Office 2016?Office 365?どっちが得かを比べる時に忘れてはいけないポイント

SNSフォローボタン

フォローする

Office 2016?Office 365?どっちが得かを比べる時に忘れてはいけないポイント

Office 2016とOffice 365では結局どっちが得なのか?私はOffice 2016派ですが、Office 365派の意見もなるほどと思うところが沢山あります。今回はどっちが得かと言う目線でOffice 2016とOffice 365を比べてみようと思います。



Office 365,Office 2016アプリケーション

Office 365 サブスクリプション版とOffice 2016 パッケージ版の機能比較

最新機能面ではWord、Excel、PowerPointのような使い慣れたアプリケーションが同じだが、後者は追加のオンライン ストレージ、継続的な技術サポート (追加料金なし) などが用意されています。

office365とOffice2016の機能比較

最新版のOffice  Excel、Word、PowerPoint などの 利用可能な点は同じだが、利用可能なアプリケーションには違いがあり、365は Access と Publisher を利用できますが、2016パッケージ版では利用できない。OneDirveについてはProPlusでは追加オンラインストレージが付いていますがパッケージ版では含まれません。、最大 5 人のユーザーにそれぞれ 1 TB の OneDrive クラウド ストレージが付与さ、クラウドにファイルを安全に保存して、どこからでもアクセスできます。Skype 世界通話プランは、 世界約 60 以上の国と地域で、固定電話または携帯電話への毎月 60 分の無料通話をご利用いただけます。パッケージ版では利用できない。インストール可能台数は1台と5台で大きく異なっており、2台以上のPC・Macを使用している場合、Office365 ProPlus が圧倒的にお勧めとなる。

Microsoft Office 運用の一貫性を検討する

Microsoftは今まで20年以上OSパッケージの販売で莫大な収益を上げてきた。約3年ごとに新しいOSを発売することで買い換えを促してきたのである。そのタイミングに合わせ、性能が次代遅れになったPCを買い換える人も多かったのではないだろうか。しかし時代は進みハードウェアの性能向上も鈍化し、PCに求められる機能もほぼ満たされるようになると消費者は買い換えを渋るようになり、この安定していたビジネスモデルにも陰りがみえはじめた。
さらに、スマートフォンやタブレットの登場に伴うPC利用率の低下や、OSのパッケージビジネスを行わなくなったAppleの台頭などにより、消費者に数万円でOSを売るということが難しくなってきたのだろう。
そこで、『Office365』のようにサブスクリプション(月額課金)制をとる方法だ。

「月額制」と「買い切り」の課金方法で異なる価格比較

2014年からMicrosoftはサブスクリプション版OfficeであるOffice 365(月額制)を推しているが、Office 2016においても一応パッケージ版(買い切り)が販売されている。どちらも同じWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessが利用できる、ライセンスになっている。
Microsoft自身が運営するMicrosoft StoreのWebストアにおける価格は前者が15,720円/年(税込)、後者が37,584円(税込)となる。これをOffice 365  ProPlus を何年使うと元が取れるかを表にしてみると以下のようになる。

ライセンスによる支払金額の違い

Office365 価格とOffice2016 価格比較

これを見ると、5年間パッケージ版2016を使い続ければ、Office 365ProPlusを5年間契約し続けるよりも安価になるという計算になる。
ただし、これは、次のメジャーバージョンアップがでないという前提での計算で、例えばOffice 2019が3年後にリリースされた場合(そして、2010>2013>2016と来ている現状を考えると限りなく出てくる可能性が高い)にバージョンアップすれば、再び同じだけ払わなければならないと言える。逆に言えば、もしメジャーバージョンアップを2,3回スキップしてもいいと思うのであれば、永続型がお得になるし、常に最新版を使っていたいと思うのならサブスクリプション型がお得という価格設定になっているということができるだろう。

Microsoft Office 2016 を格安価格で購入する

[ Office 2016 ]を 安い値段で買える!
思ったより安い値段Office 365   価格 :¥9,800 /2 年間契約 → ¥11,800 /3 年間契約
正規品をもう少し安く買いたい …。そんな方へ、裏ワザ的に1/3の価格で買える
ダウンロード版の正規品 を買う方法をお教えします。
ただ、20分程度ダウンロードとインストール完了すぐに使用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする