Mac App StoreからOffice 365を無料でインストールするメリットと注意点

Mac App StoreからOffice 365を無料でインストールするメリットと注意点 | Office 価格

Mac App StoreからOffice 365の1か月の無料体験について知りたいですか?Office 365のアプリがMac App Storeで配布されたのでWordやExcel、PowerPoint、Outlook、OneNoteなどのOffice 365アプリがMac App Storeから無料でインストールできます。しかも1か月の試用期間があります。

Office 365 は、常に最新バージョンを使えるサブスクリプション版サービスです。家庭や個人で使用するだけでなく、中小企業、大企業、学校、および非営利団体向けなどニーズに合わせて、幅広いプランを提供しています。 一般向けは年額1万2744円の「Office 365 Solo」からの3つのプランがあります。これを使えば、複数のPC、Mac、iPad、iPhone、Android端末で利用することが可能です。

これまでMacでOffice 365をインストールするには、マイクロソフトの公式サイトからインストーラーなどから導入する必要がありました。

今、 Mac App Storeで「Office 365」配布より、Macユーザーはアップル純正のアプリストアから数クリックでWord、Excel、Outlookを始めとするOfficeアプリ群を導入でき、 アップデートもMac App Storeの標準的なやり方でできるようになりました。

Office 365はMacに無料でインストールでき、1か月の試用期間があります。無料期間だけの利用でも、クレカなどの情報を入力する必要がある、自動更新の際はMac App Storeのアカウントに課金されます。

無料期間後に、使わない場合、App Storeから自動更新を無効にするように設定する必要があります。 無料期間だけ利用したい場合は、必ず解約手続きをしてください。

その後にOffice 365を使い続ける場合、個人使用(Office 365 Personal)なら8000円/年、6人までのライセンス含まれるOffice 365 Homeバージョンなら1万1400円/年で購入が可能、 Office 365 Soloは1万2800円/年で購入可能です。