Office 2019の通訳機能 を試してみた!意外と便利!

Office 2019の通訳機能 を試してみた!意外と便利!
Office 2019の通訳機能 を試してみた!意外と便利!

Office 2019の通訳機能 を試してみました。この通訳機能はOffice 2019のWord、Excel、OneNote、PowerPointに対応しています。仕事中非常に役に立ちます。

Office 2019の通訳機能 を説明画像

Word 2019の翻訳機能

Word 2019の翻訳機能を使うには、「校閲」、「翻訳」の順にクリックします。

Word 2019の翻訳機能

すると、以下のような「翻訳の選択範囲」と「ドキュメントの翻訳」の2つの選択があります。それぞれに試してみましょう。

Office 2019の通訳機能を試す

翻訳の選択範囲

翻訳の範囲を選択して「翻訳の選択範囲」をクリックすると、右側に、通訳された文字が表示されます。

Wordの通訳機能を試す

ドキュメントの翻訳

「ドキュメントの翻訳」を選択すると、翻訳された文書が新規文書として作成されます。

Wordのドキュメントの翻訳

「翻訳」をクリックするとコピーが表示されます。

Word通訳

Excel 2019の翻訳機能の使い方

Excel 2019の翻訳機能を使うには、「校閲」、「翻訳」の順にクリックします。

選択された文字の通訳が右側に表示されます。

Excel通訳

PowerPoint 2019の翻訳機能の使い方

PowerPoint 2019の翻訳機能を使うには、「校閲」、「翻訳」の順にクリックします。

使い方は、Excelと同じです。

Office 2019の通訳機能 をPowerPoint  2019の翻訳機能の画像

最後に

以上、Office 2019の通訳機能を試してみました。

OneNoteを利用していませんので利用方法を試してみませんでした。

Word 2019で文書を縦書きにする設定方法も日常使うことがあると思いますのでメモしました。

Office 2019カテゴリの最新記事