iPadまたはiPhoneにOfficeをダウンロードしインストールする

SNSフォローボタン

フォローする

iPadまたはiPhoneにOfficeをダウンロードしインストールする

タッチ操作用に最適化された Office アプリであるOffice MobileをiPadまたはiPhoneにインストールすれば、どこからでも Word、Excel、PowerPoint のドキュメントを表示、作成、編集することができます。

Office for iPhone

Office Mobileについて

Office Mobileを使用時にMicrosoft アカウントが必要です。10.1インチ以下のスマートフォンやタブレットでは、無料で基本編集機能を使用できます。

Microsoft アカウントでサインインしていない場合、使用できる機能はファイルの閲覧機能のみです。

さらに、、Office 365を購入すると図形やスタイル、レイアウトなどに関連した高度な編集機能を使用できます。

無料「Office Mobile」は商用利用できません。Office 365 と関連付けられているMicrosoft アカウントからダウンロードすると商用利用できます。

  Office アプリをiPadまたはiPhoneに入れる方法

ここでは iPhone を例に紹介していますが、Android 版も同じようにストアーから Office アプリをダウンロードしてください。

例)ExcelをiPhone にダウンロード、インストールします。

App Storeから「Excel」をダウンロードする。

AppStore、GooglePlay、Windows ストアで ”Word”、”Excel”、または ”PowerPoint” を検索します。「入手」、「インストール」または「無料」をタップしてダウンロード、インストールします。

iPhone-office-1

Excelアプリケーションの起動

説明を読んでスワイプします。Microsoftアカウントをお持ちの方は、「サインイン」をタップしますMicrosoftアカウントを持っていない場合は、「アカウントの作成」をタップすることで、アカウントの作成画面を表示することができます。Appie IDは使わないでください。「Office 365 ProPlus」を購入後に送信されるEメールとパスワードを入力します。

4・12サインイン1

Office のライセンス認証

メールアドレス(Microsoftアカウント)を入力して、「次へ」をタップします。パスワードを入力して「サインイン」をタップします。ライセンス認証が完了するとインストールできます。

4・12サインイン2

セットアップの完了

「Word」「Excel」「PowerPoint」アプリをオンラインストレージサービス「Dropbox」と連携させることで、「Dropbox」に保存されているファイルを編集・保存することが可能です。「Excel」を開いて、「アカウント」タブから「サービスの追加」を選択して、「Dropbox」をタップします。
4・12サインイン3

最後に

「Office 365」を購入してから、実際に「Office 2016 」を使えるまでにかなりの手間と時間がかかりますが、一度「Excel」で認証作業を済ませてしまえば「Word」や「PowerPoint」などの利用方法は同じです。
Office Premium に付加するOffice365 サービスは、 1 年間限定で無料で使える。



Net Office Nakai

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする