Office 365とOffice 2016はどっちがお得?価格・機能を比較してみた

SNSフォローボタン

Office 365とOffice 2016はどっちがお得?価格・機能を比較してみた

Microsoft Office の2つの導入形態 Office 365とOffice 2016。どちらもWord・ExcelなどのOfficeアプリケーションが使われます。パソコンの買い替えでどちらを選べばよいのでしょうか?今回は「Office 365」と「Office 2016」の価格や対象機能の違いを比較してみました。

Office 365

Office 365とOffice 2016はどんなオフィスソフト?

Office 365 はマイクロソフト社が運営するクラウドサービス。最新のグループウェアサービスと最新の Officeアプリケーションをセットで提供しています。
毎月の利用料を支払うことでサービスを使用できるタイプであり、“サブスクリプション型”という立ち位置で、PC・Mac、タブレット、スマートフォンにインストールすることができ、いつでも、どこでも最新の Office が使えるのが特徴。常に最新のOfficeを使えるので新しいバージョンがリリースされれば追加購入などなしでアップグレードすることができます。
個人向けOffice 365 Solo、法人向けOffice 365 Business、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium、Office 365 ProPlus、Office 365 Enterprise E1、Office 365 Enterprise E3、Office 365 Enterprise E5のプランがあります。


Office 2016 は“パッケージ版”という位置で、 Office アプリケーションを取得するために、料金を一括払いし、Office 2016のサポート終了まで(2025年)使えるので人気を得ています。
Windows 版では、Word,ExcelをセットしたPersonal、Home&Business、Professionalの三つのプランがあります。
Mac 版では、Office for Mac Home and Student 2016、Microsoft Office Mac Academic 2016、Microsoft Office Mac Home Business 2016の3つの種類があります。


Office 365
  • ● サブスクリプション型
  • ● 常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できる
  • ● オフィスソフト以外に1TBのオンラインストレージなどのサービスが含まれる


Office 2016
  • ● パッケージ版で永続ライセンス
  • ● Office 2016バージョンのみ利用できる
  • ● Office 365サービスはなし
  • ● 2台のパソコンで利用できる


Office 365とOffice 2016の共通点として、マイクロソフトから提供しているデスクトップアプリWord、Excelなどのご利用が挙げられます。


Office 365とOffice 2016は、家庭でも業務でも、用途に最適な Microsoft Office 製品を提供しています。

どっちがお得?Office 365とOffice 2016の価格比較!

価格比較

Office 365 は月々1000円ぐらいを払いますが、Office 2016は一括払いとなり数万円を払おうと追加料金が発生しません。その毎月払う料金を払い続けると永続ライセンスのOffice 2016の価格を上回り、高くなると思っている方も多いのではないでしょうか。


ここではOffice 365 の3年間で掛かる費用とOffice 2016の価格を比較してみました。


Office 365 SoloはWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessを2台のWindows PCまたはMacと2台のタブレット(iPad、Android、Windows)、2台のスマートフォン、合計6台でご利用可能なプランです。


Office 365 Solo Office Personal 2016 Office Home and Business 2016 Office Professional 2016
価格(1年目) 12,107円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(2年目) 24,214円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(3年目) 36,321円 30,575円 35,705円 61,355円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
無料バージョンアップ
Mac対応
Windows版対応 2台 2台 2台
OneDrive 1TB

Office 365 Soloでは、12,107円/年間、3年間で合計36,321円で利用できます。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessをすべて利用できます。さらに、新しいバージョンが登場すると契約期間中無料バージョンアップでき、Windows 版、Mac 版も対応、OneDrive 1TBまで無料となります。


Office 2016では、
Office Personal 2016 :Word 、Excel、Outlook ¥30,575円
Office Home and Business 2016 :Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote ¥35,705円
Office Professional 2016 :Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote、Access 、Publisher ¥61,355円
と言った三つのプランがあり、3年間でOffice 365 Soloより安く運用できるプランもありますが、機能面では少ない。
Office Professional 2016は、すべてのアプリを使えますが、価格が高くで、Office 365 Soloの5年間の運用コストを上回ります。まだ、Mac 版非対応、OneDrive 1TBまで無料で使えません。


Office 365 Solo
  • ● 12,107円/価格(1年)
  • ● Windows 版、Mac 版も対応
  • ● OneDrive 1TBまで無料
  • ● Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessインストール可能


Office 2016
  • ● パソコン2台のみ
  • ● Office Personal 2016 :Word 、Excel、Outlook ¥30,575円
  • ● Office Home and Business 2016 :Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote ¥35,705円
  • ● Office Professional 2016 :Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote、Access 、Publisher ¥61,355円


Office 365利用開始から3年目にOffice 2016のコストを上回るのがわかりますね。これだけではどちらの方がお得なのか判断が付きづらいかと思うので、機能面も合わせて検討してください。

Mac は使える? Office 365とOffice 2016の対応端末を比較!

Mac office

Office ソフトを利用する端末の対応を確認しましょう。Office 365は、Windows 版、Mac 版両方対応します。Office 2016はWindows 版のプランとMac 版のプランと2つ分けています。Office 2016は対応していない端末では利用することができません。ご自身にあった購入方法を選択しましょう。


ここからはOffice 365とOffice 2016の対応端末、アプリを見ていきます。

Mac 版のみOffice をインストールしたい

この場合、Office 2016の以下の三つのプランとOffice 365を選択することができます。だが、Office 365は贅沢な感じだ。ということでこの永続ライセンスをオススメ。

Microsoft Office for Mac Home and Student 2016

商用利用しないならOffice for Mac Home and Student 2016を選択するとお得!Outlookも利用できないという点を注意しましょう。

Microsoft Office Mac Home Business 2016

Office for Mac のすべての機能を利用することであれば、Microsoft Office Mac Home Business 2016を選択することになります。価格は比較的に高いですが、永続ライセンスです。

Microsoft Office Mac Academic 2016

学生であればOffice Academic for Macが本当にお得!Prime Student会員に登録できるのであれば、Office Academic for Macを購入できます。

Windows 版のみOffice をインストールしたい

Windows 版のOffice 2016を選ぶには、3つのプランがありますが、ExcelとWordなどの必要に応じて選びます。

Microsoft Office Personal 2016

Word 、Excelだけで十分ならMicrosoft Office Personal 2016 を選ぶと一番お得!

Microsoft Office Home and Business 2016

PowerPointまで必要であれば、Microsoft Office Home and Business 2016がお得です。

Microsoft Office Professional 2016

すべてのOfficeアプリを使うならMicrosoft Office Professional 2016です。

Windows版とMac版の両方で使いたい

こんな場合、Office 365 を選択すると一番お得です。

機能が多いのはどっち?Office 365とOffice 2016の機能比較!

Office 365とOffice 2016の機能比較

Office 365とOffice 2016はどちらもマイクロソフトオフィスの2016をご利用できますが、実際のところどちらのインストール台数と機能が多いでしょうか。上記の表で比較してみましたが、結果は以下の通りです。


Office 365の特徴を見ると、Windows版とMac版でインストールできるうえ、常に最新のオフィスを利用できます。Office 2016は新しいバージョンに無料アップグレードできません。


Microsoftは今まで20年以上OSパッケージの販売で莫大な収益を上げてきた。約3年ごとに新しいOSを発売することで買い換えを促してきたのである。そのタイミングに合わせ、性能が次代遅れになったPCを買い換える人も多かったのではないだろうか。

例えば永続ライセンスの場合、Office 2019が今年後半にリリースされた場合(そして、2010>2013>2016と来ている現状を考えると限りなく出てくる可能性が高い)にバージョンアップすれば、再び同じだけ払わなければならないと言える。逆に言えば、もしメジャーバージョンアップを2,3回スキップしてもいいと思うのであれば、永続型がお得になるし、常に最新版を使っていたいと思うのならOffice 365がお得という価格設定になっているということができるだろう。

まとめ:Office 365とOffice 2016どっちがお得?

どっちがお得?

マイクロソフトから提供しているOffice 365とOffice 2016を比較してみました。機能と価格をよく見ると細かな違いが見えてきましたね。最後にそれぞれのおすすめポイントを整理してみます。

Office 365

Office 365は、マイクロソフト社の新しい利用形態で、サブスクリプション版型の月額料金を払います。1年は12,107円で使えるという料金ですが、Skype無料通話が60分ついていたり、1 TB OneDrive が付いているという点は永続ライセンスにはない特徴です。


他にもWindows版とMac版に両方インストールや常に最新のオフィスを利用できたりと多くのデバイスから、いつでも、どこからでも、オフィスにアクセスできるのはOffice 365のメリットでしょう。


会社やご家庭でWindowsパソコンとMacマシンを使っている方がもとても増えてきているので、これからOffice 365を使ってみたい人におすすめです。

Office 2016

Office 2016は、マイクロソフトのかつてから販売していた、永続ライセンス、パッケージ版のことです。今回は、新しい、便利な機能を追加されて、家庭や文章作業で利用する端末が少ない方にオススメです。


また、Office 2016は一括払いで追加料金が発生しないまま、サポートが終了まで10年間使えるのはメリットでしょう。


どちらも家電量販店、公式サイト、アマゾンなどで取り扱いしているので、両者を比較検討して自分に合った会社を選んでみてください。

Office 365を公式よりも安く買う方法

ここまでお読みいただいたあなたに、お得なOffice 365 Home Premiumをご紹介します。現在Office 365 Home Premiumを公式よりも安く販売しています。


Office 365 Home Premium は、マイクロソフト社が、日本以外の国に提供しているサブスクリプション版の家庭向けOffice 365。1年間契約でOfficeを最大5台まで使えるので、多くのパソコンをお持ちの家庭にOfficeの利用コストを確実に削減します。


Office 365 の共通の特徴である、PC と Mac で新しい Office 2016 アプリケーションが利用できるうえ、いつでも最新のOfficeデスクトップアプリケーションを使うことができるので、 バージョンが変わるたびにOfficeを買い替える必要がありません。


詳細は以下から!この機会にぜひOffice 365 Home Premium をご活用ください。