります。

Windows、Mac、タブレット、Android、iOS デバイスなどすべてのデバイスに対応していますので是非試してみましょう。

OneDrive、Officeを使用したい方にMicrosoft 365 Familyがおすすめです。

Microsoft 365 Family (最新1 年)サブスクリプション版 (Win/Mac/iPad )日本語対応6ユーザーまで利用(同時使用可能台数5台)

マイクロソフト
PC / Mac 最大6人でご利用頂けるサブスクリプションライセンス。 最新の Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access)、Skype、OneDriveを搭載しており、すべての機能を最大限に活用したい方におすすめ。

Microsoft 365 business の価格/機能比較表

Microsoft 365 business の各製品の価格/機能を比較した表です。


Microsoft 365 Business BasicMicrosoft 365 Apps for businessMicrosoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Business Premium
Word×
Excel×
PowerPoint×
OneNote×
Outlook×
Access( Windows PC のみ)×
Publisher( Windows PC のみ)×
OneDrive1 TB (OneDrive for Business)1 TB (OneDrive for Business)1 TB (OneDrive for Business)1 TB (OneDrive for Business)
Exchange×
SharePoint×
Microsoft Teams×
Intune×××
Defender×××
Azure Information Protection×××
条件付きアクセス×××
Windows Virtual Desktop×××
価格(料金)540円 ユーザー/月相当¥1,080/月(税抜き)¥10,800/年(税抜き)¥1,360/月(税抜き)¥16,320/年(税抜き)¥2,180/月(税抜き)¥26,160/年(税抜き)

Microsoft 365 Business Basic

Microsoft 365 Business Basicは、以前のOffice 365 Business Essentialsといった、1~300人の中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

Exchange 、OneDrive 、SharePoint 、Microsoft Teamsを含まれていますが、デスクトップ版のOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote などを利用できません。代わりに、Web 版の Office アプリケーションを使うことになります。

Microsoft 365 Business Basicについては、以下の記事で詳しく説明しています。

Microsoft 365 Apps for business

Microsoft 365 Apps for businessは、以前のOffice 365 Businessといった、1~300人の中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

Microsoft 365 の共通の特徴である、常に最新版のOffice アプリケーションとOneDrive for Businessが1 TB付いていますので、Windows ・Mac・Androidなど、様々なデバイスから保存したファイルやドキュメントにアクセスできます。

Microsoft 365 Apps for Businessについては、以下の記事で詳しく説明しています。

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Business Standardは、中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

デスクトップ版の Office アプリであるOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote (Access と Publisher は Windows PC のみ)のうえ、Exchange、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teamsを利用できます。

Microsoft 365 Business Standardについては、以下の記事で詳しく説明しています。

Microsoft 365 Business Premium

Microsoft 365 Business Premiumは、以前のMicrosoft 365 Businessといった、1~300人の中小企業向けの購買型サブスクリプション版のOfficeです。

Microsoft 365 の共通の特徴である、常に最新版のOffice アプリケーションとMicrosoft 365 サービスが付いているので、Windows ・Mac・Androidなど、様々なデバイスから保存したファイルやドキュメントにアクセスできます。

Microsoft 365 Business Premiumについては、以下の記事で詳しく説明しています。

最後に

今回の記事では、一般法人向けMicrosoft 365の各製品の価格、機能を比較して、それぞれの特徴を紹介しました。

結論をまとめると、

デスクトップ版のOfficeアプリが必要なく、クラウド サービス(Exchange 、OneDrive 、SharePoint 、Microsoft Teams)を欲しいなら、Microsoft 365 Business Basicがオススメ!

デスクトップ版のOfficeアプリに加えて、クラウド サービスOneDrive だけで十分なら、Microsoft 365 Appsがおすすめ!

デスクトップ版のOfficeアプリに加えて、クラウド サービス(Exchange 、OneDrive 、SharePoint 、Microsoft Teams)を欲しいなら、Microsoft 365 Business Standardを選ぶでしょう。

デスクトップ版のOfficeアプリに加えて、クラウド サービス(Intune、Azure Information Protectionまで)を欲しいなら、Microsoft 365 Business Premiumを選択します。

Microsoft 365 Appsと家庭向けMicrosoft 365 Personalの利用できるOfficeアプリとクラウトサービスが似ていますので、以下の記事で両者の違いを紹介しています。

ご家庭や個人でMicrosoft 365を使用したいという方は、参考にしてください。

Office 365カテゴリの最新記事